現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成23年度7月の行動

メニューをとばす

平成23年度7月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

7月1日(金)10:00 「和歌山県暴力団排除条例」施行記念パレード出発式(大新公園/和歌山市)

「和歌山県暴力団排除条例」施行記念パレード出発式の様子

 県内から暴力団を排除し、県民の皆さんの安全で安心かつ平穏な生活を確保することなどを目的とする「和歌山県暴力団排除条例」の施行を記念して、JR和歌山駅前で啓発活動を行いました。雨天のため予定していたパレードは中止になりましたが、今後、「暴力団を恐れない・利用しない・金を出さない!」の「3ない運動」を推進し、社会全体で暴力団排除に取り組んでまいりたいと考えています。

7月2日(土)13:00 平成23年度和歌山県看護連盟通常総会(勤労福祉会館プラザホープ/和歌山市)

平成23年度和歌山県看護連盟通常総会の様子

 平成23年度和歌山県看護連盟通常総会に来賓として出席し、ご挨拶しました。少子高齢化や医療の高度化等により、看護職員の需要増加が見込まれるなか、看護職員の確保は喫緊の課題です。県としても、養成力確保・就業促進・離職防止・資質向上を4本柱に、関係団体等と連携しながら看護職員の確保対策を推進してまいります。

7月4日(月)16:00 和歌山県と県内生産者団体等とサントリービア&スピリッツ(株)との調印式(アバローム紀の国/和歌山市)

和歌山県と県内生産者団体等とサントリービア&スピリッツ(株)との調印式の様子

 本年4月、サントリービア&スピリッツ(株)から、本県とのタイアップで販売促進に取り組みたいとのお申し出をいただき、このたび、同社と和歌山県農業協同組合連合会、和歌山県漁業協同組合連合会、紀州うめどり・うめたまご協議会及び和歌山県の5者で、和歌山県産食材振興の取組に向けた申し合わせ書を交わしました。今後、本県産品の販売促進と消費拡大に向けた活動を協働で展開してまいります。

7月5日(火)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

7月5日(火)11:00 NEXCO西日本との包括的相互協力協定調印式(知事室)

NEXCO西日本との包括的相互協力協定調印式の様子

 災害発生時の連携強化や地域社会の活性化を目的として、NEXCO西日本との包括的相互協力協定を締結しました。将来、東南海・南海地震等の発生が予想されるなか、この協定により、災害情報の共有や資機材・施設の相互提供など、災害に備えてより綿密な協力体制を整えることができます。さらに、広域な高速道路ネットワークを活用した観光情報の発信等により、地域社会の活性化にもつながるものと期待しています。

7月5日(火)14:00 平成23年度和歌山県交通安全母の会連絡協議会総会(和歌山ビッグ愛/和歌山市)

平成23年度和歌山県交通安全母の会連絡協議会総会の様子

 平成23年度和歌山県交通安全母の会連絡協議会総会に来賓として出席し、ご挨拶するとともに、会員として10年以上交通安全啓発活動に尽力されている方々に感謝状を贈呈しました。本県では、ここ数年、交通事故の発生件数や負傷者数は減少してきていますが、高齢者の関わる交通事故の割合が高くなってきており、また、飲酒運転も増加傾向にあります。会員の方々には、各地域の交通安全活動のリーダーとして、今後もますます活躍されることを期待するとともに、県としても、高齢者の交通事故対策や飲酒運転根絶に全力で取り組みたいと思います。

7月6日(水)11:00 わかやまビジネスサポートセンター開所式(フォレスタ虎ノ門/東京都)

わかやまビジネスサポートセンター開所式の様子

 このたび、「わかやま産品販路開拓アクションプログラム2011」の重点取組の1つとして、東京都内に「わかやまビジネスサポートセンター」を開設する運びとなり、その開所式を開催しました。このセンターは、首都圏への販路開拓を推進したい県内中小企業を支援するため、その営業拠点を提供するものです。入居企業には、大いにこのセンターを活用し、首都圏のバイヤーへ攻勢をかけていただきたいと思います。

7月9日(土)13:30 和歌山県行政報告会(日高町中央公民館・由良町役場/日高町・由良町)

和歌山県行政報告会の様子

 日高町及び由良町において2巡目の「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。ご来場いただいた皆さんには、東日本大震災を踏まえて本県の最近の状況や新政策の考え方などについてお話させていただき、地域からのご意見やご質問をお聞きしました。これからも、県内各地にお伺いすることにより、より多くの方々に県での取組を知っていただくとともに、県民の皆さんの貴重なご意見をお聞きできるこうした機会を大切にしていきたいと思います。

7月11日(月)5:00 平成23年産「桃」のトップセールス(大阪市中央卸売市場/大阪府大阪市)

平成23年産「桃」のトップセールスの様子

 今年も本県産桃の主力品種「白鳳」が出荷の最盛期を迎えましたので、本県の主産地である紀の川市やJA紀の里の方々とともに、大阪市中央卸売市場でPRをしてきました。JA紀の里では、光センサー選果によって糖度の均一化を図るとともに、販売店や消費者のニーズに応じて様々な包装資材を揃えています。こうした販売力向上に向けた取組により、本県産桃への信頼と評価がさらに高まることを期待します。

7月12日(火)10:00 平成23年度全国知事会議(秋田キャッスルホテル/秋田県秋田市)

平成23年度全国知事会議の様子

 秋田県で開催された平成23年度全国知事会議に出席しました。今回の会議では、東日本大震災からの復興をはじめ社会保障と税の一体改革、地方分権改革の推進などを議題として協議しました。活発な議論の後、「原子力行政に対する国への緊急提言」などが取りまとめられ、今後、関係要路に働きかけを行っていくこととしました。

7月14日(木)10:00 第60回全国農業コンクール全国大会(和歌山市民会館/和歌山市)

第60回全国農業コンクール全国大会の様子

 先進的な農業経営や生活の改善を進める農家、団体などを広く紹介する全国農業コンクール。秋篠宮同妃両殿下のご臨席を仰ぎ、その記念すべき第60回全国大会を和歌山市で開催いたしました。今回の大会では、本県からJAわかやま生姜生産販売連絡協議会が名誉賞に、桃りゃんせ夢工房と船本幸雄さんが優秀賞に選ばれましたが、このような本大会で発表された事例が農業の未来をより魅力ある明るいものへと導くことを期待します。

7月17日(日)13:00 東日本大震災復興支援 2011年少林寺拳法和歌山県民体育大会開会式(白浜町立総合体育館/白浜町)

東日本大震災復興支援 2011年少林寺拳法和歌山県民体育大会開会式の様子

 2011年少林寺拳法和歌山県民体育大会が白浜町で開催されましたので、来賓として開会式に出席し、ご挨拶しました。大会では、子どもから大人まで幅広い年齢層から400名を超える選手が出場し、道場着姿も凛々しく、日頃の技術修練の成果を披露されました。仕事でもスポーツでも気力が大事です。特に子どもたちには、こうした修練やスポーツを通じて気力を養い、立派に成長していただきたいと思います。

7月19日(火)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

7月22日(金)18:00 和歌山県行政報告会(御坊商工会館/御坊市)

和歌山県行政報告会の様子

 御坊市において2巡目の「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。ご来場いただいた皆さんには、東日本大震災を踏まえて本県の最近の状況や新政策の考え方などについてお話させていただき、地域からのご意見やご質問をお聞きしました。これからも、県内各地にお伺いすることにより、より多くの方々に県での取組を知っていただくとともに、県民の皆さんの貴重なご意見をお聞きできるこうした機会を大切にしていきたいと思います。

7月24日(日)11:30 「和歌山県勲功爵」称号授与式及び「わかやまパンダ大使」委嘱式(アドベンチャーワールド/白浜町)

「和歌山県勲功爵」称号授与式及び「わかやまパンダ大使」委嘱式の様子

 和歌山を全国に発信してくれた功績を称え、アドベンチャーワールドのパンダたち、永明(エイメイ)、良浜(ラウヒン)、梅梅(メイメイ)に和歌山県勲功爵の称号を贈るとともに、本県出身の岡本玲さんに「わかやまパンダ大使」を委嘱しました。世界に誇るパンダファミリーのために尽力されている飼育員をはじめとするアドベンチャーワールドの方々に心から感謝申し上げます。また、岡本さんには、今後、様々な場面でパンダをはじめ本県の魅力をPRしていただきたいと思います。

7月26日(火)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

7月26日(火)13:30 アサヒビール株式会社による寄附の申出にかかる提案式(知事室)

アサヒビール株式会社による寄附の申出にかかる提案式の様子

 このたび、アサヒビール株式会社から公益財団法人和歌山県緑化推進会が運営する「世界遺産の森林を守ろう基金」への寄附のお申し出をいただきました。これは、同社が全国展開しているアサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクトの一環として県内での売上げの一部を寄附していただくもので、今回で5回目となります。アサヒビール株式会社の方々に心から感謝申し上げるとともに、寄附金は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」周辺の森林整備のために大切に使わせていただきたいと思います。

7月26日(火)18:00 わかやま産業交流サロン(フォルテワジマ/和歌山市)

わかやま産業交流サロンの様子

 異業種交流、産学官交流により、企業の新たな展開のきっかけづくりや販路拡大、経営革新等につなげるため、わかやま産業交流サロンを和歌山県経営者協会と共催しました。今回は、東京大学大学院工学系研究科教授の山口由岐夫様をお招きし、「自己組織化をベースに創発しよう」と題してご講演いただいた後、参加者の皆さんと交流していただきました。このサロンが企業の経営革新につながる場となることを期待しております。

7月27日(水)13:00 第22回紀伊半島知事会議(大師教会大講堂/高野町)

第22回紀伊半島知事会議の様子

 紀伊半島知事会議は、紀伊半島地域の広域的課題について協議し、同地域の活性化を図ることを目的として開催するもので、第22回となる今回は、高野山の大師協会大講堂をお借りして開催しました。会議では、防災対策や観光振興、過疎対策、地域の教育力向上などについて意見交換を行い、大規模災害に備えて紀伊半島を一周する高速道路の整備を国に提案していくことなどを合意しました。

7月30日(土)13:30 少年メッセージ2011和歌山県大会(橋本市教育文化会館/橋本市)

少年メッセージ2011和歌山県大会の様子

 少年メッセージ2011和歌山県大会が和歌山県青少年育成協会の主催で開催されましたので、同協会会長として出席し、ご挨拶しました。少年メッセージは、中学生が自らの考え方や将来の夢を発表することにより、少年少女たちに対する県民の皆さんの理解を深めるとともに、郷土の未来を担う若い世代の育成を図ることを目的とするもので、今回の和歌山県大会では1万2千を超える応募の中から選ばれた18名がメッセージを発表してくれました。

7月30日(土)20:30 粉河祭宵祭式典(粉河とんまか通り/紀の川市)

粉河祭宵祭式典の様子

 紀州三大祭のひとつであり、県指定無形文化財でもある粉河祭が開催されましたので、式典に出席して祝辞を申し上げました。800年以上の伝統のあるこのお祭りを守り、次の世代へ引き継ごうとされている地域の方々に心から敬意を表するとともに、県としても、こうした郷土のお祭りを守るために努力してまいりたいと考えています

このページのトップに戻る