トップページ > 課・室一覧 > 広報課ホームページ > 和-nagomi- > vol.23 > [Cool! Deep! Wakayama] 高野口町

和歌山の人、もの、地域 和 nagomi 発祥の地、和歌山 2014 vol.23

前のページへ  次のページへ

Cool! Deep! Wakayama クール! ディープ! ワカヤマ    高野口町 大和街道と高野街道が交差する、歴史と文化の交差点

前田邸は江戸時代に建てられた、高野口を代表する商家の邸宅。

普段の生活と懐かしい時代が混在する町
高野口町風景
細い路地を抜けると、歴史感じる建物を見つけた。人々の暮らしは現在も繋がっている。
街道が交差する、高野口町

 
かっぱのカッピー
蝶ネクタイでおめかしをするかっぱのカッピー。

 橋本市高野口町は、かつて京や大坂から高野山への参詣道として利用された高野街道と、奈良の都に向かう大和街道が交わる交通の要衝で、宿場町として大いに栄えた。
 洋館のような高野口駅の向かいに建つ「旅館・葛城館」は、ガラスに覆われた木造3階建てで、明治に建てられたとは思えないほど美しい。また明治時代から日本一のパイル織物の生産地として知られ、昭和の高度成長期には日本全国の80%を生産し、新幹線の座席は全て「MADE IN KOYAGUCHI」であったともいわれる。現在もファブリックメーカーとして60社程が集結し、国際的にも有名なブランドに生地などを供給している。
 現在の暮らしと静かな歴史が混在する高野口町。交差点を曲がる度に異なった表情に出会える不思議な町だ。

 
珍しい木造3階建ての葛城館/木造校舎

耳を澄ませば
賑わいが聞こえる

上/手すきのガラスが美しく、明治の雰囲気を今に伝える葛城館は平成6年まで高野山の参拝客を対象として営業していた旅館。

下/昭和初期に建てられた木造校舎で、今も小学生たちが学ぶ現役の高野口小学校。往事の繁栄ぶりがうかがえる立派な佇まいは、国の重要文化財に指定された。

資料館もレトロでかわいい!/再織/資料館

パイルのまち
高野口

パイル織物とはフェイクファーから車のシート、タオルなどの様々な生地の総称。高野口はパイル織物で一世風靡した町。パイル織物の原型となった「再織(さいおり)」は高野口町で生まれたといわれている。
プラモデル
少しレトロなものから、最新式のヘリコプターまで所狭しとプラモデルが並ぶ
これ速いぞ/マルタカおもちゃ模型店

プラモデル?
大人が遊ぶんや!

昔懐かしいプラモデル屋さん。プラモといえば男子なら一度は組み立てた事があるのでは?エンジンを積んだラジコンカーは大人ものめり込むディープなホビー。

マルタカおもちゃ模型店
住所/橋本市高野口町名倉562
電話/0736-43-1937

Cool! Deep! KOYAGUCHI!
かつては街道沿いに沢山の店舗が軒を並べていたのだろう。
 
団子/おちちまん
左/余りの美味しさについ2〜3本。香ばしいきな粉の薫りがたまりません。
右/パッケージも可愛いおちちまん。
洋菓子も作ってます!/浪花堂

出来立てにこだわり
少しづつ作ってます

米粉ともち米の団子はもっちもち。きな粉は地元の米屋さんが挽いた国産のものを使用。素朴ながら風味豊かな味わいで人気の商品。

浪花堂
住所/橋本市高野口町小田678
電話/0736-42-2415

祖母の代から
通っています

大和街道沿いで100年、地元の人々に愛される老舗和菓子屋さん。季節の味を感じさせるおまんじゅうはどれも上品で甘さ控えめ。

金澤寿翁軒
住所/橋本市高野口町名倉757
電話/0736-42-2011

季節ごとに色んな味が登場するので、いつ行っても楽しめる。

歴史を感じる明治の頃の大福帳。/金澤寿翁軒

開店と同時に
行列ができるっ!

高野口中学校近くの道沿いに立つパンダのファサードが可愛いクレープ屋さん。小さい店舗ながらもメニューは50種ほどと充実。

パンダクレープ
住所/橋本市高野口町名倉1359
電話/080-3835-7733

去年9月にオープンしましたっ!/パンダクレープ外観/たこせん/トロ〜リソースと玉子がウマイー!

いちご生クレープ 上/学生さん用に作った「たこせん」も人気のメニュー。
左/地元の農家さんから直接仕入れたたまりひめがたっぷり入った「いちご生クレープ」。

 

前のページへ  次のページへ


トップページ > 課・室一覧 > 広報課ホームページ > 和-nagomi- > vol.23 > [Cool! Deep! Wakayama] 高野口町