現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成22年度11月の行動

メニューをとばす

平成22年度11月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

11月2日(火)10:00 定例記者会見(知事室)

定例記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

11月3日(水)10:00 第9回和歌浦漁港朝市(和歌浦漁港/和歌山市)

第9回和歌浦漁港朝市の様子

 恒例となった和歌浦漁港の朝市「しらすまつり」が開催されましたので、オープニングに来賓として出席し、ご挨拶しました。春と秋に開催されるこのイベントも今回で9回目を迎え、1万人を超える来場者で賑わいました。ここまで「しらすまつり」が発展してきたのも、地域の方々をはじめとする民間の皆さんが和歌浦を元気にしようと頑張ってこられたからです。こうした民間の取組を一生懸命支える県行政でありたいと思います。

11月3日(水)13:00 第44回和歌山県海軍飛行予科練習生戦没・物故者慰霊祭(護国神社境内/和歌山市)

第44回和歌山県海軍飛行予科練習生戦没・物故者慰霊祭の様子

 第44回和歌山県海軍飛行予科練習生戦没・物故者慰霊祭が執り行われましたので、来賓として出席し、ご挨拶しました。わが国の平和と繁栄は、予科練出身の飛行兵をはじめ、多くの方々の尊い犠牲の上に成り立っています。二度とこのような戦争の惨禍を繰り返すことのないように、戦争の悲惨さと平和の尊さを後世に語り継ぎ、郷土のさらなる発展のため不断の努力を続けていくことをお誓いしました。

11月5日(金)11:00 平成22年秋の叙勲及び第15回危険業務従事者叙勲伝達式(正庁)

平成22年秋の叙勲及び第15回危険業務従事者叙勲伝達式の様子

 平成22年秋の叙勲及び第15回危険業務従事者叙勲が発令され、このたび和歌山県から、国家又は公共に対する功労の優れた方を対象とする叙勲に42名、著しく危険性の高い業務に精励された方を対象とする危険業務従事者叙勲に17名の方々が受章に浴されました。そのうち、総務省、消防庁及び厚生労働省関係で受章された方々(受章者29名、うち出席者26名)に勲記と勲章を伝達させていただきました。受章された方々は和歌山県の誇りであり、献身的なご努力と不断のご苦労に敬意を表するものです。 なお、その他の省庁の関係の叙勲を受章された方々には、各省庁から伝達が行われます。

11月6日(土)9:00 第7回家庭用品まつり・第14回海南家具まつり・第22回紀州漆器まつり合同開会式典(海南市総合体育館/海南市)

第7回家庭用品まつり・第14回海南家具まつり・第22回紀州漆器まつり合同開会式典の様子

 第7回家庭用品まつり、第14回海南家具まつり及び第22回紀州漆器まつりの合同開会式典が海南市総合体育館で開催されましたので、来賓として出席し、ご挨拶しました。これらの各業界では、海外販路の開拓やライフスタイル提案型の商品投入等により長引く景気低迷を乗り越えようと頑張っておられます。県においても、こうした業界の頑張りに応えられるように、「わかやま産品販路開拓アクションプログラム2010」を策定し、県内の優れた製品の販路開拓等を支援しているところです。

11月6日(土)10:00 第44回和歌山県技能者のつどい・わかやま技能フェスティバル2010(和歌山地域地場産業振興センター/和歌山市)

第7回家庭用品まつり・第14回海南家具まつり・第22回紀州漆器まつり合同開会式典の様子

 技能尊重の気運を高めるとともに、技能者の社会的評価と技能水準の向上を図るため、「第44回和歌山県技能者のつどい」を開催し、主催者を代表してご挨拶するとともに、和歌山県技能賞等の表彰を行いました。受賞者の方々が永年にわたりそれぞれの分野で技術を磨き、産業の発展に寄与されるとともに、次代を担う技能者を育成してこられたことに、深く敬意を表します。
 また、その後引き続き開催された「わかやま技能フェスティバル2010」では、様々な技能に関する展示、実演、体験等のコーナーが設けられました。少子化や団塊の世代にあたる熟練技能者の引退が進みつつある今、次代を担う技能者の確保・育成が課題となっており、こうした機会に多くの若い方々に技能の素晴らしさや大切さを知っていただきたいと思います。

11月7日(日)10:00 第64回和歌山県美術展覧会表彰式(和歌山県立近代美術館/和歌山市)

第64回和歌山県美術展覧会表彰式の様子

 広く美術作品の公募を行い、優れた作品を審査・選考のうえ紹介することで、県民の皆さんのさらなる創作意欲の喚起を図ることを目的として開催する和歌山県美術展覧会。第64回を迎えた今年は、洋画、書、写真など7部門に500点の出品があり、このうち83点が入賞、207点が入選されました。入賞・入選の栄を讃えるとともに、今後の更なるご活躍を期待します。

11月7日(日)14:00 わかやま観光立県宣言セレモニー(和歌山県民文化会館/和歌山市)

わかやま観光立県宣言セレモニーの様子

 本年4月、和歌山県議会議員発議による和歌山県観光立県推進条例が施行され、毎年11月7日から11月13日の間が「観光週間」と定められました。今回は、第1回目の観光週間としてセレモニーを開催し、坂本冬美さんのミニライブや和歌山の祭りと伝統芸能の披露を行うとともに、県民総参加による観光立県の実現に向けて全力で取り組んでいくことを誓い、「わかやま観光立県」の宣言を行いました。和歌山は、世界遺産をはじめとする歴史・文化遺産、豊かな自然、心を癒す温泉など、多くの観光資源に恵まれています。県民の皆さん一人ひとりが、その魅力を知り、ふるさと和歌山に誇りを持ち、心温まるおもてなしで観光客をお迎えし、和歌山の素晴らしさを伝えていただきたいと思います。

11月9日(火)10:00 定例記者会見(知事室)

定例記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

11月30日(火)11:00 和歌山県議会開会300回記念式典(アバローム紀の国/和歌山市)

和歌山県議会開会300回記念式典の様子

 和歌山県議会の通算300回の開会を記念して式典が執り行われましたので、来賓として出席し、祝辞を申し上げました。和歌山県議会は、その長い歴史において、様々な出来事を経験する中で、和歌山県の発展のために多くの条例を制定し、その中には全国的に素晴らしい評価を得ているものもあります。今、和歌山県においては、経済浮揚、交通インフラの充実、安心・安全のレベルアップなど多くの課題を抱え、また、全国植樹祭や紀の国わかやま国体の成功を勝ち取っていかなければなりません。県議会議員の皆さんと一緒に力を合わせて、これらの課題に取り組んでまいりたいと考えています。

このページのトップに戻る