現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 監察査察課 > 平成24年度本庁所属長以上職員への知事訓辞

監察査察課

平成24年度本庁所属長以上職員への知事訓辞

平成24年4月2日 県庁4階正庁

 

 新任の方も留任の方もご就任及びご留任おめでとうございます。
  県民がみんなものすごい勢いで期待しているわけですから、是非、そのポストに相応しい成果を出すように頑張ってください。
 もう皆さん一生懸命働いていただいていますから、あんまり私は言うことはないんですけれども、しかし、どんどん時代が変わっていきます。今まで、これでようやく少しましかなと思っていたら、時代の方がもっと難しくなって、それに合わせていかないと和歌山県も辛いというようなことが日常から起こります。したがって、皆さんがいつも「これでいい」というわけではなく、社会の流れに応じて和歌山県を良くするためにはどうしたらいいか、といつも考えてやっていただきたい、そんなふうに思います。
 私は、役人、公務員の、あるいは組織人全部がそうかもしれませんが、真骨頂は提案することだと思います。最後の責任は知事が全部負いますから、皆どんどん提案をして、ああしよう、こうしようと自分で考えてやってもらいたい。時には独走しても構わない、ということでありますから、是非、頑張っていただきたい、そんなふうに思います。
 皆さんのご健闘を期待しております。どうぞよろしく。