7ch 世界遺産 高野・熊野

熊野見聞録

多様に重なる信仰の地、熊野

多様に重なる信仰の地、熊野

はるか神代の昔から2,000年の時を経て、いまも脈々と受け継がれている熊野信仰。人々の熱い信仰に支えられた聖地であり、『伊勢へ七度、熊野へ三度』と言われた熊野。すでに平安時代には、熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社が、「熊野三山」として全国的な信仰を集めるようになりました。

太平洋に突き出た紀伊半島の南東部に位置する熊野の地は、神話の時代から他界すなわち別世界、あるいはその入口として神聖視されていました。

6世紀に仏教がつたわり、さらに平安時代に密教が伝わると、神々は仏教の如来や観音菩薩が人々を救うため姿を変えて降臨したものと信じられるようになり、神道の自然崇拝と仏教の浄土思想が一体となった山岳信仰が都の人々の間に広まりました。

そして熊野三山に宿る神仏に、この世での幸福や苦しみからの解放、死後の魂の安穏などを直接祈願するため、老若男女、貴賤をとわず多くの人々が熊野を訪れるようになったのです。

もっと詳しく

紀伊山地の霊場と参詣道

カテゴリ一覧

このカテゴリ内のおすすめ動画

隠れの国癒しの国熊野三千六百峰多様に重なる信仰の地、熊野補陀落渡海かつての社殿地大斎原

チャンネルおすすめ動画

異界への旅、熊野三山への道豊かな自然に癒される真言密教の山岳霊場・高野山隠れの国癒しの国