現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成20年度9月の行動

メニューをとばす

平成20年度9月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

9月3日(水)9:30 知事記者会見(知事室)

知事記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

9月3日(水)12:15 第63回国民体育大会(会期前実施競技)和歌山県選手団壮行式(アバローム紀の国/和歌山市)

第63回国民体育大会(会期前実施競技)和歌山県選手団壮行式

9月27日より大分県で開催される「チャレンジ!おおいた国体」。その会期前の11日から実施される水泳、ゴルフ、フェンシングの3競技に出場する選手や監督の皆さん、約100名が参加された壮行式に出席しました。
壮行式では、選手の皆さんのご活躍を期待して激励を行うとともに、選手代表の方より「県代表として誇りを持ち、正々堂々と競技してきます」と力強い決意の言葉をいただきました。

9月5日(金)13:00 第70回国民体育大会和歌山県準備委員会第2回総会(アバローム紀の国/和歌山市)

第70回国民体育大会和歌山県準備委員会第2回総会

2015年(平成27年)に和歌山で開催される和歌山国体に向け、県では各委員会等により諸準備を整えているところです。
この第2回目の準備委員会では、県スポーツの競技水準を高めるため、競技力向上対策本部を設立するなど、種々の施策を開始していることをご報告するとともに、今後も一層、組織的・継続的にスポーツ振興を推進していくことの抱負を述べました。
委員会ではこの他、全38競技のうち、33競技の会場地を第一次選定として決定しました。

9月6日(土)18:15 キャンドルライトイルミネーションinあらぎ島(有田川町)

キャンドルライトイルミネーションinあらぎ島

秋篠宮妃殿下紀子様の生家・川嶋家にゆかりのある有田川町。蛇行する有田川沿いに、海に浮かぶ半島のように扇形に広がるあらぎ島は、日本の棚田百選に選ばれた有田川町の名勝です。
悠仁親王殿下の満2歳のお誕生日であるこの日、1700本の竹とうろうがあらぎ島に灯されるイベントに出席し、ご挨拶を行いました。暗闇に幻想的に浮かび上がるあらぎ島に、参加された方々からは歓声が上がっていました。

9月7日(日)9:00 平成20年度和歌山県防災総合訓練(打田グラウンド/紀の川市)

平成20年度和歌山県防災総合訓練

この訓練は今年で45回目の開催となるもので、今回は和歌山県・大阪府・奈良県との県境付近を震源とするマグニチュード7.3の直下型地震が発生し、家屋の倒壊や火災等で多数の死傷者が発生したという想定のもと、約1900人が参加し、訓練が行われました。
県や自治体、陸上自衛隊だけでなく、地域住民の参加を目的とした訓練の中では、避難訓練や医療救護訓練だけでなく、地元高校生による炊き出しやAED(自動体外式除細動器)の使用講習、起震車による地震体験等が行われました。

9月8日(月)9:30 知事記者会見(知事室)

知事記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

9月8日(月)15:30 企業の森調印式(知事室)

企業の森調印式

「企業の森」とは、企業や労働組合等の皆さんに、社会・環境貢献活動、また地域との交流活動の一環として、県内の森林環境保全に様々なかたちで取り組んでいただく事業を総称するものです。
この度、家庭用殺虫剤等を製造する大日本除虫菊株式会社が運営する財団法人上山遺児育英会に、新たに企業の森に参加いただくことが決定し、調印式を行いました。

9月10日(水) 由良町・日高町 訪問(由良町・日高町)

由良町・日高町 訪問

和歌山県中部に位置する由良町、日高町を訪問しました。
青い海に真っ白な石炭岩が突き出す由良町白崎海岸。この夏に始めた漁船クルーズが人気を博しています。今後の観光資源として期待されていることなどを含め、農業や漁業、商工関係者と意見を交換しました。
また日高町では、デンマークフレデリクスハウン市と友好親善を深めている田杭区の関係者と懇談しました。この友好親善は、1957年に日の岬沖で火災を起こしていた日本船を救助しようと暗夜の激浪の海に飛び込んで39歳の若さで命を落としたデンマーク船のヨハネス・クヌッセン機関長の勇気ある行動がきっかけとなったものです。

9月12日(金)10:30 公立幼稚園PTA連合会総会(和歌山県民文化会館/和歌山市)

知事挨拶の様子

公立幼稚園PTA連合会総会に出席し、祝辞を述べました。
教育の問題は最も重要だと考えており、特に幼稚園の頃から心の教育を念頭に置いて、考える力を養っていってほしいと思います。 そのためにも、PTAの活動が子どもたちにとってよいものになるよう、今後ますます研鑽を深められることを期待しています。

9月20日(土)12:30 第58回和歌山県母子寡婦福祉大会(有田市)

知事挨拶の様子

和歌山県母子寡婦福祉大会に出席し、ご挨拶しました。
和歌山の方々の暮らしがまだまだ良くなっていないなか、母子寡婦の方々が安心して子育てできる環境と、経済的な安定を確保することが不可欠です。
挨拶のなかで、皆さんがしっかりと生活していけるよう、県が皆さんと手を携えて頑張ってまいりますと決意を述べました。

9月24日(水)5:20 和歌山県産柿のトップセールス(大阪市中央卸売市場/大阪市)

和歌山県産柿のトップセールス

柿の生産は、和歌山県が日本一を誇ります。特に主力品種である「刀根早生柿」が出荷ピークを迎えるのを前に、一般消費者や市場関係者の皆さんに美味しい柿を召し上がっていただく機会を増やすため、大阪市中央卸売市場においてセールスを行いました。
今年の柿は、夏の熱い太陽に照らされ、甘く仕上がっています。食の安全が問題になるなか、美味しいだけでなく、出荷前検査も行っている安全・安心な和歌山の柿を、ぜひ味わってください。

9月28日(日)~10月4日(土) スペイン訪問

知事挨拶の様子

和歌山県が誇る世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」。世界的に珍しい「道の世界遺産」として、和歌山県とスペイン・ガリシア州「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の2ヶ所のみが登録されています。
両者の「姉妹道」としての友好提携から10周年を記念して、写真展やコンサート、講演会等の共同プロモーションを両国、そしてパリにおいて実施・PRするため、スペインを訪問しました。

このページのトップに戻る