現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成22年度2月の行動

メニューをとばす

平成22年度2月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

2月1日(火)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

2月1日(火)13:00 和歌山市自治会連絡協議会との県政懇談会(アバローム紀の国/和歌山市)

和歌山市自治会連絡協議会との県政懇談会の様子

 和歌山市自治会連絡協議会との県政懇談会を開催し、日々地域の課題解決のためにご尽力されている市内42地区の連合自治会長の皆さんから、住民の方々の生活に根ざした貴重なご意見をお聞きしました。連合自治会長をはじめ自治会の方々の活動に心から感謝申し上げるとともに、お伺いしたご意見は、地域の発展とそこに暮らす方々の生活向上のため、できるかぎり県政に反映してまいります。

2月1日(火)15:00 和歌山放送主催第86回情報懇談会(アバローム紀の国/和歌山市)

和歌山放送主催第86回情報懇談会の様子

 和歌山放送が主催する第86回情報懇談会「第62回全国植樹祭開催記念シンポジウム」が開催され、パネリストとして出席しました。「緑豊かな地球の未来のために~紀の国からの提言」をテーマに意見交換が行われ、第62回全国植樹祭への取組についてお話しました。この植樹祭を成功させるとともに、多様な森と木の文化を子どもたちに引き継いでいきたいと考えています。

2月4日(金)10:30 平成22年度和歌山県文化表彰式(正庁)

平成22年度和歌山県文化表彰式の様子

 文化功労賞は、長年にわたり文化活動の向上発展に貢献された方を、また、文化奨励賞は、すぐれた文化の創造と普及活動を続け、将来一層の活躍が期待できる方の功績を称えるものです。今年度、文化功労賞は、芸術(劇作家・演出家)、伝統芸能(能楽師)の分野での功労が特に顕著である2名の方を、文化奨励賞は、芸術(ネイチャー・フォトグラファー)、学術(生化学)、伝統芸能(雅楽)の分野で活躍された2名、1団体の方を表彰いたしました。

2月4日(金)13:30 平成22年度和歌山県農業士・グリーンワーカー・漁業士認定式(アバローム紀の国/和歌山市)

平成22年度和歌山県農業士・グリーンワーカー・漁業士認定式の様子

 農林水産業の中核的な担い手であり、かつ地域振興のリーダーとして活動されている方々88名に、それぞれ農業士、グリーンワーカー、漁業士の認定証をお渡ししました。また、長年にわたり指導農業士、指導漁業士として活躍され、本年度末に退任される11名の方々に感謝状をお贈りしました。和歌山の農林水産業の安全・安心を支える皆さんの、今後一層のご活躍を期待します。

2月4日(金)15:00 平成21年度完成工事和歌山県優良工事表彰式(正庁)

平成21年度完成工事和歌山県優良工事表彰式の様子

 和歌山県では、公共工事の品質を確保し、良質な社会資本を整備するために県内建設事業者の技術力の向上に取り組んでいます。その一環として、県が発注した建設工事のうち、特に優秀な工事を施工した建設事業者及び監督した技術者の表彰を行いました。本年度は、第7回目の表彰となり、優秀な技術と適正な施工により品質、出来映え等が優れた他の模範となる工事を施工された4社を表彰いたしました。

2月5日(土)11:00 紀の川模擬国体成年女子ソフトボール大会開会式(紀の川市貴志川スポーツ公園野球場/紀の川市)

紀の川模擬国体成年女子ソフトボール大会開会式の様子

 「紀の国わかやま国体」のソフトボール競技(成年男女・少年男子)の会場となる紀の川市貴志川スポーツ公園野球場で開催された「紀の川模擬国体成年女子ソフトボール大会」の開会式に大会名誉会長として出席し、ご挨拶しました。この大会は、国体の成功に向けた気運の醸成等を目的に、紀の川市が中心となって開催したもので、北京オリンピック金メダリストの上野由岐子投手らが所属する女子ソフトボールチームのルネサスエレクトロニクス高崎と和歌山選抜チームとの試合などが行われました。この大会を機に、県民の皆さんのスポーツへの関心がさらに高まるとともに、地域に根ざしたスポーツ振興が図られることを期待します。

2月5日(土)12:30 和歌山県歯科医師会創立100周年等記念式典(ホテルグランヴィア和歌山/和歌山市)

和歌山県歯科医師会創立百周年等記念式典の様子

 和歌山県歯科医師会創立100周年等の記念式典に来賓として出席し、ご挨拶しました。歯科医師会の方々は、地域における診療だけでなく、学校医として子どものむし歯予防を推進するとともに、歯科保健に関する啓発に取り組まれるなど、県民の皆さんの健康を守るため多大な貢献をされています。県としても、県民の皆さんが生涯、自らの歯で食べることができる和歌山県を目指して、歯科医師や歯科衛生士の方々とともに、8020運動など歯や口腔の健康を守るための事業を推進してまいりたいと考えています。

2月6日(日)8:50 第16回adidas・紀州口熊野マラソン大会開会式(上富田町役場/上富田町)

第16回adidas・紀州口熊野マラソン大会開会式の様子

 第16回adidas・紀州口熊野マラソンが5千人を超える過去最高の参加者をお迎えし、盛大に開催されましたしたので、開会式に出席し、祝辞を申し上げました。史跡の溢れる口熊野から中辺路を舞台に開催される本大会は、競技区分が2kmからフルマラソン、ウォーキングまであり、幅広い年齢層に参加していただける大会として、年々規模が大きくなってきています。主催者をはじめボランティアとして協力された地域の方々に心から敬意を表するとともに、県としても、「紀の国わかやま国体」の開催に向けてスポーツ振興を図ってまいります。

2月7日(月)11:00 平成22年度和歌山県農林水産業賞表彰式(正庁)

平成22年度和歌山県農林水産業賞表彰式の様子

 和歌山県農林水産業賞は、農林水産業及びこれに関連する産業の振興・発展並びに農山漁村の活性化に貢献され、その業績が特に優れ、他の模範となる方を顕彰するものです。今年度は、農業部門で11名、1団体、林業部門で3名、水産業部門で2名の方々を表彰いたしました。受賞された方々の日頃のご努力に深く敬意を表します。

2月7日(月)13:30 平成22年度私立専修学校各種学校卒業予定の優秀者に対する知事賞授与式(正庁)

平成22年度私立専修学校各種学校卒業予定の優秀者に対する知事賞授与式の様子

 この表彰は、専修学校・各種学校の振興と実生活に必要な技能の研鑽及び教養の向上に寄与することを目的として、特に品行方正、学力優秀で他の模範となる卒業生にお贈りするものです。44回目となる今年度は、看護や料理、介護福祉など10分野から17名の方々を表彰いたしました。受賞者をはじめ専修学校・各種学校の卒業生の皆さんには、今後、それぞれの学校で学び身に付けた知識や技術を活かし、元気な和歌山を担う社会人・職業人として活躍されることを期待します。

2月8日(火)10:30 第62回全国植樹祭特別委員会(衆議院議長公邸/東京都)

第62回全国植樹祭特別委員会の様子

 衆議院議長公邸で開催された第62回全国植樹祭特別委員会において、本年5月22日に和歌山県で開催する全国植樹祭の実施計画(案)が審議のうえ承認されました。会議では、開催県の知事としてご挨拶し、大会テーマ(「緑の神話 今 そして未来へ 紀州木の国から」)などについてお話しました。今後、この実施計画に基づき、全国植樹祭開催に向けて万全の準備を進めてまいります。

2月8日(火)14:00 2011体験・学び・感動の修学旅行セミナー(ホテルメトロポリタンエドモント/東京都)

2011体験・学び・感動の修学旅行セミナーの様子

 和歌山県が持つ豊かな自然や深い歴史、伝統産業などを、そこに住む人々とのふれあいの中で体験していただく体験交流型観光「ほんまもん体験」。この「ほんまもん体験」の持つ教育的効果を知っていただくことにより、首都圏からの修学旅行の誘致を一層推進するため、「2011体験・学び・感動の修学旅行セミナー」を東京で開催し、教育関係者や旅行会社の方々を対象にトップセールスを行いました。

2月9日(水)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

2月9日(水)13:00 黒潮フルーツライン区域農用地総合整備事業完工式(日高郡印南町宮ノ前地内)

黒潮フルーツライン区域農用地総合整備事業完工式の様子

 印南町とみなべ町にまたがる農用地約3千ヘクタールの農業活性化に資するため、森林総合研究所森林農地整備センターが実施してきた黒潮フルーツライン区域農用地総合整備事業の完工式が行われ、来賓として出席しました。この事業で農用地と農業用道路が整備されたことにより、収穫量の増加が見込まれるとともに、農作物の荷傷み防止や移動時間の短縮が図られます。今後、農業を核とした活力ある地域づくりが進むことを期待するとともに、県としても、県産農産物の競争力を強化するための施策を展開し、この地域がさらに発展するように努力していまいります。

2月11日(金)10:00 梅まつり並びに内中源蔵翁頌徳慰霊祭(日高郡みなべ町)

梅まつり並びに内中源蔵翁頌徳慰霊祭の様子

 梅の生産量日本一を誇るみなべ町の南部梅林で行われた内中源蔵翁頌徳慰霊祭に出席しました。この慰霊祭は、明治時代に梅の一大産地作りを先導した内中源蔵翁の遺徳を称えるために毎年2月の梅まつりの期間中に催されているものです。先人の功労に対する感謝の気持ちを忘れることなく努力されているこの産地の方々に敬意を表するとともに、県としても、この地域が今後も梅とともに栄えるよう応援していきたいと思います。

2月15日(火)9:30 定例記者会見(記者会見室)

定例記者会見の様子

 記者会見室において、記者会見を行いました。

2月15日(火)13:00 第5回わかやま産品商談会 in大阪(大阪マーチャンダイズ・マート/大阪府大阪市)

第5回わかやま産品商談会 in大阪の様子

 県内の農水産物・加工食品の販路開拓を支援するため、「第5回わかやま産品商談会 in大阪」を開催しました。これは、県をあげたセールスプロモーションであり、年々参加されるバイヤーの方々も増えてきています。今回は新規出展18事業者を含む80事業者に出展していただくとともに、県内の商業を学ぶ3校の高校生にも実践教育の場として商談会に参加していただきました。会場には、「プレミア和歌山」コーナーや県産食材を用いたフードコーナーを設け、本県の魅力的な食材をPRするとともに、来場者の方々をおもてなししました。

2月18日(金)11:00 第62回全国植樹祭協賛目録受領及び感謝状贈呈式(知事室)

第62回全国植樹祭協賛目録受領及び感謝状贈呈式の様子

 和歌山県森林組合連合会、和歌山県木材協同組合連合会、紀州林業懇話会の3団体から第62回全国植樹祭の記念式典で天皇皇后両陛下がお使いになる「御机」「お手植え台」「お手播き箱」などの木製品一式の協賛をいただくこととなり、協賛目録の受領及び感謝状贈呈式を行いました。両陛下が直接お使いになるものを紀州材でお作りいただき、心から感謝申し上げます。

2月18日(金)13:00 第49回和歌山県スポーツ賞表彰式(アバローム紀の国/和歌山市)

49回和歌山県スポーツ賞表彰式の様子

 本県のスポーツ振興に功績があった方や優秀な成績を収めた方の功績を称える和歌山県スポーツ賞。今回は、84名、26団体の方々にお贈りしました。受賞された方々のご活躍は、まさに県民の皆さんの励みになるものです。これからも、選手として、また指導者として大いに活躍されることを期待するとともに、県においても、「紀の国わかやま国体」に向けてスポーツ環境の整備を進めてまいりたいと考えています。

2月18日(金)14:00 和歌山県都市自治連絡協議会との県政懇談会(アバローム紀の国/和歌山市)

和歌山県都市自治連絡協議会との県政懇談会の様子

 和歌山県都市自治連絡協議会(県内主要都市の連合自治組織の会長・副会長で構成)との県政懇談会を開催しました。この懇談会は、地域の課題等について連合自治組織の方々と意見交換をするために毎年開催しているものです。各地域のリーダーとして日々ご活躍されている連合自治組織をはじめ自治会の方々のご努力に心から敬意を表するとともに、お伺いしたご意見は、地域の発展とそこに暮らす人々の生活向上に向けて、できるかぎり県政に反映してまいります。

2月20日(日)10:30 第10回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会開始式(紀三井寺公園陸上競技場/和歌山市)

第10回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会開始式の様子

 小中学生が郷土の誇りをかけてタスキをつなぐ和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会。その開会式に大会会長として出席し、選手の皆さんを激励しました。第10回を迎えた今回は、市町村代表29チームとオープン参加14チームの合計43チームが出場しました。大会の運営にご協力いただいたボランティアをはじめ関係の方々、沿道住民の皆さんに心から感謝申し上げます。

2月22日(火)11:30 第62回全国植樹祭協賛目録受領及び感謝状贈呈式(知事室)

第62回全国植樹祭協賛目録受領及び感謝状贈呈式の様子

 財団法人新庄愛郷会及び田辺市新庄町内会連合会から第62回全国植樹祭和歌山県実行委員会に協賛をいただくこととなり、協賛目録受領及び感謝状贈呈式を行いました。全国植樹祭の成功を祈念して協賛してくださった新庄地区の皆さんに心から感謝申し上げます。このたびの協賛金は、天皇陛下の御製碑の建立や天皇皇后両陛下がお手植えされた樹木の定植地の整備などに活用させていただきます。

2月26日(土)16:00 臨時全国知事会議(都道府県会館/東京都)

臨時全国知事会議の様子

 都道府県会館で開催された全国知事会議に出席しました。会議では、「国と地方の協議の場に関する法律案」などの地域主権関連3法案や総合特区法案、国の出先機関原則廃止、NPO新認定制度、社会保障と税の一体改革及び地方消費税、二元代表制の在り方等について協議を行いました。協議の結果、地域主権関連3法案について今国会で最優先の成立を求めることなどが決定されました。

2月27日(日)13:30 国道371号バイパス建設促進決起大会(和歌山県立橋本体育館/橋本市)

国道371号バイパス建設促進決起大会の様子

 橋本市と大阪府河内長野市を結ぶ国道371号バイパスの早期完成を目指し、国道371号バイパス建設促進決起大会が橋本市で開催されましたので、来賓として出席し、ご挨拶しました。国道371号は、橋本市を中心とする紀北地方を活性化する上で要となる幹線道路であり、バイパスの完成は地域住民の方々の悲願でもあります。本県側の橋本バイパスについては、平成25年全線供用を目標に整備を進めているところであり、府県間トンネルについても、国及び大阪府に強く働きかけてまいります。

このページのトップに戻る