現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 監察査察課 > 職員への知事訓辞 > 平成25年度本庁所属長以上職員への知事訓辞

監察査察課

平成25年度本庁所属長以上職員への知事訓辞

平成25年4月1日 県庁4階正庁

 

 皆さん、おはようございます。
  新年度を迎えて、人事異動があり、留任の方もいらっしゃいますけれども、新任の方も含めて、これから1年間、この体制で和歌山県庁を運用していきたいと思います。
  今年は、皆さんが昨年1年かけて仕上げてくれた新しい政策「安全」「安心」「挑戦」の政策を今年1年かけて実施していくことになるわけですが、それぞれの持ち場持ち場で最大限の効果が出てくるように頑張ってもらいたいと思います。
  それとともに、それぞれの所属長の方々が先頭を切って突進をするということも大事でありますが、同時にすべての構成員の人たちがみんなそれぞれアイデアを出して、みんなで県庁の政策を作り上げるように配慮してもらいたいと思います。
  ただ、配慮し過ぎると、今度は良きに計らえと上にあがってこなければ、所属長として何もしない、こういうことになるとこれまたまずいので、両方の兼ね合いが大変難しいというふうに思います。
  と同時に、私も部下の時代がずっと役人の生活でありました。その部下の時に一番ありがたい上司というのは、外交のできる上司であったと思います。所属長になると、それぞれの付き合いがあって、何か困ったことがあったら、県庁の外の多くの人たちと相談をして、いろいろ決めたり実施してもらわないといけないということであって、部下の仕事だけ詰めておけばよいというものでもありません。
  したがって、部下の仕事をきっちりと実現できるように外交のできるような、そういう上司であってほしいと思います。
  ともあれ、今年1年みんなで楽しく元気に仕事をしてもらいましょう。
  どうぞよろしくお願いします。