現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 知事からのメッセージ > 平成27年10月 国体の感動を障害者スポーツ大会へ

メニューをとばす

知事からのメッセージ

知事からのメッセージを紹介します。

平成27年10月のメッセージ

平成27年10月

国体の感動を障害者スポーツ大会へ

 9月26日に天皇皇后両陛下をお迎えして開かれた第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」は、10月6日、多くの感動とともに幕を降ろしました。思えば、知事就任以来、会場地の選定、施設の充実、必要なインフラの整備、県選手団の強化とさまざまな準備をしてまいりましたが、国体の閉会式に臨み、炬火の炎が静かに消えていくのを見るに万感胸に迫るものがありました。県民の皆様が一生懸命ご尽力いただいた結果、「紀の国わかやま国体」は心温まる大会であったと全国からの参加者の皆さんに喜んでいただくことができました。
 また、選手の頑張りと県民の皆様の応援のおかげで、和歌山県は男女総合優勝を果たし、天皇杯を獲得することができました。ずっと40番台に低迷していた和歌山県ですが、総力を結集すれば、このような結果をもたらすことができると、県民に勇気を与えてくれました。本当に感激をしています。
 さて、次は全国障害者スポーツ大会「紀の国わかやま大会」であります。10月24日から26日、全国から障害を克服して、精一杯躍動しようという仲間がこの和歌山に集まってくれます。24日の開会式には、皇太子殿下もご臨席になられ、多くの県民の皆様とともに選手の皆さんを励ましてくださることになっています。
 「紀の国わかやま大会」のために、国体以上に多くのボランティアの方々が運営にご協力くださっています。この和歌山の地で、障害を乗り越えて選手達が精一杯躍動するのを讃えたいと思います。国体に続いて「紀の国わかやま大会」が素晴らしいものであったと後々まで語り継がれるよう、県民の皆様に全国から集まった仲間に笑顔でおもてなしをお願いしたいと思います。

このページのトップに戻る