トップページ > 課・室一覧 > 広報課ホームページ > 和-nagomi- > vol.16 > [プレミア和歌山] 紀州うめたまご

和歌山の人、もの、地域 和 nagomi 100年目のエコロジー 2011 vol.15

前のページへ  次のページへ

梅パワーで生まれたたまご本来の旨み

 「夏バテのトリに梅を食べさせたら元気になる」梅干製造会社を営む細川清さんが、こんな立ち話を聞いたことからうめたまごの開発が始まった。
 県の養鶏研究所で数年に渡る検証の結果、梅酢エキスを一定の割合で飼料にまぜた鶏は生存率がアップすることが立証された。しかも肉や玉子の味が飛躍的によくなった。これを新たな特産品にと養鶏業者らが協力、商品化にこぎつけた。「玉子本来の風味を味わうには玉子かけご飯がおすすめ。お好みで醤油を少し垂らしてかき込む。美味しいですよ」と細川さん。シンプルにゆでたまごも絶品。


紀州うめどり・うめたまご協議会会長細川清さん
紀州うめどり・うめたまご協議会会長細川清さんは梅の製造、加工会社も営む。「特産の梅を生かした商品開発をさらに進めたい」と話す。

紀州うめたまご

紀州うめたまご
生産者/紀州うめどり・うめたまご協議会
    事務局:日高郡みなべ町晩稲889
電 話/0739-74-2739 http://www.umedori.com

県内の大手スーパーなどを中心に販売。
大阪府南部の一部でも販売している。

和歌山県優良県産品(プレミア和歌山)ロゴ
和歌山県優良県産品(プレミア和歌山)推奨制度
安心・安全を基本に幅広い分野で優れた県産品を“和歌山らしさ”、“和歌山ならでは”の視点で推奨する。

和歌山県優良県産品(プレミア和歌山)QR

前のページへ  次のページへ


トップページ > 課・室一覧 > 広報課ホームページ > 和-nagomi- > vol.16 > [プレミア和歌山] 紀州うめたまご