現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 監察査察課 > 職員への知事訓辞 > 平成26年度本庁所属長以上職員への知事訓辞

監察査察課

平成26年度本庁所属長以上職員への知事訓辞

平成26年4月1日 県庁4階正庁

 

 留任の方もいらっしゃるかと思いますが、新しくポストに就かれた方も含めて、これから和歌山県の幹部として、是非皆さん、刻苦して努力してもらうとともに、後進の指導もしていただきたいと思います。
  私は、今まで、現在もそうですが、和歌山県の職員一同、特に幹部の方々は一生懸命頑張ってくれていると大変評価しています。
  本当に苦労しながら、それぞれのところで一生懸命頑張ってくれている姿をいつも拝見しています。 その上で、平成26年度にはさらに和歌山県を飛躍させるために、一つもう一段高い努力をしたいと思っています。
  それは三点ありまして、第一はサブスタンスに着目した行政をしようということです。
  これはどういうことかと言うと、我々は県民の生活を向上させて初めてなんぼの世界であります。それぞれそのためにポストがあって、例えば、部長さんとか、局長さんとか、課長さんとか、次長、こういう風にそれぞれ任命される訳ですが、その任命されたところの仕事はこういうものだという風に初めから決めてしまって、あるいは前にそうであったからそういうものだという風に考えてしまうのではなくて、今、県民のために何がサブスタンスとして大事か、そのために一生懸命やらなければいけないことは何かということをいつも考える、そういう管理者になってもらいたい。これが第一であります。
  第二は、リスクを取ってもらいたいということです。
  大体、新しいことをやろうとしたり、あるいは困難なことをやろうとすると上手くいかないこともたくさんあります。上手くいかないことをおそれて、従来からやっているから上手くいくはずであるということだけやっていると、果たして人生が楽しいかというと楽しくないとこういう風に思う次第であります。
  したがって、リスクを取って何かどんどん挑戦をしてみようということであります。特に、部長さんぐらいになると、もうとにかく県庁の中で尊敬されている立派な人であります。しかし、局長さんは立派な部長さんになるかも知れないし、あるいは課長さんはまた局長さんになるかも知れないし、それからずっと辿っていくと一年生に至るまで段々と県庁を担っていかなければいけない、そういうことだろうと思います。
  そのためには訓練をしておく。部長さんになって、いきなり大役を担わされては大変という風に思うのはなかなかつらいところがありますので、訓練をしておくということが大事であります。その訓練をする方法として一番良いのは、リスクを取ることであります。リスクを取って、それで上手くいく時とか、上手くいかない時とか、楽しかったなという時とか、困難に立ち向かっていろいろやったけれども息切れしたとか、そういうことがすべて皆さんの栄養になるはずであります。
  したがって、どんどんやってみよう。別に上手くいかなくても、後はみんながカバーしてくれるし、最後は私が責任を持ちますから、どんどんリスクを取ってやってもらいたい。こういうことであります。
  第三は、外回りを是非やってもらいたい。
  皆さんは管理職であります。その下に皆さんのためにきっちり仕事を詰めてくれる、お膳立てをしてくれる、そういう部下がたくさんいる訳であります。
  それは上になればなるほど、支配下選手の数が増えるということになります。
  しかし、例えば室長とか企画員でも部下の方は少しはいる。その人たちが一生懸命やってくれたのは何のためかというと、県民の生活を良くする、あるいは仕事を完成させる。そういうことだろうと思います。その仕事を完成させる時に、例えばそれを実現できなければ、例えば、何かを計画し、そして企画書を作る、あるいは法令をきちんと作る。だけど、それが実現して初めて、世の中に良い影響を与えて初めて、その努力が報われる訳です。その最後のところ、世の中を説得して、例えば私も含めてきちんと説得し、外部の人も説得し、政治プロセスでちゃんと根回しをし、それが実現できるように努力をし、住民の方々に説明をし、というようなことを管理職の人はやらなければ、何でこんな管理職に仕えているんだということになってしまうはずであります。
  したがって、皆さん、外回りをまず管理職の仕事と心得ていただきたい。
  そういうことをやっていくと、この組織がどんどん活性化されて、県民の方に喜んでもらえるような県庁になっていくことが必定であります。
  大いに期待していますので、私も含めてそのように三点頑張っていこうではありませんか。是非、平成26年度頑張ってください。