現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 税務課 > 県税のあらまし > 狩猟税

総務部 総務管理局 税務課

狩猟税

 狩猟税は、鳥獣の保護や狩猟に関する費用に充てるため、狩猟者の登録を受ける人に対して課される税金です。


納める人

 狩猟者の登録を受ける人です。


納める額

免許の種類
区分
税率
第一種銃猟免許
(装薬銃) (※)
1 県民税の所得割の納付を要する人
2 1の控除対象配偶者又は扶養親族(1を除く)
16,500円
3 県民税の所得割の納付を要しない人(2を除く)
4 2の人のうち、農林水産業に従事している人
11,000円
網・わな猟免許
(銃器以外の猟)
1 県民税の所得割の納付を要する人
2 1の控除対象配偶者又は扶養親族(1を除く)
8,200円
3 県民税の所得割の納付を要しない人(2を除く)
4 2の人のうち、農林水産業に従事している人
5,500円
第二種銃猟免許
(空気銃)
                    
5,500円


(※)

  1. 第一種銃猟免許を受けた人が空気銃のみを用いる場合は、第二種銃猟免許の狩猟税が課されます。
  2. 第一種銃猟免許を受けた人が装薬銃及び空気銃を使用する場合、第一種銃猟免許の登録にのみ課税されます。なお、第二種銃猟免許で登録を受け、その後第一種銃猟免許の登録を受ける場合には、第二種銃猟免許の狩猟税のほか第一種銃猟免許の狩猟税が課されます。
  3. 放鳥獣猟区(もっぱら放鳥獣された狩猟鳥獣の捕獲を目的とする猟区)のみに係る登録を受ける人については、狩猟税の税率は4分の1となります。
  4. 3の登録を受けている人が放鳥獣猟区及び放鳥獣猟区以外の場所に係る登録を受ける場合は、狩猟税の税率は4分の3となります。
  5. 平成31年3月31日までの狩猟者登録に限り、対象鳥獣捕獲員及び認定鳥獣捕獲等事業者の従業者には、狩猟税は課されません。
  6. 平成31年3月31日までの狩猟者登録に限り、狩猟者登録を申請する日前1年以内に、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律第9条第1項の許可を受けて当該許可に係る鳥獣の捕獲等を行った場合における狩猟税の税率は2分の1となります。  



納税方法

 狩猟者の登録を受けるときに納税してください。
 なお、県民税の所得割の納付を要しない人は、その旨を証明する書類を住所地の市町村から受けて提出してください。


このページの先頭へ戻る