Listen to this page using ReadSpeaker
和歌山県情報館 季節ロゴ
トップページくらしの情報仕事と産業の情報和歌山県の施策と案内リンク集 多言語変換Japanese(日本語学習者用)KoreanChineseEnglish携帯用ホームページわかやまこども情報館
 総務部 危機管理局 防災企画課
トップページ > 課・室一覧 > 防災企画課トップページ > 自助・共助 > 自主防災組織

市町村避難所運営マニュアル作成モデル(平成25年1月改定)
 
1.マニュアル作成モデルの目的
 地震・津波、風水害等の大規模災害が発生し、住民が避難を余儀なくされる場合に、市町村は避難所の運営が円滑に行われるよう、あらかじめ運営基準などを定める必要があります。

 このマニュアル作成モデルは、市町村において避難所の運営に関するマニュアルの策定が進むよう、県として示すものです。

 
2.マニュアル作成モデルの経緯

 本県においては、平成17年3月に、避難所運営の参考として頂くことを目的に「避難所のあり方指針検討報告書」を策定しました。

 その後、スムーズに避難所を運営するためには避難所運営マニュアルを整備する必要があると考え、平成20年3月に、避難所を実際に自治運営していく被災者サイドに重点をおいて「市町村避難所運営マニュアル作成モデル」を策定しました。

 しかし、その後発生した東日本大震災や紀伊半島大水害の教訓や経験を踏まえ、マニュアル作成モデルを平成25年1月に改訂しました。

 
3.マニュアル作成モデルの改定

 東日本大震災や紀伊半島大水害では、多くの被災者が避難し、かつ、その避難期間が長期に渡ったこともあり、様々な課題が指摘されました。

 本県においては、地震防災対策アクションプログラムのワーキンググループ(避難所グループ)で様々な課題に対する検討を行い、女性・子どもへの配慮や災害時要援護者支援などの観点から本編を改訂するとともに、避難所運営に必要なチェックリストなど資料編もさらに充実させました。 
 
4.マニュアル作成モデルの活用

 マニュアル作成モデルは、避難所の運営規模が異なる場合も対応できるように、小規模避難所版と大規模避難所版を策定しています。

マニュアル作成モデル(小規模避難所版)】

 マニュアル作成モデル(小規模避難所版)については、災害の規模が小さい場合や比較的少数の被災者が避難した場合に活用するため、「避難所における基本的事項」、「避難所の空間配置」、「避難所の生活ルール」など避難所運営に必要な事項を記載しています。

【マニュアル作成モデル(大規模避難所版)】

 マニュアル作成モデル(大規模避難所版)については、大規模災害が発生し、大勢の避難者が避難した場合に活用するため、マニュアル作成モデル(小規模避難所版)の内容に加え避難所の運営を体系化し、避難所運営に必要な業務を以下の班別に分担するなど、詳細に記載しています。  

○各班・・・総務班、被災者管理班、情報班、食料・物資班、施設管理班

      保健・衛生班、災害時要援護者班、ボランティア班

 

市町村避難所運営マニュアル作成モデル(小規模避難所版)
 
資料 ファイル形式 ファイルサイズ
市町村避難所運営マニュアル作成モデル(小規模避難所版) PDF 211KB
資料編 PDF 117KB

 

市町村避難所運営マニュアル作成モデル(大規模避難所版)
 
資料 ファイル形式 ファイルサイズ
市町村避難所運営マニュアル作成モデル(大規模避難所版) PDF 507KB
資料編 PDF 284KB

 


Adobe PDF PDFファイルをご利用の際は、 Adobe Reader (Adobe社)が必要です。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

ページの先頭へ↑

© copyright(c)和歌山県総務部危機管理局防災企画課 All Rights Reserved.
問い合わせ先  メールアドレス e0114001@pref.wakayama.lg.jp