現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成24年度2月の行動

メニューをとばす

平成24年度2月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

2月2日(土)12:30 和歌山教育実践研究大会 開会式(御坊市民文化会館/御坊市)

和歌山教育実践研究大会 開会式の様子

 平成24年度第3回和歌山教育実践研究大会に来賓として出席し、ご挨拶しました。 教育は究極の行政目標の一つであり、それは、和歌山で生まれ、暮らしている子どもたちを立派な人に育てるということだと思います。 そのため、本県においては、学力・体力の向上はもとより、心の教育や郷土教育を進めているところであり、 こうした目標の実現に向けて、教職員の方々には、大いに研鑽を積まれ、現場で実践していただくことを期待します。

2月3日(日)8:50 紀州口熊野マラソン大会 開会式(上富田文化会館/上富田町)

紀州口熊野マラソン大会 開会式の様子

 自然や史跡の溢れる口熊野から中辺路を舞台に開催される第18回adidas・紀州口熊野マラソン大会の開会式に出席し、ご挨拶しました。 今回の大会には、4種目20部門に5,700名を超える方が参加され、日頃の練習の成果を発揮されました。 主催者をはじめボランティアとして協力された地域の方々に心から感謝申し上げます。

2月4日(月)13:30 和歌山県農業士・グリーンワーカー・漁業士認定式(ダイワロイネットホテル/和歌山市)

和歌山県農業士・グリーンワーカー・漁業士認定式の様子

 平成24年度和歌山県農業士・グリーンワーカー・漁業士認定式を執り行い、 定年により退任される農業士・漁業士の方々に感謝状をお贈りするとともに、 新たに認定された農業士・グリーンワーカー・漁業士の方々に認定証を交付いたしました。 和歌山県は農林水産業において全国有数の産地であり、これは生産者の方々によって支えられています。 退任された方々のこれまでのご努力に心から感謝申し上げるとともに、新たに認定された方々には、地域のリーダーとして後継者育成等に取り組み、 大いに活躍していただけるものと期待します。

2月4日(月)15:00 私立専修学校各種学校卒業予定の優秀者に対する知事賞授与式(正庁)

私立専修学校各種学校卒業予定の優秀者に対する知事賞授与式の様子

 この表彰は、専修学校・各種学校の振興と実生活に必要な技能の研鑽及び教養の向上に寄与することを目的として、 特に品行方正、学力優秀で他の模範となる卒業生にお贈りするものです。 46回目となる今年度は、看護福祉や介護福祉、料理など10分野から18名の方々を表彰いたしました。 受賞者をはじめ専修学校・各種学校の卒業生の皆さんには、今後、それぞれの学校で学び身に付けた知識や技術を活かし、 元気な和歌山を担う社会人・職業人として活躍されることを期待します。

2月4日(月)19:00 和歌山県行政報告会(有田市文化福祉センター/有田市)

和歌山県行政報告会(有田市文化福祉センター/有田市)の様子

 有田市において「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。 ご来場いただいた皆さんには、平成23年9月本県に甚大な被害をもたらした紀伊半島大水害からの復旧と復興についてお話するとともに、 東日本大震災を踏まえた本県の取組や平成24年度の新政策などについて説明させていただいた後、地域からのご意見やご質問をお聞きしました。 これからも、県内各地にお伺いすることにより、より多くの方々に県での取組を知っていただくとともに、 県民の皆さんの貴重なご意見をお聞きできるこうした機会を大切にしていきたいと思います。

2月5日(火)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

2月6日(水)10:00 南紀熊野ジオパーク推進協議会 設立総会及び第1回総会(和歌山県水産試験場/串本町)

南紀熊野ジオパーク推進協議会 設立総会及び第1回総会(和歌山県水産試験場/串本町)の様子

 貴重な地質や地形を有する紀南地域(「南紀熊野ジオパーク構想地域」)のジオパーク認定を目指して、 県・関係市町村、地域の各種団体、地質研究者などをメンバーとした「南紀熊野ジオパーク推進協議会」の設立総会及び第1回総会を開催し、 主催者としてご挨拶しました。 ジオパークとは、地質や地形を見どころとする大地の公園で、日本国内では、5地域の世界ジオパーク、 20地域の日本ジオパークが認定され、各地で創意工夫を凝らしたまちづくりが進められています。 本県においても、平成26年度日本ジオパーク認定を目指して各種の取り組みを進めてまいります。

2月6日(水)13:30 和歌山県行政報告会(浦島ハーバーホテル/串本町)

和歌山県行政報告会(浦島ハーバーホテル/串本町)の様子

 串本町において「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。 ご来場いただいた皆さんには、平成23年9月本県に甚大な被害をもたらした紀伊半島大水害からの復旧と復興についてお話するとともに、 東日本大震災を踏まえた本県の取組や平成24年度の新政策などについて説明させていただいた後、地域からのご意見やご質問をお聞きしました。 これからも、県内各地にお伺いすることにより、より多くの方々に県での取組を知っていただくとともに、 県民の皆さんの貴重なご意見をお聞きできるこうした機会を大切にしていきたいと思います。

2月7日(木)13:00 わかやま産品商談会in大阪(大阪マーチャンダイズ・マート/大阪市)

わかやま産品商談会in大阪の様子

 「第7回わかやま産品商談会in大阪」を開催し、ご挨拶しました。 この商談会は、本県独自の商談会で、本県の農水産物や加工食品を大々的に売り出すために始めたものです。 今回は新規出展24事業者を含む77事業者が参加し、バイヤーの方々と商談をしていただきました。 県としては、今後もこうした取り組みにより、事業者の方々の販路開拓を支援してまいります。

2月8日(金)17:45 和歌山情報サービス産業協会「創立20周年記念イベント」記念式典(和歌山市・アバローム紀の国)

 一般社団法人和歌山情報サービス産業協会(通称:WAKASA)創立20周年記念式典に来賓として出席し、ご挨拶しました。 WAKASAは、本県におけるIT化・高度情報化の推進等を目的に設立された団体ですが、情報サービス産業だけでなく、 様々な分野の企業や大学なども参加し、産官学交流や人材育成等に取り組まれています。 今後も、WAKASAを中心に、情報サービス産業、製造業、大学などが一つになって、本県産業の発展にご尽力いただきたいと思います。

2月9日(土)13:30 県道御坊美山線「船津工区」開通式(日高川町立中津小学校/日高川町)

県道御坊美山線「船津工区」開通式の様子

 日高川沿いの幹線道路である県道御坊美山線「船津工区」が完成しましたので、開通式を行い、ご挨拶しました。 この工区の完成により、交通の利便性や安全性の向上はもとより、地域産業の活性化や観光振興など様々な効果が期待できます。 地域のために貴重な用地を提供してくださった方々に心から感謝申し上げます。

2月10日(日)13:30 和歌山県親と子どものためのきらめき“夢”トーク(文化情報センター/和歌山市)

和歌山県親と子どものためのきらめき“夢”トークの様子

 「親と子どものためのきらめき“夢”トーク」は、子どもたちのこれからの人生の参考となるように、 社会・経済や科学技術等の様々な分野のオピニオンリーダーをお招きし、子どもたちや親御さんに講演をしていただくものです。 今回は、日本で初めてヒトES細胞株を作り出すことに成功し、現在、ES細胞の研究成果をもとにiPS細胞の研究への応用などの研究を進めている、 京都大学物質—細胞統合システム拠点 教授 中辻憲夫氏にお話をしていただきました。 子どもたちには、このような講演会を通じて、学習意欲の向上や国際社会で通用する文化力を身に付けてほしいと思います。

2月11日(月)12:30 コムサ!!デンマークカップ(紀三井寺公園補助競技場/和歌山市)

コムサ!!デンマークカップの様子

 第10回コムサ!!デンマークカップ開会式に来賓として出席し、ご挨拶しました。 『コムサ!!デンマークカップ』は、2002年サッカーFIFAワールドカップ日韓大会に出場したデンマーク代表チームを応援するために結成した市民サポーター 「和歌山ローリガンズ」が、和歌山でキャンプを行ったデンマークチームとの交流を後世に伝え、 本県サッカー振興と国際交流を深めるために2003年から行っているものです。 このような素晴らしい取組を継続して行われていることに敬意を表します。

2月12日(火)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

2月12日(火)14:00 和歌山県教育委員会功労賞並びに教育功労者に対する知事感謝状贈呈式(正庁)

和歌山県教育委員会功労賞並びに教育功労者に対する知事感謝状贈呈式の様子

 平成24年度和歌山県教育委員会功労賞表彰式に来賓として出席し、祝辞を申し上げるとともに、 過去にこの賞を受賞し、現在も活動を継続されている3名の方々に感謝状を贈呈いたしました。 本年度の教育委員会功労賞では、学校教育、社会教育及び教育行政等の各分野から19名の個人の方と1団体が受賞されました。 受賞者の方々には、今後とも本県教育の充実にご尽力していただきたいと思います。

2月13日(水)13:30 観光セミナー(和歌山市・アバローム紀の国/和歌山市)

観光セミナーの様子

 平成24年度観光セミナーを開催し、主催者としてご挨拶しました。 観光セミナーは、おもてなしに対する意識の向上、第一線で観光客に接する観光関係者の接遇能力の向上を図るため平成14年度より始めたものです。 一度来県された方々に、もう一度来てもらえるよう、地域と行政が一体となった取組を進めていきたいと思います。

2月15日(金)13:30 国際ビジネスセミナー(ダイワロイネットホテル/和歌山市)

国際ビジネスセミナーの様子

 公益財団法人わかやま産業振興財団、日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部との共催により、 国際ビジネスセミナーを開催し、主催者としてご挨拶しました。 今回のセミナーは、石毛博行ジェトロ理事長にお越しいただき、これからのアジア・新興市場の現状とジェトロの役割について、ご講演をいただきました。 今回の講演を今後の企業活動の参考にしていただきたいと思います。

2月16日(土)14:00 陸奧宗光シンポジウム(アバローム紀の国/和歌山市)

陸奧宗光シンポジウムの様子

 和歌山県人の事績を全国に発信するため、明治期に外務大臣として辣腕をふるった陸奥宗光のシンポジウムを昨年12月に東京で開催したところですが、 県民の皆さんにもより深く陸奥の功績を知っていただこうと、和歌山でもシンポジウムを開催しました。 今回も岡崎研究所理事長・所長の岡崎久彦氏に基調講演をしていただき、 その後、同氏と和歌山県立博物館職員との3人で対談形式のパネルディスカッションを行いました。 県においては、県民の皆さんにより一層の郷土への愛着と誇りを育んでいただくため、 今後も偉大な先人の功績を顕彰する事業を実施してまりたいと思います。

2月17日(日)9:00 海南医療センター竣工式(海南医療センター/海南市)

海南医療センター竣工式の様子

 旧海南市民病院が海南医療センターとして移転新築されましたので、その竣工式に来賓として出席し、ご挨拶しました。 新病院には、地域の医療・保健・福祉の連携拠点として、今後益々重要な役割を担っていただけるものと期待します。

2月17日(日)10:30 市町村対抗ジュニア駅伝競走大会 開始式(紀三井寺公園補助競技場/和歌山市)

市町村対抗ジュニア駅伝競走大会 開始式の様子

 第12回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会の開会式及び表彰式において、 実行委員会会長としてご挨拶するとともに、初優勝した田辺市に県知事杯をお贈りしました。 今回は、市町村代表29チームとオープン参加14チームの合計42チームが出場しましたが、 どのチームもゴールを目指し、一丸となって一本のたすきをつなぎました。 今回参加された選手の皆さんには、2015紀の国わかやま国体において、 本県の代表選手となり、大いに活躍していただくことを期待します。

2月19日(火)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

2月19日(火)10:30 優良河川愛護団体の感謝状贈呈式(知事室)

優良河川愛護団体の感謝状贈呈式の様子

 和歌山県では、永年にわたり河川愛護思想の普及に熱心に取り組み、積極的に河川美化活動を行ってこられた団体に感謝状を贈呈しています。本年度は、地域住民の方々と一体となって河川の環境保全等に取り組んでいらっしゃる6団体に感謝状をお贈りしました。県では、郷土の美しい川を未来に引き継げるように、これからも河川愛護団体の取組を支援してまいります。

2月19日(火)16:00 和歌山県スポーツ賞表彰式(アバローム紀の国/和歌山市)

和歌山県スポーツ賞表彰式の様子

 本県のスポーツ振興に功績があった方や優秀な成績を収めた方の功績を称える和歌山県スポーツ賞。今回は、115名、26団体の方々にお贈りしました。受賞された方々のご活躍は、まさに県民の皆さんの励みになるものです。2015「紀の国わかやま国体」「紀の国わかやま大会」に向けてこれからも、選手として、また指導者として大いに活躍されることを期待しています。

2月19日(火)19:00 和歌山県行政報告会(海南市海南保健福祉センター/海南市)

和歌山県行政報告会(海南市海南保健福祉センター/海南市)の様子

 海南市において「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。ご来場いただいた皆さんには、平成23年9月本県に甚大な被害をもたらした紀伊半島大水害からの復旧と復興についてお話するとともに、東日本大震災を踏まえた本県の取組や平成25年度の新政策などについて説明させていただいた後、地域からのご意見やご質問をお聞きしました。これからも、県内各地にお伺いすることにより、より多くの方々に県での取組を知っていただくとともに、県民の皆さんの貴重なご意見をお聞きできるこうした機会を大切にしていきたいと思います。

2月23日(土)13:00 高速道路をはじめ県内道路網の整備促進を求める和歌山県民総決起大会(グランヴィア和歌山/和歌山市)

高速道路をはじめ県内道路網の整備促進を求める和歌山県民総決起大会の様子

 「高速道路をはじめ県内道路網の整備促進を求める和歌山県民総決起大会」に出席し、ご挨拶しました。この大会は、道路整備の必要性を広く内外に発信することを目的に、和歌山県道路協会の主催で開催されたものです。県としても、これを契機に和歌山県道路協会をはじめ、大会に参加された方々と一丸となって、県内の道路網の整備を国に働きかけてまいる所存です。

2月25日(月)13:30 プレミア和歌山推奨品決定に係る記者発表及び内覧会(アバローム紀の国/和歌山市)

プレミア和歌山推奨品決定に係る記者発表及び内覧会の様子

 「プレミア和歌山(和歌山県優良県産品推奨制度)」の第5回推奨品が決定しましたので、記者発表及び内覧会を行いました。今回は69品目・39事業者を新たに認定し、平成20年に始めて以降、合計認定数は365品目・204事業者となりました。

2月25日(月)19:00 和歌山県行政報告会(湯浅町総合センター/湯浅町)

和歌山県行政報告会(湯浅町総合センター/湯浅町)の様子

 湯浅町において「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。ご来場いただいた皆さんには、平成23年9月本県に甚大な被害をもたらした紀伊半島大水害からの復旧と復興についてお話するとともに、東日本大震災を踏まえた本県の取組や平成25年度の新政策などについて説明させていただいた後、地域からのご意見やご質問をお聞きしました。これからも、県内各地にお伺いすることにより、より多くの方々に県での取組を知っていただくとともに、県民の皆さんの貴重なご意見をお聞きできるこうした機会を大切にしていきたいと思います。

2月28日(木)10:00 和歌山県介護老人保健施設大会(ダイワロイネットホテル/和歌山市)

和歌山県介護老人保健施設大会の様子

 和歌山県老人保健施設協会が主催する第19回和歌山県介護老人保健施設大会に来賓として出席し、ご挨拶しました。本県においても高齢化が進展するなか、老人保健施設の役割が今後ますます重要になってきます。県内の施設全体のレベルアップを図る上で、このような大会を通じて施設間の相互交流・情報交換が行われることは大いに有意義であると思います。

このページのトップに戻る