平成18年8月号[No.816]
和歌山県情報館トップページへ
県民の友トップページへ
県民の友今月号の目次へ
●6月定例会の概況/議長・副議長就任のごあいさつ  ●知事説明要旨/一般質問
議決結果・意見書等/県議会からのお知らせ  ●常任委員会の構成  ●特別委員会の構成/県議会各会派構成 

県議会の新体制決まる
6月定例会
県議会6月定例会は、6月13日から29日までの17日間の日程で開かれました。
この定例会では、平成18年度和歌山県一般会計補正予算など31議案が可決されました。
議長、副議長の辞職に伴う選挙が行われ、議長に向井嘉久藏議員、副議長に谷洋一議員が選出されました。また、常任委員会委員と予算特別委員会委員、議会運営委員会委員の選任も行われました。

「就任のごあいさつ」
このたび、私どもが県議会議長並びに副議長の重責を担うこととなりました。
まことに身に余る光栄であり、その使命と職責の重大さを痛感しているところです。
地方分権や国の行財政改革により、地方自治体を取り巻く環境が大きく変化する中、行政の監視機関であり、意志決定機関である議会が担う役割と責任はますます重要になってきています。その職責を果たせるよう、また、少子高齢化や情報化・国際化が進展する中、多様化する県民のニーズに対応し、県民の声を、県政に反映できるよう誠心誠意努力し、安心で活力あふれる和歌山をめざして全力で取り組んでまいります。
どうか、今後とも皆さまのより一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

このページのトップに戻る
8月号の目次に戻る