現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成19年度12月の行動

メニューをとばす

平成19年度12月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

12月4日(火)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

12月4日(火)11:00 和歌山県農林水産業賞表彰式(正庁)

和歌山県農林水産業賞表彰式

この賞は、農林水産業と、これに関連する産業の振興発展、農山漁村の活性化に貢献された方々のご功績を称えるものです。今年度は、農業部門、林業部門、水産業部門、地域づくり部門において20名(うち女性5名)、1団体の方々を表彰し、和歌山の産業の根底を支える業務に携わっておられる皆さんに感謝の意を示しました。

12月4日(火)14:00 紀の国チャレンジド賞及びチャレンジドサポート感謝状授与式(正庁)

感謝状授与式

この表彰は、チャレンジド(障害者)でありながら、障害を積極的に捉え、障害を克服し生き生きとした社会生活をされている方、その障害者の方の活動を支えておられる方に感謝するとともに、より一層のご活躍を期待するものです。
県は、障害のある人ない人が共に社会活動に参加し、自立して生活できる社会の早期実現を目指しています。

12月6日(木)11:00 保健衛生等功労者知事感謝状贈呈式(アバローム紀の国/和歌山市)

保健衛生等功労者知事感謝状贈呈式

生活衛生・食品衛生模範施設関係の功労者に敬意を表するとともに、生活・食品衛生についての関係者の責任と自覚を促すことを目的とする保健衛生・薬事衛生・生活衛生功労者知事感謝状贈呈式。今回は、9施設と38名の方を表彰しました。
最近、食への信頼が揺らぐ不正が相次いで発覚していますが、今回受賞された皆様には食の安全を確保するためのより一層のご尽力を期待しています。

12月6日(木)13:00 虐待に関するシンポジウム(和歌山県民文化会館/和歌山市)

シンポジウムでのご挨拶

子ども、高齢者、障害者への虐待をはじめ、配偶者やパートナーに対する暴力などが大きな社会問題となっている今、県を挙げてこの問題に立ち向かい、一人たりとも虐待の犠牲になることがないように頑張っていかなければなりません。
この日は、シンポジウムを開催し皆様に虐待についての理解を深めていただきましたが、県でも「和歌山県子どもを虐待から守る条例骨子案」の策定を進めています。

12月6日(木)14:30 平成18年度完成工事和歌山県優良工事表彰式(正庁)

県優良工事表彰式

県内建設業者の技術力の向上に取り組む和歌山県では、県が発注した建設工事のうち、特に優秀な工事を施工した建設業者及び監督した技術者を表彰しています。
平成18年度に完成した2,922件の工事のうち、特に優秀な工事を施工された5つの建設業者の方々に対し感謝の意を表し、来年度に導入する新「業者評価制度」の中でのますますのご活躍を祈念しました。

12月16日(日)10:00 紀の国いきいきトーク(根来山げんきの森/岩出市)

「根来山げんきの森倶楽部」の皆さんと

県内各地で活躍されている方々と気軽に語り合う紀の国いきいきトーク。今回は、「根来山げんきの森」を誰もが楽しく利用できるように、また、地域住民の暮らしを守る森であり続けるようにとの思いから、県との協働によって、県民と森を繋ぐコーディネート活動を積極的に展開している「根来山げんきの森倶楽部」の皆さんと楽しく語り合いました。

12月16日(日)13:30 観光シンポジウム「和歌山の観光のこれからを考える」(東急イン/和歌山市)

「和歌山の観光のこれからを考える」

平成20年度の和歌山大学観光学部設置を記念するシンポジウムに出席しました。シンポジウムでは、二階俊博衆議院議員を始め、観光学部の設置にご尽力くださった方々の基調講演をいただきました。
また、この観光学部の設置の機会を県の観光振興にどう活かしていくか、猪口邦子衆議院議員や、大橋健一和歌山市長を交え、熱い思いを語り合いました。

12月20日(木)14:00 地域資源シンポジウムin田辺(ガーデンホテルハナヨアリーナ/田辺市)

地域資源シンポジウムin田辺

関西国際空港第2滑走路の運用開始や阪和自動車道の田辺延伸により整備が進む和歌山県の交通網を活かして、地域振興にどう結びつけていくかを探る地域資源シンポジウムに出席しました。
公開討論ではコーディネーターを務め、和歌山を思うパネリストの方々の地域活性化への意気込みを語り合うとともに、その取組を紹介しました。約400名の参加者も熱心に聞いてくださいました。

12月25日(火)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見

知事室において、記者会見を行いました。

12月25日(火)14:00 第70回国民体育大会和歌山県準備委員会常任委員会(アバローム紀の国/和歌山市)

準備委員会会長としてご挨拶

2015年に和歌山県で開催予定の国民体育大会に向けた取組として第1回常任委員会を開催しました。委員会では、「第70回国民体育大会和歌山県準備委員会専門委員会規程(案)」、「第70回国民体育大会和歌山県競技力向上対策本部(仮称)の設置について等(案)」など、6つの議案をそれぞれ原案どおり可決しました。
今後は選手の強化や指導者の養成・確保等を盛り込んだ各事項を、それぞれの専門委員会がより詳細に審議していきます。

12月26日(水)13:30 平成19年度「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」入賞者表彰式(正庁)

入賞者表彰式

県では内閣府との共催により、障害や障害のある人に対する県民の理解と関心を深めることを目的に「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」の募集を毎年行っています。
この日は、今年度特にすばらしい作文、ポスターを作ってくださった皆さんを表彰し、障害者に対して尊敬の念を持ちながら共に和歌山を作り上げていこうとご挨拶しました。

12月28日(金)17:00 所属長への知事訓辞(正庁)

知事訓辞

仕事納めのこの日、県庁職員に向け訓辞を行いました。
平成19年はあっという間でしたが、職員の協力のおかげでいろんな仕事が少しずつ進んできました。平成20年は来年度の新政策の予算案づくりに始まり、新長期総合計画の策定など、これまでの仕事を完成させて実行していく年です。しっかり休み、メリハリをつけて来年も頑張りましょうと職員に対して呼びかけました。

このページのトップに戻る