現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成22年度7月の行動

メニューをとばす

平成22年度7月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

7月1日(木)18:30 わかやま産業交流サロン(ガーデンホテルハナヨ/田辺市)

わかやま産業交流サロンの様子

 異業種交流、産学官交流により、企業の新たな展開のきっかけづくりや販路拡大、経営革新等につなげるため、わかやま産業交流サロンを和歌山県経営者協会と共催しました。今回は、和歌山県出身で(株)長谷工コーポレーション取締役相談役の嵩聰久様をお招きし、「国づくり、企業の再生、そして故郷への思い」と題してご講演いただいた後、参加者の皆さんと交流していただきました。このサロンでの語らいの中から新産業や新事業が芽生えることを期待しております。

7月2日(金)14:00 第62回全国植樹祭和歌山県実行委員会第3回総会(和歌山県民文化会館/和歌山市)

第62回全国植樹祭和歌山県実行委員会第3回総会の様子

 第62回全国植樹祭和歌山県実行委員会第3回総会を開催し、実行委員会会長としてご挨拶しました。今回の総会では、5月に1年前記念イベントとしてプレ植樹祭を開催したことや、現在県内のほとんどの小学校で「苗木のスクールステイ」を実施していただていることなどを報告するとともに、本年度の事業計画等を審議していただきました。和歌山県での全国植樹祭が心のこもった立派な植樹祭になるように、今後とも委員の方々をはじめ、県民の皆さんのご協力をお願いしたいと考えております。

7月4日(日)10:30 一万人の参詣道保全活動 高野山町石道 道普請ウォーク(丹生官省符神社/九度山町)

一万人の参詣道保全活動 高野山町石道 道普請ウォークの様子

 「高野山町石道 道普請ウォーク」を開催し、出発式において主催者としてご挨拶しました。和歌山県では、世界に誇る世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動気運を高めつつ、その実践活動を展開するため、企業、団体、来訪者等の皆さんと連携し、一万人の参加を目標に「一万人の参詣道環境保全活動」を実施しています。このたびの道普請ウォークは、その一環として開催したもので、参加者の皆さんには、語り部と歩きながら高野山町石道の魅力を味わうとともに、道普請(土入れ)を行っていただきました。

7月4日(日)17:00 サッカーワールドカップ日本代表 駒野選手 和歌山県スポーツ特別賞表彰式(アバローム紀の国/和歌山市)

サッカーワールドカップ日本代表 駒野選手 和歌山県スポーツ特別賞表彰式の様子

 前回ドイツ大会に引き続き連続して「FIFAワールドカップ」日本代表として選出され、予選から決勝トーナメントまでフル出場で活躍された海南市出身の駒野友一選手の功績を称え「和歌山県スポーツ特別賞」をお贈りしました。私たちに、素晴らしい勇気と希望を与えていただき、本当にありがとうございました。

7月5日(月)10:50 桐蔭高等学校 記念講演(和歌山県立桐蔭高等学校/和歌山市)

桐蔭高等学校 記念講演の様子

 母校である桐蔭高等学校に招かれ、生徒を対象に講演をしました。学校から要望のあった「世界の中での日本のすばらしさ」、「ものづくりを中心とする日本のすごさ」、「郷土和歌山を勉強することの意味」等について、これまでの経験を踏まえてお話するとともに、生徒の皆さんが夢を叶え、世界で活躍するリーダーとなることを期待し、激励しました。最後に、講演内容について生徒から積極的に質問が出されたのですが、しっかりとした考えを持ち、それを実現できることを頼もしく感じました。

7月5日(月)18:00 紀の国いきいきトーク(紀三井寺公園陸上競技場/和歌山市)

紀の国いきいきトークの様子

 和歌山県テニス協会では、マナーキッズテニス委員会の方々を中心に、子どもたちにテニスに親しんでもらう中で、マナーも一緒に指導するマナーキッズテニス教室という素晴らしい活動に積極的に取り組んでいます。取組を始めたきっかけやテニス教室での特色ある指導内容をはじめ、子どもたちのマナー向上にかける熱意や今後の抱負などをお話していただきました。

7月6日(火)9:30 定例記者会見(知事室)

定例記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

7月6日(火)13:00 第6回国際協同組合デー in 和歌山(グランヴィア和歌山/和歌山市)

第6回国際協同組合デー in 和歌山の様子

 「第6回国際協同組合デー in 和歌山」が開催され、来賓としてご挨拶しました。協同組合の皆さんには、食農教育、文化活動、環境保全運動、高齢者の生活支援、防災への取組など、社会活動にも貢献していただき、いつも感謝しております。協同組合運動は、ひとりでも頑張る、仲間でも頑張る、仲間を大きくして頑張る、そういう運動であると思っています。県といたしましても、協同組合の皆さんと力を合わせ、皆さんの元気を最大限に発揮していただく中で、郷土和歌山を盛んにするように頑張ってまいりたいと考えています。

7月7日(水)14:00 日本体育協会理事会(財団法人日本体育協会/東京都)

日本体育協会理事会の様子

 財団法人日本体育協会理事会において、平成27年の第70回国民体育大会の開催地を和歌山県とすることが正式に内定いたしました。和歌山県での国体開催は、昭和46年の第26回大会以来、44年ぶりとなります。二巡目和歌山国体の開催が、本県におけるスポーツの振興はもとより、県民の皆様が全国から訪れる選手・監督、大会関係者等大勢の方々と交流の輪を広げることで、和歌山の魅力を全国に発信する機会となるよう、また、国体開催後においても、スポーツによるまちおこしやスポーツに親しめる環境づくり等、県民の皆様がスポーツを通じて幸せを実感できる「元気な和歌山」の実現に繋がるよう、全力を挙げて取り組んでまいります。

7月8日(木)13:00 第21回紀伊半島知事会議(奈良県新公会堂/奈良県奈良市)

第21回紀伊半島知事会議の様子

 第21回紀伊半島知事会議が奈良県で開催され、紀伊半島の振興について、奈良県知事及び三重県知事と意見交換をしました。会議の結果、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」をはじめとする豊富な地域資源・観光資源の保全と活用に3県が連携して取り組むことが効果的であるため、広域連携のシンボルとして「吉野・高野・熊野の国」を建国し、世界遺産等地域資源の認知度、理解度の向上と、来訪者の増加に繋がるよう事業展開に向けた検討を共同で行っていくことなどを合意しました。

7月9日(金)14:00 日進中学校における知事講演会(和歌山市立日進中学校/和歌山市)

日進中学校における知事講演会の様子

 和歌山市立日進中学校に招かれ、生徒を対象に講演しました。「夢の実現に向けて−私の歩んできた道から−」と題して、夢をもつことの大切さやその実現に向かって着実に取り組む努力の重要性についてお話しました。

7月10日(土)5:00 平成22年産「桃」のトップセールス(大阪市中央卸売市場/大阪府大阪市)

平成22年産「桃」のトップセールスの様子

 待ちに待った桃のシーズンがやってまいりましたので、大阪市中央卸売市場に紀の川の桃を持ち込み、トップセールスを行ってきました。紀の川の桃は、ただ美味しいだけでなく、残留農薬についても世界一安全であると自負しており、また、糖度を100%均一にそろえるなど、安全面・品質面ともに仲卸業者の方々や消費者の皆さんの期待に応えられる商品であることをPRしました。

7月11日(日)12:00 第92回全国高等学校野球選手権和歌山大会開会式(紀三井寺公園野球場/和歌山市)

第92回全国高等学校野球選手権和歌山大会開会式の様子

 第92回全国高等学校野球選手権和歌山大会開会式に来賓として出席し、ご挨拶しました。待ちに待った夏の甲子園に向けて和歌山県予選の始まりです。選手の皆さんは、これまで大変な努力をして、汗と涙にまみれながら練習をしてこられました。その姿こそが貴重であり、既に尊い経験をされています。これから十分にその技能を発揮されることを願い、和歌山の高校球児全員にエールを贈りたいと思います。

7月12日(月)14:00 全国高等学校総合体育大会和歌山県選手団結団壮行式(和歌山市民会館小ホール/和歌山市)

全国高等学校総合体育大会和歌山県選手団結団壮行式の様子

 全国高等学校総合体育大会和歌山県選手団結団壮行式において、来賓としてご挨拶しました。選手の皆さんは、汗と涙にまみれて必死に練習し、トップアスリートになったのですから、自信を持って和歌山県の旗を掲げ、フェアープレーの精神と敢闘精神をもって、精一杯頑張っていただきたいと思います。さらに、紀の国わかやま国体に向けて、もっともっと練習し、今度は成年の部の主力選手として活躍していただけること期待します。

7月13日(火)9:30 定例記者会見(知事室)

定例記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

7月14日(水)13:00 平成22年度全国知事会議in和歌山プレイベント シンポジウム(ホテルグランヴィア和歌山/和歌山市)

平成22年度全国知事会議in和歌山プレイベント シンポジウムの様子

 和歌山県で開催される平成22年度全国知事会議のプレイベントとして、シンポジウムを開催しました。関西広域機構の秋山喜久会長をコーディネーターにお迎えするとともに、松沢成文神奈川県知事やがんこフードサービス株式会社の小嶋淳司代表取締役会長、田辺市熊野ツーリズムビューローの多田稔子会長にパネリストになっていただき、地域主権改革のあり方などについて意見交換をしました。

7月15日(木)10:00 平成22年度全国知事会議(ダイワロイネットホテル和歌山/和歌山市)

平成22年度全国知事会議の様子

 7月15日、16日の両日に和歌山市で平成22年度全国知事会議が開催され、開催県の知事としてご挨拶するとともに、参議院選挙を踏まえた今後の知事会活動方針や地域主権改革の推進などについて議論しました。参議院選挙の結果、国会におけるねじれが発生し、今、我が国が本当に緊急に手をつけなければならないことが、政党間の対立によってすくみ合いのような形で放置されるおそれがある中で、それぞれの都道府県民の付託を受けた知事が力を合わせてこの国をリードしていこうという方向がよく示せた建設的な大会になりました。

7月16日(金)11:00 平成22年度全国知事会議 記者会見(ダイワロイネットホテル和歌山/和歌山市)

平成22年度全国知事会議 記者会見の様子

 平成22年度全国知事会議の成果について、麻生全国知事会会長(福岡県知事)らとともに、記者会見を行いました。

7月16日(金)11:30 平成22年度全国知事会議 政策勉強会(高野町)

成22年度全国知事会議 政策勉強会の様子

 平成22年度全国知事会議の終了後、和歌山県が誇る世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一端に触れていただくため、高野山において政策勉強会を実施し、金剛峯寺や奥の院などを視察していただきました。

7月20日(火)9:30 定例記者会見(知事室)

定例記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

7月30日(金)13:00 第31回 全国保育集会in和歌山(ビッグホエール/和歌山市)

全国保育集会in和歌山の様子

 全国保育集会が和歌山市で開催され、全国の公立保育所等の職員の方々がお集まりになる中、来賓としてご挨拶しました。行政には様々なテーマがありますが、絶対に忘れてならないのは、若い人たちを育てることです。特に今回の集会では、「子どものためのナショナルミニマム」と題してシンポジウムが開催されましたが、どのような地域や環境であっても、日本人としてふさわしい保育を受けられるような手当を常に考え続けていかなければならないと思います。参加された方々がこの集会で大いに研鑽され、ますますご活躍されることを期待します。

7月31日(土)13:00 少年メッセージ2010和歌山県大会(和歌山県民文化会館/和歌山市)

少年メッセージ2010和歌山県大会の様子

 社団法人和歌山県青少年育成協会主催の少年メッセージ2010和歌山県大会が開催され、同協会会長としてご挨拶しました。少年メッセージは、中学生たちに自らの意見や思いをメッセージとして発表していただくもので、今回で32回目となります。自分の思いをきちんと伝えることは大事なことですから、中学生たちがメッセージを自分で考えて、自分でプレゼンテーションすることは本当に素晴らしいことです。また、心が純粋な若い人たちの思いに大人が耳を傾け、立派な意見があればそれを採用していくことも大切です。メッセージを発表していただいた若い方々のご努力に盛大なエールを贈りたいと思います。

7月31日(土)16:30 第15回日本ジャンボリー和歌山連盟派遣団壮行式(県庁正面玄関前広場)

第15回日本ジャンボリー和歌山連盟派遣団壮行式の様子

 第15回日本ジャンボリー和歌山連盟派遣団壮行式が行われましたので、来賓としてご挨拶しました。青春とは姿形ではなく心の持ちようだと言われますが、まさにそれを表しているのがボーイスカウトであり、若い人からお歳を召した方まで一緒に活動しておられます。ボーイスカウトの方々には、先輩から後輩へ、素晴らしいボーイスカウトの精神を引き継いでいただくとともに、今回、和歌山県から日本ジャンボリーに参加される約150名の皆さんには、全国や海外の大勢の仲間とよく交流し、しっかりと自らを磨いてきていただきたいと思います。

7月31日(土)17:00 JAXAタウンミーティング(フォルテワジマ/和歌山市)

JAXAタウンミーティングの様子

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と和歌山大学観光学部の共催で、JAXAタウンミーティングが和歌山市で開催され、来賓としてご挨拶しました。降雨災害や震災が発生した場合、被災状況を迅速に把握することが重要であり、和歌山県ではJAXAと防災協定を締結し、どこでどのような災害が起こっているか、JAXAからの情報ですぐに分かるようになっています。このように、和歌山県もJAXAに大いにお世話になっていることをご紹介するとともに、和歌山県でのタウンミーティングの開催を心から歓迎申し上げます。

このページのトップに戻る