橋杭岩はしくいいわ

橋杭岩

海岸線から海に向かって一連の石柱が並び、あたかも橋桁を失った橋脚のように見えることから橋杭岩と呼ばれています。橋杭岩は、第三紀の頁岩層に断層などのなんらかの営力によって弱線が生じ、この弱線に沿って流紋岩が貫入してできた岩脈が、その後の地殻変動で地表付近にあらわれ、浸食されにくい岩が残ったものです。地元では、弘法大師が一晩で造ったとの伝承が伝えられています。

橋杭岩データ
エリア 東牟婁地域
情報 名勝・天然記念物(国指定)
所在地 東牟婁郡串本町鬮野川
Google Map
関連リンク
現在の表示位置
トップ > 自然・景観 > 橋杭岩