Listen to this page using ReadSpeaker
和歌山県情報館
トップページくらしの情報仕事と産業の情報和歌山県の施策と案内リンク集 Japanese(日本語学習者用)KoreanChineseEnglish携帯用ホームページわかやまこども情報館
 総務部 危機管理局 防災企画課
トップページ > 課・室一覧 > 防災企画課トップページ > 調査・報告書

和歌山県地震被害想定調査概要について(平成18年5月31日)
 
資料名 ダウンロードファイル
調査結果概要版
(全108ページ)
PDF概要版その1(3,022KB)1ページから35ページまで
PDF概要版その2(2,322KB)36ページから70ページまで
PDF概要版その3(2,117KB)71ページから108ページまで
調査結果(概数) PDF結果概数一覧表(39KB)

 
1 経緯
 
番号 経緯内容
平成7年度に前回の被害想定調査を実施してから、約10年が経過。
平成15年度に中央防災会議が東南海・南海地震の被害想定を公表。
平成15年7月に「東南海・南海地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法」が施行され、同年12月に県内全市町村が東南海・南海地震防災対策推進地域に指定。
 
2 調査の目的 ページの先頭へ↑
 
目的
東海・東南海・南海地震等の地震が発生した際に予想される物的被害や人的被害、また社会活動に関わる影響を予測し、今後の防災対策を検討していくための基礎資料とするため。
 
3 調査の特徴について ページの先頭へ↑
 
番号 内容
想定地震については、県前回調査では南海地震単独発生に対し、今回の調査では、東海地震・東南海地震・南海地震の三つが同時発生した場合を想定した。
 また、中央構造線による地震では、県前回調査の根来断層を、今回の調査では淡路島南沖から奈良県との県境付近を想定した。
想定の基本的な単位では、県前回調査では、1キロメッシュに対して、今回の調査では、市街地250メートルメッシュ、その他500メートルメッシュで行った。
津波の被害予測については、県で実施した詳細な津波浸水予測調査結果や県民意識調査結果を活用し、又、インド洋大津波の教訓を踏まえ、漂流物の影響を考慮した。
 また、津波の人的被害は、津波が到達する前に、ハザードマップに記載された避難目標地点へ到達できるかどうかをシミュレーションした県独自の手法で行った。
 
4−1 想定条件(想定地震) ページの先頭へ↑
 
想定地震 @東海・東南海・南海地震 A中央構造線の地震 B田辺市付近の地震
地震の規模
(マグニチュード)
8.6相当 8.0相当 6.9相当
震源断層の位置 駿河トラフ〜南海トラフ 中央構造線
(淡路島南沖〜和歌山・奈良県境付近)
田辺市〜旧本宮町
震源断層の深さ 約10〜30km 4〜14km 4〜12.6km
 
4−2 想定条件(季節及び時刻) ページの先頭へ↑
 
季節 時刻 説明
5時 多くの人が自宅で就寝中であり、火気の使用が少ない時間帯
18時 炊事や暖房で火気の使用頻度が高くなる季節・時間帯
12時 海岸沿いには多くの海水浴客が集まり、市街地などにも通勤・通学している人や買い物客等が集まっている季節・時間帯
 
5 調査項目 ページの先頭へ↑
 
番号 項目 内容
地震動等の予測 地震動、液状化危険度
県下全域の予測結果はこちら
各市町村別の予測結果はこちら
がけ崩れ危険度、宅地造成地被害
被害の予測 建物被害(地震動、液状化、津波、がけ崩れ)、火災被害(出火・延焼)、死者数(建物倒壊、津波、がけ崩れ、火災)、負傷者数(建物倒壊、がけ崩れ、火災)、要救助者数、ライフライン被害(上水道、下水道、都市ガス、プロパンガス、電力施設、電話・通信施設)、交通・輸送路被害(道路、鉄道、港湾、空港)、その他の被害(ブロック塀・石塀被害など)
生活支障 ライフラインの機能支障、避難者、帰宅困難者、物資不足、医療、仮設トイレ需要、保健衛生、防疫、遺体処理、瓦礫発生
 
6 調査結果の概要 ページの先頭へ↑
 
番号 想定地震 説明
東海・東南海・南海地震 ・建物被害では県南部で多く、全県で8万5千件から10万5千件までの全壊・焼失が予測された。
・人的被害では建物倒壊、津波によるものが多く、冬の5時に全県で約5千人の死者が予測された。
・季節・時間別でみると、冬の朝5時は建物被害による人的被害が、夏の12時では津波による人的被害が多くなる。
・地域別では県南部で大きな被害が予測される。
・県南部を中心にライフライン、交通輸送施設の被害が多く、多くの県民の生活に支障をきたし、ピーク時には避難所生活者が20万人を超えると予測された。
中央構造線の地震 ・県北部を中心に建物倒壊による人的被害が多く予測された。
・冬の5時に最も死者が多く、全県で約4,600人の死者が予測された。
・県北部を中心にライフライン、交通輸送施設の被害が多く、多くの県民の生活に支障をきたし、ピーク時には避難所生活者が30万人を超えると予測された。
田辺市付近の地震 ・建物被害では田辺市を中心に、全県で千件程度の全壊が予測された。
・人的被害では田辺市付近で発生し、全県で50人前後の死者が予測された。
・田辺市を中心にライフライン、交通輸送施設の被害を受け、ピーク時には避難所生活者が約6千人と予測された。
 
参考1 震度分布図と液状化危険度予測結果(県下全域) ページの先頭へ↑
 
地域名 @東海・東南海・南海地震 A中央構造線の地震 B田辺市付近の地震
県下全域 PDF震度分布図(59KB)

WEB震度分布図
PDF震度分布図(62KB)

WEB震度分布図
PDF震度分布図(60KB)

WEB震度分布図
PDF液状化危険度分布図(63KB)

WEB液状化危険度分布図
PDF液状化危険度分布図(59KB)

WEB液状化危険度分布図
PDF液状化危険度分布図(54KB)

WEB液状化危険度分布図
※参考:PDF震度区分を細分化した震度分布図(計測震度)(212KB)

     WEB震度区分を細分化した震度分布図(計測震度)
参考2 震度分布図と液状化危険度予測結果(各市町村別) ページの先頭へ↑
※平成17年3月31日時点の市町村名で表記しています。
 
No 地域名 @東海・東南海・南海地震 A中央構造線の地震 B田辺市付近の地震
1 和歌山市 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
2 海南市 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
3 橋本市 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
4 有田市 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
5 御坊市 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
6 田辺市 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
7 新宮市 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
8 旧下津町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
9 旧野上町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
10 旧美里町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
11 旧打田町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
12 旧粉河町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
13 旧那賀町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
14 旧桃山町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
15 旧貴志川町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
16 岩出町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
17 かつらぎ町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
18 高野口町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
19 九度山町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
20 高野町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
21 旧花園村 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
22 湯浅町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
23 広川町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
24 旧吉備町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
25 旧金屋町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
 
No 地域名 @東海・東南海・南海地震 A中央構造線の地震 B田辺市付近の地震
26 旧清水町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
27 美浜町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
28 日高町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
29 由良町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
30 旧川辺町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
31 旧中津村 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
32 旧美山村 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
33 旧龍神村 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
34 みなべ町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
35 印南町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
36 白浜町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
37 旧中辺路町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
38 旧大塔村 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
39 上富田町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
40 日置川町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
41 すさみ町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
42 串本町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
43 那智勝浦町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
44 太地町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
45 旧古座町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
46 古座川町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
47 旧熊野川町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
48 旧本宮町 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
49 北山村 震度分布図 震度分布図 震度分布図
液状化危険度分布図 液状化危険度分布図 液状化危険度分布図
Adobe PDF PDFファイルをご利用の際は、 Adobe Reader (Adobe社)が必要です。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

ページの先頭へ↑

© copyright(c) 和歌山県総務部危機管理局防災企画課All Rights Reserved.
問い合わせ先 企画班 073-441-2271