現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成22年度9月の行動

メニューをとばす

平成22年度9月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

9月1日(水)~2日(木) トルコ訪問

トルコ訪問の様子

 明治23年にトルコの軍艦エルトゥールル号が串本町樫野埼沖で遭難した際、大島島民の方々が懸命に救助を行ったことが日本とトルコの友好の原点とされています。この遭難事件から120年目にあたる今年は、「2010年トルコにおける日本年」と位置づけられ、トルコ共和国内で各種の交流行事が開催されています。そこで、約180名の県民の皆さんとともにトルコ共和国を訪問し、メルシン市においてエルトゥールル号120年慰霊式典や日本年関連行事に参加するとともに、アブドゥッラー・ギュル大統領をはじめ、メルシン県知事やメルシン市長にお会いし、親交を深めてまいりました。このたびの慰霊式典や日本年関連行事を契機に、日本・トルコ両国の絆を、私たちの世代で途切れさせることなく、確実に次世代に受け継いでいくことをお約束したいと思います。

9月5日(日)9:00 第54回県下剣道優勝大会(ビッグホエール/和歌山市)

第54回県下剣道優勝大会の様子

 第54回県下剣道優勝大会が開催され、開会式において来賓としてご挨拶しました。この日、全国的な活躍をされた多くの選手の方々が表彰されました。そのことからも分かるように、和歌山県の剣道の水準はたいへん高くなってきています。さらに、大会に参加された選手の方々は、剣道を通じて「知」と「仁」と「勇」を身に付けておられ、このような方々がおられるかぎり、和歌山県は健在であると思います。

9月6日(月)18:30 キャンドルライトイルミネーションinあらぎ島(有田川町)

キャンドルライトイルミネーションinあらぎ島会の様子

 有田川町清水と縁の深い秋篠宮悠仁親王殿下のご生誕をお祝いするために平成19年から始まったキャンドルライトイルミネーションが今年もあらぎ島で開催され、開会式において来賓としてご挨拶するとともに、点火台に火を灯しました。その後、約1700本の竹とうろうに火が灯され、美しく幻想的な風景が浮かび上がりました。このイベントを主催されている地元有志「紀清の集い」の方々のご努力に深く敬意を表したいと思います。

9月7日(火)9:30 定例記者会見(知事室)

定例記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

9月7日(火)14:00 企業の森調印式(知事室)

企業の森調印式の様子

 県が進める「企業の森」事業に本州化学工業株式会社が新たに参画していただくこととなり、調印式を行いました。「本州化学の森・日高川」の活動は、日高川町において森林保全活動と併せて地元の皆さんとの交流も計画しており、都市と地方の交流による地域の活性化にも寄与するものと期待されます。これにより「企業の森」は、参画団体数は54団体、活動場所は55か所となり、今後この事業への県内外企業等の参画に拍車がかかるものと期待しています。

9月12日(日)9:00 平成22年度和歌山県防災総合訓練(望楼の芝/串本町)

平成22年度和歌山県防災総合訓練

 平成22年度和歌山県防災総合訓練を県と新宮市及び東牟婁郡内の町村との共同で実施し、実施本部長を勤めました。今回は、地元自主防災組織やボランティアを含めて74機関、約1500名の方々にご参加いただき、東南海・南海地震を想定して訓練を行いました。災害は何時起こるか分かりません。防災関係機関の方々におかれては、訓練を重ねて更に技量を高められ、県民の皆さんの安全を守るためにご尽力いただくことを期待します。

9月13日(月)17:00 第65回国民体育大会和歌山県選手団結団壮行式(和歌山県民文化会館/和歌山市)

第65回国民体育大会和歌山県選手団結団壮行式

 第65回国民体育大会に参加する和歌山県の選手団の士気高揚を図るとともに、県民の皆さんの国体に対する理解を深めていただくため結団壮行式を開催し、主催者を代表してご挨拶しました。選手の方々には、日頃の鍛錬の成果を精一杯発揮され、できるだけ良い成績を収められるよう激励しました。今回の国体での活躍が契機となって、和歌山県の選手が続々と育ち、5年後の「紀の国わかやま国体」では、男女総合優勝を果たし、和歌山県の旗が翻ることを期待します。

9月18日(土)12:30 きのくにスポーツフェスティバル2010総合開会式(和歌山ビッグホエール/和歌山市)

きのくにスポーツフェスティバル2010総合開会式

 平成27年の「紀の国わかやま国体」の内定を機に県民の皆さんのスポーツに対する気運を盛り上げるとともに、県民総参加の体制づくりを進めるため、きのくにスポーツフェスティバル2010を開催しています。その総合開会式に出席し、主催者を代表してご挨拶しました。「紀の国わかやま国体」の開催に向けて着々と準備が進んでおりますが、目指すところは、県がますます栄えるような国体です。県財政を圧迫することなく、県民の皆さんにスポーツに親しんでいただくことはもとより、スポーツを通じて地域おこしができるような国体にしたいと考えています。この総合開会式を契機として、「紀の国わかやま国体」の成功に向け、みんなで盛り上げよう、力を合わせて頑張ろうという気運が高まることを期待します。

9月25日(土)13:51 第65回国民体育大会総合開会式(千葉マリンスタジアム/千葉県千葉市)

第65回国民体育大会総合開会式

 第65回国民体育大会総合開会式に和歌山県選手団長として参加しました。スポーツに情熱を傾けたことがある者として、選手の方々とともに開会式に臨むことは大きな喜びであります。選手の方々には、持てる力を十分に発揮し、立派な成績を和歌山に持ち帰っていただきたいという期待を込めて激励しました。

9月29日(水)9:30 定例記者会見(知事室)

定例記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

9月29日(水)11:00 企業の森調印式(知事室)

企業の森調印式

 県が進める「企業の森」事業に和歌山県警備業協同組合が新たに参画していただくこととなり、調印式を行いました。和歌山県警備業協同組合「安全・安心の森」の活動は、田辺市において今後10年間にわたり育林していく森林保全活動で、地元の皆さんとの交流も計画しており、都市と地方の交流による地域の活性化にも寄与するものと期待されます。これにより「企業の森」は、参画団体数は55団体、活動場所は56か所となり、今後さらにこの事業への県内外企業等の参画に拍車がかかるものと期待しています。

9月29日(水)12:30 第48回全国知的障害福祉関係施設職員研究大会(和歌山県民文化会館/和歌山市)

第48回全国知的障害福祉関係施設職員研究大会

 財団法人日本知的障害者福祉協会が主催する第48回全国知的障害福祉関係施設職員研究大会が和歌山市で開催されましたので、来賓として開会式に出席し、歓迎のご挨拶をしました。古くから蘇り・癒しの地として巡礼者を誰でも分け隔てなくお迎えしてきた和歌山県に、全国から知的障害福祉に携わる方々にお集まりいただいたことを光栄に思うとともに、この大会において、障害者を支援するためのこれからの制度やシステムに関する議論が大いになされ、建設的な意見が提示されることを期待します。

このページのトップに戻る