現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 広報課 > 「みなべ・田辺の梅システム」が世界農業遺産に認定されました!

「みなべ・田辺の梅システム」が世界農業遺産に認定されました!

 平成27年12月15日、イタリア・ローマの国連食糧農業機関(FAO)本部で開催された「GIAHS運営・科学合同委員会」において、「みなべ・田辺の梅システム」が世界農業遺産に認定されました。
 現地では、仁坂知事が同システムの世界的な重要性等についてプレゼンテーションを行い、その後、委員による審査が行われ認定が決定しました。
 認定授与式では、仁坂知事が代表して認定証を受け取り、一緒に出席した坂本登県議会議員、小谷芳正みなべ町長、真砂充敏田辺市長と認定の喜びを分かち合いました。
 また、同日、みなべ町役場では、認定セレモニーが開催され、みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会委員並びに関係者の方々が喜びを分かち合いました。

FAOにおける最終プレゼンの様子

FAOにおける最終プレゼンの様子(プレゼン内容はこちら

認定証授与式の様子

認定証授与式の様子

左より仁坂知事、小谷みなべ町長、真砂田辺市長、坂本登県議会議員

認定証授与式会場の様子

みなべ町認定セレモニーの様子

みなべ町認定セレモニーの様子

参考リンク

このページのトップに戻る