現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 監察査察課 > 職員への知事訓辞 > 平成26年仕事納めに際しての知事訓辞

監察査察課

平成26年仕事納めに際しての知事訓辞


平成26年12月26日 県庁4階正庁

 

 皆さん、とうとう2014年も仕事納めの日になってしまいました。
今から考えると、今年もたくさんいろんなことがあって、私もまた選挙で再選されま して、これから4年間やらせていただくことになりました。
  これまで、和歌山県が頑張って来られたのは、すべて諸君のおかげであります。
  その上で、これからも、和歌山県がいろんな課題を解決して、和歌山県の未来を築いていくためには、まだまだ我々がやらなければいけないことがたくさんあるなという風に思う訳であります。
  そして、新政策も、今年、選挙がいろいろあったということもあって、少し完成度が悪いなと思っておりますので、新年になったら、また、みんなで精力的に進めたらいいと思います。
  その前に、休みは十分に取っていただいて、身体と心もリフレッシュしていただいたらいいと思いますが、時々お風呂の中なんかで、「あれはどうしようかな」とか、「これは今年どういう風にして決着をして、来年にどう繋ぐかな」とか、それぞれ管理職の方々は、御自身のところ、あるいは近隣のところも含めて、そういうことをふわっと大きく考えて、リフレッシュされた頭で、新年登庁していただいたらいいんじゃないかなという風に思います。
私も、そのようにさせてもらいますので、どうぞ、よろしくお願いします。
  ともあれ、この1年間、本当に御苦労さまでした。
  是非、来年もよろしくお願いします。
  ありがとうございました。