現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成22年度5月の行動

メニューをとばす

平成22年度5月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

5月3日(月)8:45 2010和歌山県知事杯テニス選手権大会開会式(紀三井寺公園テニスコート/和歌山市)

2010和歌山県知事杯テニス選手権大会開会式の様子

 2010和歌山県知事杯テニス選手権大会が開催され、開会式において来賓としてご挨拶しました。和歌山県も最近少しずつテニスが強くなってきており、5年後の和歌山国体での活躍に大いに期待を寄せています。県におきましても、昼間働いている方々が夜でも練習できるように、紀三井寺公園テニスコートにナイター設備を整備しましたので、ぜひ利用していただき、もっともっと強くなっていただきたいと思います。

5月7日(金)10:30 第61回和歌山県中学校長会研究協議会・総会(海南市民交流センター/海南市)

第61回和歌山県中学校長会研究協議会・総会の様子

 第61回和歌山県中学校長会研究協議会の総会に来賓として出席し、ご挨拶しました。教育は本当に大事であり、県行政の中でも特に力を入れている政策の一つです。学校長の皆さんには、教育は情熱であるということを念頭に置くとともに、子どもたちを育てるためにどうしたらよいかを柔らかい頭で考え、リーダーシップを発揮されることを期待します。

5月7日(金)16:00 児童福祉週間施設訪問(和歌山市旭学園/和歌山市)

児童福祉週間施設訪問の様子

 児童福祉週間(5月5日~11日)にあわせて、和歌山市旭学園を訪問し、絵本をプレゼントするとともに、子どもたちと交流し、楽しいひとときを過ごしました。子どもたちには、たくさん本を読んで、立派に成長されることを願うとともに、県といたしましても、子どもたちが安心して健やかに育つことができる環境づくりに取り組んでいきたいと考えております。

5月11日(火)9:30 定例記者会見(知事室)

定例記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

5月14日(金)9:30 近畿市長会(ダイワロイネットホテル和歌山/和歌山市)

近畿市長会の様子

 第113回近畿市長会総会が和歌山市で開催され、来賓としてご挨拶しました。「近畿は一つ」という言葉がありますが、近畿の発展のためには、近畿が本当に一つになるように、県や市といった垣根を越えて共存共栄の道筋を考えていく必要があると思います。そういった意味で、近畿の市長の皆さんが意見を出し合い、真摯に議論されることは有意義であり、この総会での議論が近畿の発展のための取組につながることを期待します。

5月15日(土)10:00 第8回和歌浦漁港朝市(和歌浦漁港/和歌山市)

第8回和歌浦漁港朝市の様子

 第8回和歌浦漁港朝市・おっとっと広場が開催され、オープニングで来賓としてご挨拶しました。もはや恒例となったこのイベントは、地元の団体や自治会の皆さんも協力して年々開催規模が大きくなり、和歌浦湾で漁獲される「わかしらす」とともに、県内だけでなく、京阪神地域の方々にも認識されるようになりました。「わかしらす」の「わか」には、「和歌山」の「わか」、「和歌浦」の「わか」、そして「若い」の「わか」の意味が込められています。和歌浦は古くからの観光地ですが、この日は、本当に大勢の皆さんの活気に溢れており、若い力で和歌浦を元気にしようという気持ちを共有することができました。

5月16日(日)14:00 松下幸之助翁の知恵に学ぶシンポジウム(和歌山市民会館/和歌山市)

松下幸之助翁の知恵に学ぶシンポジウムの様子

 和歌山県出身で、経営の神様と呼ばれている松下幸之助さんのひたむきで工夫と創意に富んだ人生は、私たちの人生モデルとなりうるものであり、その志を広く紹介することにより県民の皆さんを勇気づけたいと考え、和歌山県と関西経済連合会の共催でシンポジウムを開催しました。シンポジウムでは、関西経済連合会副会長でパナソニック(株)の松下正幸副会長と原口一博総務大臣にご講演いただくとともに、その後開催した座談会では、私が進行役を務めさせていただき、松下副会長、原口大臣に、作家の北康利さん、(株)島精機製作所の島社長を交えて意見交換をしていただきました。和歌山県では、今後も県の偉人を顕彰するシンポジウム等を開催していきたいと考えています。

5月17日(月)15:00 和歌山県行政報告会(ラフォーレ南紀白浜/白浜町)

和歌山県行政報告会の様子

 白浜町において「和歌山県行政報告会」を開催いたしました。皆さまには、現在取り組んでいる重点施策等やトピックスなどについてお話させていただき、地域からのご意見やご質問をお聞きしました。県内各地にお伺いすることにより、より多くの方々に県での取組を知っていただくとともに、皆さまの貴重なご意見をお聞きできるこうした機会を大切にしていきたいと思います。

5月18日(火)9:30 定例記者会見(知事室)

定例記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

5月18日(火)11:00 第95回和歌山県町村会定期総会(和歌山県自治会館/和歌山市)

第95回和歌山県町村会定期総会の様子

 第95回和歌山県町村会定期総会が開催されましたので、来賓として出席し、鳩山内閣が最重要課題としている地域主権改革や、過疎法の期限延長などの話も交えながらご挨拶を申し上げました。県行政を進める上で、町村と県は対等のパートナーであり、今後も県と町村がお互いに真剣な議論をしながら、協力して県全体を牽引してまいりたいと考えております。

5月18日(火)13:15 平成22年度全県市町村長会議(和歌山県自治会館/和歌山市)

平成22年度全県市町村長会議の様子

 地方行財政上の諸課題等について、県内の市町村長の皆さんと意見交換を行うため、 全県市町村長会議を開催しました。 会議では、県の平成22年度新政策についてご説明申し上げ、ご意見をお伺いするとともに、農水産物・加工食品の販売促進や関西広域連合について県の考え方等をお話した上で、議論していただきました。いずれも、県民の皆さんが未来に希望を持てるように、県と市町村が一緒になって取り組むべきテーマであり、有意義な意見交換を行うことができました。

5月20日(木)9:30 全国知事会地方分権推進特別委員会地方交付税問題小委員会(都道府県会館/東京都)

全国知事会地方分権推進特別委員会地方交付税問題小委員会の様子

 地方交付税に関する政府への提言案について検討するために開催された全国知事会の地方交付税問題小委員会に出席しました。会議では、中期財政フレームによる歳出抑制方針への対応や平成23年度地方財政対策など、提言案の内容について論議しました。地方交付税の確保は、和歌山県においても重要な事項ですから、このような全国知事会の提言をはじめ、県単独でも政府に要望してまいりたいと考えています。

5月23日(日)10:20 第61回全国植樹祭(神奈川県秦野市)

第61回全国植樹祭の様子

 神奈川県で開催された第61回全国植樹祭において、天皇皇后両陛下のご臨席のもと、リレーセレモニーが行われ、神奈川県知事から「全国植樹祭シンボル」を引き継ぎました。来年和歌山県で開催する第62回全国植樹祭では、先人が守り育ててきた豊かで多様な森林と木の文化を、より良い姿で未来に引き継いでいくため、次の世代を担う多くの子どもたちに苗木を育ててもらい、緑を慈しむ気持ちを大いに醸成したいと考えています。

5月24日(月)11:30 企業のふるさと覚書調印式(知事室)

企業のふるさと覚書調印式の様子

 和歌山県では、企業にCSRの一環として、県内の農村地域の資源を活用しながら、地域の方々とともに地域の景観保全等に参画していただくプログラム「企業のふるさと」を進めており、このたび、関西電力労働組合和歌山地区本部にご賛同いただき、NPO法人熊野本宮と協働活動を展開していただくことになりました。今回で第2号となりますが、今後、さらにこの取組が県内の各地に波及し、地域活性化に向けた新たな仕組みとして定着していくことを期待しています。

5月24日(月)14:30 和歌山県町村議会議長会定期総会(和歌山ビッグ愛/和歌山市)

和歌山県町村議会議長会定期総会の様子

 和歌山県町村議会議長会第62回定期総会に来賓として出席し、ご挨拶しました。県の行政を進める上で、地域の住民の方々の意見をお伺いすることは重要であり、地域の方々の代表である町村議会の皆さんとも大いに意見交換をするなかで、市町村と力を合わせて和歌山県を良くしてまいりたいと考えています。

5月25日(火)9:30 定例記者会見(知事室)

定例記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

5月26日(水)14:00 平成22年和歌山県知事表彰(アバローム紀の国/和歌山市)

平成22年和歌山県知事表彰の様子

 公共の福祉増進に功労のあった方、その他広く県民の模範となるべき方の功績を称える知事表彰は、昭和28年から始まり、今回で58回目を迎えました。本年は、地方自治の振興、保健福祉の増進、産業の振興、地域おこしなど8分野で52名、10団体の方々に表彰状と記念品を贈呈いたしました。受賞された皆さんの功績は心打たれるものばかりであり、県民を代表して敬意を表します。

5月27日(木)13:30 和歌山県交通事故をなくする県民運動推進協議会総会(和歌山ビッグ愛/和歌山市)

和歌山県交通事故をなくする県民運動推進協議会総会の様子

 和歌山県交通事故をなくする県民運動推進協議会総会に出席し、 協議会会長としてご挨拶するとともに、交通安全功労者や平成22年度交通安全年間スローガン最優秀賞受賞者の方々に表彰状をお贈りしました。和歌山県では、昨年、飲酒運転による死亡事故が無く、また、シートベルトの着用率が大幅に改善されるなど、だんだんと取組の成果が現れてきています。しかし、高齢者の交通事故が増加するなどの新たな問題も発生しており、気を引き締めて頑張らないといけません。今後も交通事故の死亡者をできるだけゼロに近づけ、また、交通事故そのものをできるだけ少なくするため、県民の皆さん一人ひとりにご協力をいただき、取り組んでまいりたいと考えています。

5月28日(金)13:00 (社)和歌山県観光連盟平成22年度通常総会(アバローム紀の国/和歌山市)

(社)和歌山県観光連盟平成22年度通常総会の様子

 和歌山県観光連盟平成22年度通常総会に出席し、会長としてご挨拶するとともに、和歌山県の観光振興に功績のあった方々や団体の表彰を行いました。受賞者の方々には、心から感謝の念を捧げます。和歌山県では昨年、県民みんなで観光を盛んにしていこうと、観光立県推進条例を制定しました。これまでも、総会に出席された方々をはじめ、県民の皆さんには、観光振興に多大のご尽力をいただいておりますが、今後もさらに、力を合わせて取り組んでまいりたいと考えています。

5月29日(土)10:30 日高川町有害鳥獣食肉処理加工施設開所式(日高川町)

日高川町有害鳥獣食肉処理加工施設開所式の様子

 日高川町有害鳥獣食肉処理加工施設開所式に来賓として出席し、ご挨拶しました。深刻化する鳥獣被害を軽減するためには、有害鳥獣を多く捕獲するだけでなく、捕獲した鳥獣を食肉として利用することも重要です。そのためには、今回開設されたような加工施設が必要であり、日高川町が町おこしを兼ねて日高地域初のこのような施設を開設されたことに敬意を表するとともに、県としても、加工された食肉の流通ルートの確立や需要拡大も含めて支援してまいりたいと考えています。

5月30日(日)9:00 平成22年度紀の川合同水防演習(紀の川左岸河川敷/和歌山市)

平成22年度紀の川合同水防演習の様子

 水害から県民の皆さんの生命と財産を守るため、防災関係機関が災害応急対策を迅速かつ的確に実施できるように、国、県及び紀の川周辺の市、町が合同で水防演習を実施しました。消防団をはじめ自治会、医師会、報道機関など関係各方面からご参加いただき、土のうづくりから避難誘導、緊急放送、救助等に至るまで様々な訓練を行いました。近年、地球温暖化に伴う気候変化により、大雨の増加、台風の激化等水災害の発生リスクの増大が懸念されていますが、県民の皆さんにも、水防への理解を深め、防災意識を高めていただきたいと考えています。

5月31日(月)15:15 平成22年度和歌山県知事・近畿地方整備局長会議(アバローム紀の国/和歌山市)

平成22年度和歌山県知事・近畿地方整備局長会議の様子

 近畿地方整備局の所管事業に関する政策的・施策的な事項について意見交換を行うため、平成22年度和歌山県知事・近畿地方整備局長会議が開催されました。会議では、近畿地方整備局長から平成22年度の国直轄事業の説明を受けた後、道路整備や治水対策などついて、要望や意見を申し上げました。

このページのトップに戻る