現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 広報課 > 和歌山県庁メールマガジン > バックナンバー > 平成29年12月22日

和歌山県庁メールマガジン「わかやま通信」バックナンバー
平成29年12月22日

平成29年12月22
 ◆ 今回の配信にあたって
 ◆ 12月20日(水) 知事記者会見
  ○ 平成29年度わがまち元気プロジェクト第1弾決定!
    〜有田川「ぶどう山椒」Connectプロジェクト〜
  ○ 株式会社早和果樹園がコールセンター等の事務所ビルを新設
  ○ 平成30年度以降の和歌山県内へのクルーズ船の寄港
  ○ 平成29年度和歌山県文化表彰
  ○ 統合型リゾート(IR)シンポジウムの開催
  ○ JETRO和歌山貿易情報センター開所記念式典の開催
  ○ 韓国から南紀白浜空港へのチャーター便が就航
  ○ ふるさと祭り東京2018に「わかやま紀州館」が出展!
 ◆ 和歌山県刊行物
  ○ 和歌山総合情報誌「和 -nagomi-」 Vol.34
  ○ 和歌山だより 平成29年12月号
 ◆ 今回の配信にあたって
 先日実施した知事記者会見での発表内容についてご説明します。
 今回は発表事項が4つ、 話題事項が4つあります。
 
 一つ目は、 平成29年度わがまち元気プロジェクト第1弾決定!有田川“ぶどう山椒”Connectプロジェクトです。
 
 県では、 平成21年度から地域固有の資源を活用し、 個性豊かで活力ある地域づくりを推進する取組を支援しています。 このたび、 平成29年度わがまち元気プロジェクトの第1弾として、 有田川“ぶどう山椒”Connectプロジェクトへの支援を決定しました。 今後は、 有田川町の特色である“ぶどう山椒”の可能性の発掘をはじめ、 企業等と連携して新たな商品開発やプロモーションなど展開し、 生業化をめざします。
 
 二つ目は、 株式会社早和果樹園がコールセンター等の事務所ビルを新設です。
 
 この会社は、 昭和54年に有田市で創業し、 有田みかんの生産・販売、 有田みかんジュース等の加工品を製造し6次産業化を行っている企業です。 このたび、 受注拡大に対応するため、 有田市内にコールセンターを含む事務所ビルを建設するとともに新たに18名を雇用し、 販売体制の強化をめざします。 操業開始は平成30年9月30日の予定です。
 
 三つ目は、 平成30年以降の和歌山県内へのクルーズ船の寄港です。
 
 今年度は、 年間16隻のクルーズ船が寄港する予定ですが、 平成30年度は上半期だけで、 すでに11隻の寄港が決定しており、 新たにコスタ・ネオロマンチカ(本社イタリア)及びスター・レジェンド(本社アメリカ)の初寄港も予定してします。 また、 平成31年にはダイヤモンド・プリンセス(本社アメリカ)の初寄港も予定しています。
 
 四つ目は、 平成29年度和歌山県文化表彰です。
 
 今年度の和歌山県文化表彰の受賞者は、 次のとおり文化賞1名、 文化功労賞2名、 文化奨励賞2名と1団体に決まりました。
 最高賞の「文化賞」には、 和歌山県出身で「ゴルゴ13」など数々のヒット作品を生み出した劇画家のさいとう・たかを氏に決定しました。
 「文化功労賞」には、 和歌山市民合唱団などで指揮を努め県内合唱団の育成に尽力した音楽家の杉原治(すぎはら いさお)氏と「天神崎の自然を大切にする会」設立当初から参加し自然環境保全に尽力した生物研究者の玉井済夫(たまい すみお)氏に決定し、 「文化奨励賞」には、 和歌山県出身で高性能のバイオプラスティック合成に成功し世界最高強度の透明樹脂を開発した化学者の金子達雄氏とボストン・フルハーモニー管弦楽団など海外で研鑽を重ね、 ボストン音楽院時代の仲間で結成した「スタイナート」の公式ツアーを県立図書館メディア・アート・ホールで開催するなど和歌山との交流にも努め、 父親が和歌山県出身でもあるチェリストの谷口賢記(たにぐち まさのり)氏、 長年にわたり清流古座川の川中にある河内島(こおったま)を御神体とする「河内祭」の維持保存に努めている古座川河内祭保存会(こざがわこうちまつりほぞんかい)に決定しました。
 
 続いて、 話題事項の一つ目は、 統合型リゾート(IR)シンポジウムの開催です。
 
 平成30年1月15日に県民文化会館で、 地域の特性を活かした地方型IRの有用性・必要性を全国に発信するためのシンポジウムを開催します。 県企画部長によるプレゼンテーションをはじめ、 京都大学公共政策大学院の佐伯英隆名誉フェローや大阪商業大学アミューズメント産業研究所所長の美原 融教授による基調講演、 講演者のお二人をはじめ、 仁坂知事、 和歌山大学副学長の足立基浩教授、 和歌山商工会議所の片山博臣会頭によるパネルディスカッションを行い、 県民の皆様に、 IRについて正確な情報を提供するとともに、 地域の特性を活かした地方型IRの有用性・必要性を全国発信します。
 
 話題事項の二つ目は、 JETRO和歌山貿易情報センター開所記念式典の開催です。
 
 平成29年12月20日に、 日本貿易振興機構(JETRO)が、 和歌山県での取組を一層強化するため設置した「JETRO和歌山貿易情報センター」の開所記念式典が開催され、 来賓には世耕経済産業大臣をはじめ、 仁坂知事や尾崎県議会議長、 市町村、 経済・農林団体など約100名が出席しました。 式典後の共同記者会見では、 JETROの石毛理事長は「県庁や関係機関と連携をしながら和歌山ならではの成功事例を創出していきたい」、 仁坂知事は「和歌山県に開所されたを心から感謝するとともに、 今後、 マッチングや市場についての情報提供、 また県民をはじめ県職員に対する相談機能に期待したい」とそれぞれ述べました。 JETROが都道府県庁内に拠点を設けるのは全国で初めてです。
 
 話題事項の三つ目は、 韓国から南紀白浜空港へのチャーター便が就航です。
 
 このたび、 韓国光州務安(こうしゅうむあん)空港から南紀白浜空港へチャーター便が就航することになりました。 県が韓国の現地旅行社に働きかけて実現したもので、 50人乗りの小型機が1月中に12機が往復する連続チャーターとなり、 約500人が来県し三段壁、 千畳敷、 橋杭岩、 和歌山城、 那智の滝などを観光する予定です。
 
 話題事項の四つ目は、 ふるさと祭り東京2018「わかやま紀州館」が出展です。
 
 日本の“まつり”と“食”が集う東京ドーム・ふるさと祭り東京に、 「わかやま紀州館」が出展します。 今回は、 県内の11事業者が参加して梅干しや果実加工品、 お酒、 手造りソ―セージなどわかやまの自慢の逸品を販売・PRします。
 
 詳しくは、 下記資料を御覧下さい。
 
 次に、 質疑応答ですが、 発表項目に関しては、 「文化表彰関連」について、 また発表項目以外については、 「IRシンポジウム関連」、 「JR特急くろしお減便関連」、 「パンダの報道関連」などについて記者から質問がありました。
 
 
フルテキストの質疑応答はこちらです。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press/291220/index.html#d291220_qa
 
当日の知事記者会見の動画はこちらからご覧になれます。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press_animation/press_animation_backN.html
 
(和歌山県広報課長)



 ◆ 12月20日(水) 知事記者会見
  ○ 平成29年度わがまち元気プロジェクト第1弾決定! 〜有田川「ぶどう山椒」Connectプロジェクト〜
詳細については、 下記リンク先PDFファイルをご覧ください。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press/291220/291220_1.pdf


 ○ 株式会社早和果樹園がコールセンター等の事務所ビルを新設
詳細については、 下記リンク先PDFファイルをご覧ください。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press/291220/291220_2.pdf


 ○ 平成30年度以降の和歌山県内へのクルーズ船の寄港
詳細については、 下記リンク先PDFファイルをご覧ください。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press/291220/291220_3.pdf


 ○ 平成29年度和歌山県文化表彰
詳細については、 下記リンク先PDFファイルをご覧ください。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press/291220/291220_4.pdf


 ○ 統合型リゾート(IR)シンポジウムの開催
詳細については、 下記リンク先PDFファイルをご覧ください。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press/291220/291220_5.pdf


 ○ JETRO和歌山貿易情報センター開所記念式典の開催
詳細については、 下記リンク先PDFファイルをご覧ください。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press/291220/291220_6.pdf


 ○ 韓国から南紀白浜空港へのチャーター便が就航
詳細については、 下記リンク先PDFファイルをご覧ください。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press/291220/291220_7.pdf


 ○ ふるさと祭り東京2018に「わかやま紀州館」が出展!
詳細については、 下記リンク先PDFファイルをご覧ください。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press/291220/291220_8.pdf



 ◆ 和歌山県刊行物
  ○ 和歌山総合情報誌「和 -nagomi-」 Vol.34
和歌山総合情報誌「和 -nagomi-」 Vol.34
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/nagomi/w34/index.html
 
[特集] 紀州、 心の軌跡
 紀州、 心の軌跡
 古の都人も憧れた万葉の聖地とは
 紀州徳川家歴代藩主も眺めた和歌の絶景
 受け継がれる地域の絆
 和号外 南葵音楽文庫が公開!
 
[知事対談]
歴史の中に見える和歌山の本当のチカラ
 
作家 井沢元彦
 
和歌山県知事 仁坂吉伸
 
[Awesome Products in Wakayama]
棕櫚(しゅろ)たわし
 
[People×Gourmet]
佐藤春夫が愛した「鹿六」のうなぎ
 
[WAKAYAMA伝統技図鑑]
串柿
 
[わかやまに恋した人々]
東牟婁郡古座川町
 
今号の「和」題
 
[プレミア和歌山]
トマトジュース
 
[和歌山の明治維新を訪ねて]
旧和歌山県議会議事堂
 
交通アクセス/メディア関係の皆さまへ
 
nitama & pandas 元気日記!


  ○ 和歌山だより 平成29年12月号
和歌山だより平成29年12月号
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000100/dayoridata/29-12.pdf
 
<知事メッセージ>
自分のことばっかり
 
<今月の和歌山県政トピックス>
●紀州徳川家ゆかりの文化遺産「南葵(なんき)音楽(おんがく)文庫(ぶんこ)」を初公開
●お求めの事業者向け補助金等を一発検索!「わかやま企業応援ナビ」開設
●首都圏でプレミア和歌山PRイベントを開催しました
●「みなべ・田辺の梅システム」世界農業遺産フォーラム in 東京を開催しました
●平成29年度和歌山県名匠表彰式を開催しました

●高野山麓の伝説スポットを巡る「謎解きモバイルスタンプラリー」
●平成29年度麻薬・覚醒剤乱用防止運動わかやま大会を開催しました
●第4回「復興計画事前策定」研究会を開催しました
●平成29年度和歌山県統計大会を開催しました
●世界民族祭 in 紀美野が開催されました
●自然災害に備えて(日高郡美浜町)
●オリンピック4連覇の伊調馨選手がジュニアレスリング教室にやってきました
●ふるさと和歌山応援寄附(ふるさと納税)のご案内
 
<ふるさと歳時記>
・イベント情報(12月中旬〜1月中旬)
・自然・風物情報(12月中旬〜1月下旬)



 
配信カテゴリーの変更、メールアドレスの変更、配信形式(HTML形式・テキスト形式)の
変更および配信の停止を希望される方は、次のURLからお手続きをお願いします。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/mailmagaform/mailmagaform.html
 
バックナンバーは次のURLをご覧ください。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/mailmagaform/backnumber/index.html
 
【本メールマガジンに関するお問い合わせ先】
〒640-8585
和歌山市小松原通一丁目1番地
和歌山県知事室広報課
TEL:073-441-2034(直通)
FAX:073-423-9500
問い合わせフォーム:http://www.pref.wakayama.lg.jp/inquiry.html