現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成19年度6月の行動

メニューをとばす

平成19年度6月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

6月1日(金)10:00 和歌山県議会全員協議会(和歌山県議会本会議場)

協議会の様子

「公正な入札制度の確保等について」を議題として県議会が開いた全員協議会に出席し、公共調達委員会が談合防止策についてまとめた報告書の内容や、入札制度改革の方向性について説明しました。
6月15日に新たな入札制度を公表し、7月1日より随時導入の予定ですが、県民の方々や議会の意見をうかがいつつ改革を進めていきます。

6月2日(土)13:00 和歌山大学経済学部観光学科設置記念式典(和歌山大学栄谷キャンパス/和歌山市)

記念式典の様子

今年4月に新設された和歌山大学の観光学科の開設記念式典に出席し、ご挨拶しました。
関係者約500人が出席した記念式典では、観光学科第1期生となる学生の代表が、今後の国際交流や地域活性化にむけての抱負を述べました。
和歌山大学では来年度の観光学部開設を目指しており、今後の発展が期待されます。

6月4日(月)17:30 梅の日制定に係る安倍総理表敬訪問(総理官邸/東京都)

会談の様子

「紀州梅の会」が昨年4月に制定した6月6日の「梅の日」を前に総理官邸を訪問し、これから出荷の最盛期を迎える「南高梅」をPRしました。
「紀州梅の会」は、日本一の生産量を誇る紀州梅の消費拡大を図ることを目的として昭和44年に発足したもので、「梅の日」は、室町時代、6月6日の五穀豊穣祈願において梅が京都の賀茂神社に献上されたとの故事にちなんでいます。

6月5日(火)14:30 和歌山県経営者協会創立60周年記念式典(ホテルグランヴィア和歌山/和歌山市)

式典の様子

和歌山県経営者協会の創立60周年記念式典に出席し、ご挨拶しました。

6月6日(水)13:30 和歌山県交通指導員会連絡協議会通常総会(プラザホープ/和歌山市)

感謝状贈呈

和歌山県交通指導員連絡協議会総会に出席し、祝辞を述べました。
また、日頃各地区で活動している交通指導員の方々に感謝状を贈呈しました。県内では1,043名(うち女性92名)の交通指導員が、通学路などで交通安全指導等の交通事故防止活動を行っています。
総会後は、飲酒運転による重大事故の多発や、高齢者が絡む交通事故の増加など喫緊の課題に対応する目的で「交通事故の現状と対策について」と題した講習会が開かれました。

6月6日(水)16:00 和歌山県体育協会総会(アバローム紀の国/和歌山市)

審議の様子

平成19年度社団法人和歌山県体育協会理事会・総会を開催し、会長としてご挨拶し、「スポーツ大国和歌山をPRしていきたい」、など2015年に本県で開催予定の2巡目国体に向けて抱負を述べました。このほか総会では、議長として審議を行いました。

6月7日(木)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

6月7日(木)13:00 近畿母子生活支援施設研究会(和歌山マリーナシティ ロイヤルパインズホテル/和歌山市)

ご挨拶の様子

母と子の自立を支援する母子生活支援施設の施設運営の充実や、職員の資質向上を目的として開催された平成19年度近畿母子生活支援研究大会に出席し、ご挨拶しました。

6月8日(金)12:00 近畿ブロック知事会議(三重県総合文化センター/三重県)

意見交換の様子

知事就任後初めてとなる第82回近畿ブロック知事会議が開催され、出席しました。
会議では「第二期地方分権改革の進め方」の講演が行われるとともに、「平成20年度国の予算編成に関する提案について」など、近畿の当面する重要課題について意見を交わしました。
また、訪問介護最大手のコムスンによる一連の不正行為について、国への緊急提言を決定するとともに、事業者への厳正な対処に互いに協力していく姿勢を確認しました。

6月9日(土)11:30 在京和歌山県人会総会(虎ノ門パストラル/東京都)

作品をつくる様子

和歌山県出身者、及びその縁故者が集う在京和歌山県人会総会に出席し、ご挨拶しました。
在京和歌山県人会は、会員相互の親睦を図るとともに郷土の発展に寄与することを目的としている組織です。

6月11日(月)11:00 第1回和歌山県森林による二酸化炭素の吸収等環境保全活動認証事業認証式(正庁)

企業の方々と

「企業の森」による二酸化炭素の吸収など、環境保全活動に取り組んでいる14の企業に対し「認証書」と「認証木製プレート」を交付しました。14企業による植栽面積は約63ヘクタール、二酸化炭素の吸収量は100年間で27,500トンが見込まれています。
今後とも「企業の森」事業を通して、森林県である和歌山県の地域特性を活かした地球温暖化対策を推進していきます。

6月12日(火)10:00 和歌山県議会6月定例会 開会日(和歌山県議会本会議場)

議会での答弁の様子

昨年の官製談合事件を受けて設置した公共調達検討委員会の報告書により、談合防止に向けた公共調達制度改革の基本方針を示しました。
基本方針には、指名競争入札の原則全廃、入札業者への地域要件の緩和、業者の社会貢献度のランク付けなどを盛り込んでいます。

6月13日(水)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

6月14日(木) 国の施策及び予算に係る提案・要望活動(東京都)

提案・要望活動の様子

東京において、国土交通省や経済産業省・内閣府などを訪問し、平成20年度の国の施策及び予算に関する提案・要望活動を行い、近い将来に発生が予測される東南海・南海地震については、地震・津波に関する調査・観測体制等の早期整備や津波避難困難地域解消のための補助制度の創設など、国家プロジェクトとしての東南海・南海地震対策の推進等を提案しました。

6月15日(金)13:30 関西サミット ’07(リーガロイヤルホテル堺/大阪府)

他府県知事の方々と

関西広域連携協議会による関西サミット'07に出席しました。サミットでは、18年度の事業報告とともに19年度の事業計画案についての審議を行いました。
関西サミットは、関西の自治体や経済団体のトップが一堂に会し、活力と魅力あふれる関西の実現に向けて意見交換をする貴重な機会として、毎年開催されています。

6月15日(金)14:40 関西分権改革推進協議会(リーガロイヤルホテル堺/大阪府)

意見交換の様子

第2回目となる関西分権改革推進協議会が開催され、関西の2府7県と4指定都市、経済団体の代表が、文化・観光、防災など広域連携のあり方について話し合いました。
また、自治体の枠を超えて課題に取り組むことを狙いとして、同協議会など広域連携8組織の統合・参画により新組織「関西広域機構」の設立を決定しました。

6月16日(土)11:30 和歌山県青少年育成協会通常総会(和歌山ビッグ愛/和歌山市)

絵画コンクール表彰式の様子

和歌山県青少年育成協会通常総会に出席し、ご挨拶しました。また、同協会の新会長として記念講演を行いました。
総会では、議事の後、平成18年度「家庭の日」関連標語・絵画コンクール優秀作品の表彰式を行いました。

6月16日(土)14:00 北朝鮮による拉致被害者救出のための国民大集会in和歌山(海南市総合体育館/海南市)

ご挨拶の様子

北朝鮮による拉致問題を県民に広く知っていただくことを目的として、北朝鮮による拉致被害者救出のための国民大集会in和歌山を開催しました。
出席した拉致被害者の有本恵子さんの両親、有本明弘さんと嘉代子さん、内閣官房拉致対策本部の中山恭子事務局長(首相補佐官)らが、拉致被害者全員の救出への協力を改めて訴えました。
全国で初めて自治体が国や民間と連携して開催する今回の集会には、約1500人が参加してくださいました。

6月18日(月)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

6月18日(日)16:00 和歌山県道路懇談会(ホテル古賀の井/白浜町)

議論の様子

道路財源の削減が進む中、県に必要な道路整備について議論する県道路懇談会の初会合に出席しました。
懇談会では、過疎化や産業振興の観点から、県が発展するためにどのような道路が必要かについて議論しました。8月には中間報告、年内には県独自の道路整備の中期計画を策定し、政府に対して財源確保を働きかけていきます。

6月24日(日)13:00 日本青年会議所和歌山ブロック協議会会員大会(日高川ふれあいドーム/日高川町)

ご挨拶の様子

日本青年会議所和歌山ブロック協議会会員大会に出席し、祝辞を述べました。

6月24日(日)14:30 紀の国いきいきトーク(きのくに中津荘/日高川町)

いきいきトークの様子

地域で活動している方々と気軽に話し合う「紀の国いきいきトーク」を開催し、今回は、中津都市農村交流推進協議会(ゆめ倶楽部21)の皆さんと語り合いました。
ゆめ倶楽部21では、Iターン者と地元住民が協力して、地域の豊かな自然を活かした体験型観光や田舎暮らし支援を推進し、都市住民と山間地域住民との活発な交流に取り組んでおられます。

6月26日(火)9:30 知事記者会見(知事室)

ご挨拶の様子

知事室において、記者会見を行いました。

6月26日(火)12:00 日本赤十字社への献血血液運搬用車両贈呈式(知事室)

献血血液運搬用車両贈呈の様子

印南町在住の岡本崇様より日本赤十字社和歌山県支部に血液運搬車の寄贈をいただきました。岡本様のご息女の輸血がご縁となった血液運搬車の贈呈は、今回で5台目となります。
ご息女のお名前にちなんで「幸美号」と名付けられた運搬車は、善意の血液搬送に活躍しています。

6月29日(金)10:00 和歌山県農業協同組合中央会・和歌山県信用農業協同組合連合会・和歌山県農業協同組合連合会通常総会(JAビル/和歌山市)

ご挨拶の様子

和歌山県農業協同組合中央会・和歌山県信用農業協同組合連合会・和歌山県農業協同組合連合会の通常総会に出席し、ご挨拶しました。
県では農産物販売力強化・食品流通強化のアクションプログラムに基づき、農家、農協の方々とともに元気な和歌山県の農業を実現していきます。

このページのトップに戻る