現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成27年度2月の行動

メニューをとばす

平成27年度2月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

2月1日(月)13:00 わかやま産品商談会 in 大阪(大阪市・大阪マーチャンダイズ・マート)

わかやま産品商談会 in 大阪(大阪市・大阪マーチャンダイズ・マート)の様子

 「おいしい!健康わかやま」をテーマに、特色ある和歌山の食材・加工品・お酒・スイーツ等が集結した「第10回わかやま産品商談会in大阪」を開催し、来場されたバイヤーの皆さんに対して「和歌山にはたくさんいいものがある。どんどんいいものを見つけて全国に知っていただきますようにお願い申しあげる」とPRしました。

2月2日(火)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

2月2日(火)10:30 ブラジル・ペルー和歌山県人会 子弟が訪問(知事室)

わかやま産品商談会 in 大阪(大阪市・大阪マーチャンダイズ・マート)の様子

 和歌山県には過去に多くの県民が北中南米地域に移住した歴史があり、現在でも多くの県人会があります。
この度、ペルー及びブラジルの和歌山県人会子弟二人が県庁を表敬訪問されました。お二人とは、和歌山での滞在を楽しみにしていることや将来の夢について懇談しました。

2月2日(火)11:00 森林保全・管理に係る協定「企業の森」調印式(知事室)

森林保全・管理に係る協定「企業の森」調印式(知事室)の様子

 「企業の森」とは、企業や労働組合等の皆さんに、社会・環境貢献活動、また地域との交流活動の一環として、県内の森林環境保全に様々なかたちで取り組んでいただく事業を総称するものです。
このたび田辺市において、県内に21店舗の事業を展開するコーナン商事株式会社が県の進める「企業の森」事業を活用し、「コーナン DIYの森」として森林保全活動を実施することになり、調印式を行いました。

2月2日(火)13:30 和歌山県防災会議(災害対策本部室)

和歌山県防災会議(災害対策本部室)の様子

 和歌山県及び防災関係機関が実施する防災対策の基本的な大綱を示す「和歌山県地域防災計画」の修正について審議しました。また県の津波予測システムの有用性、住民避難におけるJR線路の横断や「津波防災の日」における市町と関係機関が共同で実施する避難訓練等について意見交換を行いました。

2月2日(火)18:00 わかやま産業交流サロン(和歌山市・ホテルアバローム紀の国)

わかやま産業交流サロン(和歌山市・ホテルアバローム紀の国)の様子

 平成27年度 第3回「わかやま産業交流サロン」を開催し、主催者として挨拶を行いました。

2月3日(水)10:30 むらとくらしを考える会議(和歌山市・和歌山県自治会館)

むらとくらしを考える会議(和歌山市・和歌山県自治会館)の様子

 農山漁村の活性化をテーマにした「むらとくらしを考える会議」が、和歌山市の県自治会館で開かれ、主催者として出席し、御挨拶をしました。

2月3日(水)13:30 私立専修学校各種学校卒業予定優秀者に対する 知事賞授与式(正庁)

私立専修学校各種学校卒業予定優秀者に対する 知事賞授与式(正庁)の様子

 県内の専修学校13校と各種学校10校のうち、特に品行方正、学力優秀、他の模範となる方18校の18人の方々に対して、知事賞を授与し、「家族、恩師、学友に支えられ、充実した学生生活を送ることができたことに感謝を忘れることなく、知事賞を受賞した誇りを胸に、これからもチャレンジする気持ちを持ち続けてください。」と祝辞を述べました。

2月3日(水)18:30 和歌山県行政報告会(有田市・有田市文化福祉センター)

和歌山県行政報告会(有田市・有田市文化福祉センター)の様子

 有田市において「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。ご来場いただいた皆さんには、本県の長期人口ビジョンやその達成に向けた施策をはじめ、地震防災対策や平成27年度の新政策などについて説明させていただいた後、地域からのご意見やご質問をお伺いしました。

2月5日(金)18:30 和歌山県行政報告会(和歌山市・紀三井寺ガーデンホテル はやし)

和歌山県行政報告会(和歌山市・紀三井寺ガーデンホテル はやし)の様子

 和歌山市において「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。ご来場いただいた皆さんには、本県の長期人口ビジョンやその達成に向けた施策をはじめ、地震防災対策や平成27年度の新政策などについて説明させていただいた後、地域からのご意見やご質問をお伺いしました。

2月6日(土)13:30 「古代歴史文化賞」記念シンポジウム(東京都・銀座ブロッサムホール)

「古代歴史文化賞」記念シンポジウム(東京都・銀座ブロッサムホール)の様子

 本年1月に国の文化審議会が、「新宮の速玉祭と御燈祭」を国の重要無形民俗文化財に指定するようにと、文部科学大臣に答申されたのを受け、御燈祭の日と同日に開催された「古代歴史文化賞」記念シンポジウムに参加し、和歌山県には素晴らしい祭についてPRしてきました。

2月7日(日)8:40 紀州口熊野マラソン大会 開会式(上富田町・上富田町役場前)

紀州口熊野マラソン大会 開会式(上富田町・上富田町役場前)の様子

 第21回紀州熊野マラソン大会の開催式に参加し、御挨拶を行うとともにフルマラソンのスターターを務めました。

2月7日(日)13:00 衣奈トンネル(県道御坊湯浅線)開通を祝う会(由良町・県道御坊湯浅線)

衣奈トンネル(県道御坊湯浅線)開通を祝う会(由良町・県道御坊湯浅線)の様子

 県道御坊湯浅線(衣奈トンネル)の開通に先立ち、開通を祝う会に出席し、「私が初めて知事になった時に、由良町から『衣奈トンネルは細くて大変な思いをしている』と聞きました。本日の開通で、その時の宿題が果たせて良かった。また、国道42号から、このトンネルを通り、衣奈、白崎海岸から再び国道42号へという町をぐるっと回れる芯ができた。由良町がより有利になった立地条件をうまく利用し、町の発展に活用して頂ければと思います。」と御挨拶をしました。

2月8日(月)13:30 わかやま地域づくりシンポジウム(和歌山市・ホテルアバローム紀の国)

わかやま地域づくりシンポジウム(和歌山市・ホテルアバローム紀の国)の様子

 過疎地域の自立活性化や移住推進に向けた取組への気運を高めるとともに、県全体での実践につなげていくことを目的にシンポジウムを開催し、「本日のシンポジウムの成果をもとにして、さらに地域での活動がひろがっていくことを期待します。」と御挨拶をしました。

2月8日(月)18:30 和歌山県行政報告会(由良町・由良町役場)

和歌山県行政報告会(由良町・由良町役場)の様子

 由良町において「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。ご来場いただいた皆さんには、本県の長期人口ビジョンやその達成に向けた施策をはじめ、地震防災対策や平成27年度の新政策などについて説明させていただいた後、地域からのご意見やご質問をお伺いしました。

2月9日(火)13:30 農業士・林業技能作業士・漁業士認定式(和歌山市・ダイワロイネットホテル和歌山)

農業士・林業技能作業士・漁業士認定式(和歌山市・ダイワロイネットホテル和歌山)の様子

 県農林水産業を担うリーダーの方々に、「農業士」「林業技能作業士」「漁業士」の認定証を交付するとともに、長年にわたって活躍した指導農業士・林業技能作業士・指導漁業士に感謝状を贈呈しました。
また「これから益々、和歌山の農林水産業のためにがんばっていただきたい」と式辞を述べました。

2月9日(火)11:00 在青島日本国総領事 知事訪問(知事室)

在青島日本国総領事 知事訪問(知事室)の様子

 遠山茂在青島日本国総領事が表敬訪問され、総領事からは、山東省の現況についての説明があり、私からは、山東省には本県職員を派遣していることや平成28年度には私自身も山東省を訪問することも検討していることについて話をしました。

2月9日(火)19:00 和歌山県行政報告会(有田川町・有田川町金屋文化保健センター)

和歌山県行政報告会(有田川町・有田川町金屋文化保健センター)の様子

 有田川町において「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。ご来場いただいた皆さんには、本県の長期人口ビジョンやその達成に向けた施策をはじめ、地震防災対策や平成27年度の新政策などについて説明させていただいた後、地域からのご意見やご質問をお伺いしました。

2月10日(水)16:00 駐日デンマーク大使 知事訪問(知事室)

駐日デンマーク大使 知事訪問(知事室)の様子

 フレディ・スヴェイネ駐日デンマーク大使が日の岬パーク内のクヌッセン機関長胸像前で開催された「ヨハネス・クヌッセン機関長慰霊献花の集い」に参加するために来県され、県庁を表敬訪問されました。大使より、「明年は日本とデンマークが外交関係を樹立して150年、クヌッセン機関長生誕100周年(没60周年)を迎える記念すべき年となるので、和歌山県との間で記念事業を実施したい」と述べられ、私からは「記念事業の開催については大賛成である、またオリンピックを見据え、キャンプ地の誘致も実施したい」と述べました。

2月11日(木)12:30 コムサ!!デンマークカップ開会式(和歌山市・県立紀三井寺公園陸上競技場)

コムサ!!デンマークカップ開会式(和歌山市・県立紀三井寺公園陸上競技場)の様子

 コムサ!!デンマークカップ開会式が県立紀三井寺公園陸上競技場で開催され、今年クヌッセン船長の献身的救助活動があってから60年の節目の年を迎えること、来年が日本・デンマークの外交樹立150周年に当たることなどをあげ、本大会のこれからの発展と本県が両国の外交関係発展につとめていくことを祝辞で述べました。

2月12日(金)11:00 森林保全・管理に係る協定「企業の森」調印式(知事室)

森林保全・管理に係る協定「企業の森」調印式(知事室)の様子

 「企業の森」とは、企業や労働組合等の皆さんに、社会・環境貢献活動、また地域との交流活動の一環として、県内の森林環境保全に様々なかたちで取り組んでいただく事業を総称するものです。 田辺市中辺路町において、「積水ハウスの森」活動を10年間行ってこられた積水ハウス株式会社が、このたび同じ市内において、新たな取り組みを始めていただくことになり、その調印式を行いました。

2月14日(日)10:00 南紀熊野ジオパークフェスタ(白浜町・白浜会館)

南紀熊野ジオパークフェスタ(白浜町・白浜会館)の様子

 第3回南紀熊野ジオパークフェスタに出席し、御挨拶をしました。その後、日本ジオパーク委員会副委員長の中田節也氏による基調講演を拝聴しました。

2月16日(火)11:30 「たま名誉永久駅長」和歌山殿堂 除幕式 及びレプリカ贈呈式(和歌山市・和歌山県立図書館文化情報センター)

「たま名誉永久駅長」和歌山殿堂 除幕式 及びレプリカ贈呈式(和歌山市・和歌山県立図書館文化情報センター)の様子

 広く県民に親しまれ、国内外に本県の名声を広めるなど特に顕著な功績を残したものを将来にわたり称えるため、平成28年2月2日、「和歌山殿堂」を創設し、県立図書館文化情報センターで除幕式を行いました。
除幕式には和歌山電鐵の小嶋光信社長も出席され、第1号として殿堂入りした和歌山電鐵「たま名誉永久駅長」をかたどった銅製レリーフのレプリカを贈呈しました。

2月16日(火)18:30 和歌山県行政報告会(岩出市・岩出市総合保健福祉センター)

和歌山県行政報告会(岩出市・岩出市総合保健福祉センター)の様子

 岩出市において「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。ご来場いただいた皆さんには、昨年策定しました本県の長期人口ビジョンや少子化対策など、その達成に向けた平成28年度新政策案などについて説明させていただいた後、地域からのご意見やご質問をお伺いしました。

2月17日(水)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

2月17日(水)13:30 婦人団体リーダー研修会(和歌山市・和歌山市男女共同推進センター)

婦人団体リーダー研修会(和歌山市・和歌山市男女共同推進センター)の様子

 和歌山市婦人団体リーダー研修会に出席し、「和歌山県の現状から考える婦人会組織の役割と期待」と題して講演を行いました。

2月17日(水)16:00 和歌山県スポーツ賞表彰式(和歌山市・ホテルアバローム紀の国)

和歌山県スポーツ賞表彰式(和歌山市・ホテルアバローム紀の国)の様子

 第54回和歌山県スポーツ賞表彰式を開催し、今回は個人215名と70団体の方々に対して各賞の表彰を行いました。
また「昨年は、紀の国わかやま国体で男女総合優勝もでき、紀の国わかやま大会でも一生懸命競技をしていただき、多くの方々に感動を与えていただいた。今後とも、和歌山県のスポーツの発展のために、それぞれの立場でご貢献ください。」と式辞を述べました。

2月18日(木)13:30 近畿老人福祉施設協議会 施設長研修会(和歌山市・ホテルアバローム紀の国)

近畿老人福祉施設協議会 施設長研修会(和歌山市・ホテルアバローム紀の国)の様子

 近畿老人福祉施設協議会施設長研修会がホテルアバローム紀の国で開催され、来賓として出席し、本県で開催される研修会のお祝いと、高齢者社会への対応が大きな課題になっていること、昨年度策定した「わかやま長寿プラン」に基づき高齢者施策を進めていることなどについて御挨拶をしました。

2月21日(日)10:30 和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会 開始式(和歌山市・紀三井寺公園陸上競技場)

和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会 開始式(和歌山市・紀三井寺公園陸上競技場)の様子

 第15回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会の開始式に参加し、選手の激励を行うとともにスターターを務めました。また、表彰式では、4年ぶり5回目の優勝を果たした海南市チームに表彰状、記念盾、メダルを授与しました。

2月22日(月)14:30 近畿大学附属和歌山高等学校での特別講演会(和歌山市・近畿大学附属和歌山高等学校)

近畿大学附属和歌山高等学校での特別講演会(和歌山市・近畿大学附属和歌山高等学校)の様子

 近畿大学附属和歌山高等学校の1、2年生約700名を対象に特別講演を行いました。生徒の皆さんには「和歌山県で暮らしたら得だぞ」という話や高校を出てからは何が大事か、いい人になることが大事だということを述べ、そのために道徳教育の必要性を説明しました。それ以外にも使命感を持って、持続する意思、変革と変節、自分で考えることの必要性等についても話をしました。

2月24日(水)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

2月24日(水)19:00 和歌山県行政報告会(和歌山市・きのくに志学館)

和歌山県行政報告会(和歌山市・きのくに志学館)の様子

 和歌山市において「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。ご来場いただいた皆さんには、昨年策定しました本県の長期人口ビジョンや少子化対策など、その達成に向けた平成28年度新政策案などについて説明させていただいた後、地域からのご意見やご質問をお伺いしました。

2月26日(金)18:00 世界津波の日制定記念講演と稲むら太鼓(和歌山市・和歌山県民文化会館)

世界津波の日制定記念講演と稲むら太鼓(和歌山市・和歌山県民文化会館)の様子

 安政南海地震の際における濱口梧陵の「稲むらの火」による人命救助と、その後、私財を投じて堤防を築堤することで村を復旧・復興に導いたことにちなみ、毎年11月5日が国連で「世界津波の日」とされました。 これを祝して県と広川町の共催で、関西大学の河田教授をお招きし、御講演をいただくと共に、濱口梧陵に縁のある稲むら太鼓の演奏などのイベントを開催しました。
私からは「「世界津波の日」制定は本県にとって非常に名誉なことであり、和歌山県全体で制定を祝いたい。今後も防災対策に取り組み、世界に向けて発信していきたい」と説明しました。

2月28日(日)10:00 白浜町合併10周年記念式典(白浜町・白浜会館)

白浜町合併10周年記念式典(白浜町・白浜会館)の様子

 2町(白浜町、日置川町)の合併により「白浜町」が誕生して10周年を迎えるにあたり記念式典が開催され、来賓として参加し、「合併後この10年間で、高速道路は延長され、基盤整備も進んできた。ただし、基盤整備をしても中身である資産がなければなかなか地域は発展しないが、白浜町には温泉や自然、アドベンチャーワールドなど豊富な資源がある。世界的な観光ブームも押し寄せてきているから、今後、白浜町は躍進するはずだと思っています」と御挨拶をしました。

2月29日(月)14:30 (仮称)あやの台北部用地 工業団地開発に関する第1次事業細目協定調印式(知事室)

(仮称)あやの台北部用地 工業団地開発に関する第1次事業細目協定調印式(知事室)の様子

 平成25年3月29日に新たな工業団地の開発を協力して検討する基本協定を南海電気鉄道株式会社・橋本市・県で締結し、このたび工業団地開発の合意にいたり第1次事業細目協定を締結しました。その中で「あやの台北部用地工業団地開発第1次事業細目協定に調印を無事終えることができありがとうございます。橋本市は、京奈和自動車道が来年度に全通予定であり、南海、JRがすべて揃う優れた地域でありますので、場所柄を考えますと必ず成功すると確信しております。今後、様々な問題が出てくると思いますが、みんなで力を合わせて成功するように進めて行きたいと思います。」と御挨拶をしました。

2月29日(月)18:30 社会福祉法人 紀之川寮 創立60周年記念式典(橋本市・橋本市民会館)

社会福祉法人 紀之川寮 創立60周年記念式典(橋本市・橋本市民会館)の様子

 社会福祉法人紀之川寮創立60周年記念式典が開催され、来賓として出席し、創立60周年を迎えられたお祝いと、県内の施設をリードされてきたことへの敬意を表する祝辞を述べました。

このページのトップに戻る