現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成19年度11月の行動

メニューをとばす

平成19年度11月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

11月5日(月)13:10 近畿ブロック知事会議(大津プリンスホテル/滋賀県)

近畿ブロック知事会議

近畿2府4県、福井県、三重県、徳島県の知事が集まり、近畿の当面する重要課題について意見を交換する近畿ブロック知事会議に出席しました。
和歌山県では、地上デジタル放送移行時の放送難視聴世帯発生率が全国ワースト1の4%となることが懸念されています。会議では、「地上デジタル放送移行は国の政策であるので、国が責任を持って視聴可能にするよう取り組むべきである」との緊急提言を発案しました。

11月6日(火)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

11月6日(火)11:00 平成19年秋の叙勲及び第9回危険業務従事者叙勲伝達式(正庁)

叙勲伝達式

国など公に対する功労のあった方を称える秋の叙勲。昭和39年以来、毎年春と秋の2回実施されています。
今回は、和歌山県から66才~84才の48名(うち3名が女性)が受賞されました。今回を含むと、これまでの県の受章者数は3,622名となります。

11月6日(火)15:00 連合和歌山定期大会(ダイワロイネットホテル和歌山/和歌山市)

連合和歌山定期大会

県内最大の労働団体である連合和歌山の定期大会に出席しました。
「和歌山県の為に一致団結して、国の政策について一緒に意見を言っていきたい」とご挨拶しました。

11月7日(水)8:30 県産みかん販売促進セレモニー(大阪市中央卸売市場/大阪府)

和歌山の温州みかんのPR

和歌山の温州みかんは、平成16年から3年連続で生産量日本一、昨年度出荷量の全国シェア20%を誇っています。その中でも主力の早生みかんの初売りに合わせて、大阪市中央卸売市場において市場関係者へのPRを行いました。
今年は雨が少なかったため、みかんは例年以上に甘みを増しています。ぜひご賞味ください。

11月7日(水)14:00 和歌山県私学振興大会(和歌山県民文化会館/和歌山市)

和歌山県私学振興大会

私立の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、私立専修学校など、私学へのより一層の深いご理解とご協力を広く社会に求めることを目的とする私学振興大会に出席し、「若い人材を立派に育てていくというのが我々共通の目標だと思っております。これから和歌山を元気にするために、みんなで力を合わせて頑張っていきましょう」とご挨拶しました。

11月7日(水)18:30 駐日各国大使との夕食会(ロイヤルパインズホテル/和歌山市)

駐日各国大使の訪問

アジア、アフリカ、ヨーロッパなど19ヶ国の駐日大使が、9日までの3日間和歌山に滞在し、世界遺産である高野山や、醤油作りなどの伝統産業の訪問、柿狩りの体験などをとおして県の魅力に触れました。滞在初日のこの日は、夕食会に大使の方々をお招きし、歓迎のご挨拶をしました。
このような視察は、外務省が1988年以来、各都道府県との共催により実施してきたもので、今回で19回目となります。

11月8日(木) かつらぎ町視察(かつらぎ町)

視察の様子

旬を迎えた特産の柿が山を朱に染めているかつらぎ町を訪問し、くだものの缶詰や製菓材料などの加工食品を製造する紀州食品株式会社、こんにゃくなど地元農産物を販売し地域農業の活性化に貢献されている農業組合法人遊農を視察しました。また、かつらぎ町の行政・議会関係者、商工会・観光協会役員と意見を交換しました。

11月8日(木)15:00 紀の国いきいきトーク(四郷児童館/かつらぎ町)

対談の様子

県内各地で元気に活動している方々と気軽に話し合う「紀の国いきいきトーク」。今回は、地元の伝統芸能をとおして、地域の活性化や青少年の健全育成に貢献している「四郷千両太鼓育成クラブ」の皆さんと語り合いました。
「四郷千両太鼓育成クラブ」は、かつらぎ町四郷地区に古くから伝わる和太鼓を継承し、積極的な演奏活動を展開しています。

11月9日(金)11:30 和歌山県少子化対策推進協議会提言(知事室)

少子化対策に対する提言

当面する重大な問題である少子化について、保健・教育など幅広い分野の専門家で構成する「和歌山県少子化対策推進協議会」から和歌山県の少子化対策に対する提言がありました。
提言に盛り込まれた子育てへの経済的支援、仕事と子育てが両立可能な環境の整備、若年者の就労支援施策等の内容については、できる限り新長期総合計画にも反映させたいと考えています。

11月9日(金)14:00 和歌山県ナース章表彰式(正庁)

受賞者のみなさん

永年にわたり、保健師・助産師・看護師・准看護師として献身的に看護業務に携わり、県の看護の向上、後輩の育成に顕著な功績をあげられた方々の功績を称えることを目的としたナース章。
今年度受賞された14名の方々には、今後とも看護業務に精励され、多様なニーズに応えられる質の高い看護の実現や後輩育成指導等にご尽力いただき、地域医療に貢献されますことを心から期待しています。

11月10日(土)10:00 技能者のつどい(雇用・能力開発機構和歌山センター/和歌山市)

技能者のつどい

職人の持つ技術力を広く知っていただくことを目的とした「わかやま技能フェスティバル」。この開幕を前に開催した「県技能者のつどい」において、県内の優秀な技術者44人と2事業所の方々を表彰しました。
「技能王国和歌山の伝統を守っていきたい」と挨拶で申し上げたように、和歌山が誇るこの伝統を次世代にも受け継いでいけるよう取り組んでいきます。

11月10日(土)13:00 青少年健全育成強調月間県民大会(ホテルシーモア/白浜町)

ご挨拶の様子

「おとなの背中はこどもの教科書」をメインテーマとし、県民の皆さんの青少年健全育成に対する理解を深めていただくことを目的とする青少年健全育成強調月間県民大会に出席し、「和歌山県の宝である青少年が立派に育ち、次世代の青少年をまた育てていただくことを期待いたします」とご挨拶しました。

11月10日(土)17:00 第51回全国サイクリング大会in和歌山(片男波健康万葉館/和歌山市)

サイクリング大会

全国サイクリング大会が、今回は和歌山において開催されました。この大会をとおして、全国のサイクリングを楽しむ方々相互の交流を深めていただくとともに、和歌山の山や川など美しい自然に触れることで、和歌山の魅力を感じていただくことができたと思います。

11月11日(日)10:00 阪和自動車道みなべIC~南紀田辺IC開通記念式典(南紀田辺IC/田辺市)

開通記念式典の様子

阪和自動車道のみなべICから南紀田辺ICまでの5.8キロの開通記念式典に出席しました。このチャンスを生かして、和歌山県、そして地元をもっと発展させるようにこれから努力をしていきたいと考えています。
引き続き「紀伊半島がぐるっと高速道路でつながるように」働きかけていくとともに、片側1車線の暫定供用区間の道路の片側2車線化に取り組んでいくなど、道路をつなげることで和歌山に元気を元気にしていきます。

11月12日(月)10:30 和歌山県文化表彰 表彰式(正庁)

文化表彰表彰式

県文化表彰は、和歌山の文化の向上発展に特に顕著な功績のあった方々を表彰するもので、昭和39年度から始まり、本年度で44回目を数えます。
表彰式では、受賞された文化賞1名、文化功労賞3名、文化奨励賞1名の方々に敬意を表すとともに、更なる和歌山の文化の振興にお力添えをくださるようお願いしました。

11月13日(火)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

11月13日(火)13:45 県更生保護女性連盟結成50周年記念大会(和歌山市民会館/和歌山市)

ご挨拶の様子

犯罪や非行のない明るい地域社会のため、防犯予防の周知や刑務所・少年院の訪問・激励など、地域に根ざした活動をされている更生保護女性連盟が結成50周年を迎え、その記念式典に出席しました。
「皆さんのご努力があればこそ、何百人という方々が、もう一度社会に復帰できたのではないかと思っております」と感謝の意を示すとともに、今後ともこれまでにもまして活動してくださるようお願いしました。

11月15日(木)11:00 和歌山県名匠表彰 表彰式(正庁)

名匠表彰表彰式

伝統ある貴重な工芸品、または生活用品の製作等の技能を持ち、地域社会における技術文化の向上発展に貢献された技能者を称えることを目的とした名匠表彰。昭和49年度より実施されており、本年度で34回目を迎えます。
本年度は、鬼毛(棕櫚(しゅろ)皮の太い繊維)による棕櫚箒の製作技術を伝承されている方、国宝金剛峯寺不動堂など、多くの指定文化財の修復に携わってこられた方2名を県の名匠として表彰しました。

11月15日(木)13:00 暴力団追放県民・市民大会(和歌山市民会館/和歌山市)

暴力団追放県民・市民大会

県では、「和歌山県安全・安心まちづくり条例」に基づき、暴力団追放を含めた犯罪の生じにくい社会環境の整備や自主防犯活動などを推進するための施策を進めています。今回の大会では、県民総ぐるみによるさらなる暴力団追放運動の展開を目指していくことを呼びかけました。

11月15日(木)15:00 白梅賞 表彰式(正庁)

受賞者のみなさん

白梅賞は社会福祉に献身的に活動され、その業績が顕著であり、他の模範となる福祉事業者の功績を称えるものとして、昭和48年度に制定されました。
今年度は、自立の視点に立った高齢者介護に努めておられる方や、後継者育成に尽力されている方、また、就労支援を行うことで子育てのさまざまな悩みを解決し、子どもの健全な育成に力を注いでおられる方9名に感謝の意を込めて、表彰状をお渡ししました。

11月17日(土)10:30 ふれあい人権フェスタ2007わかやま(ビッグホエール/和歌山市)

オープニングでのご挨拶

100を超えるNPOなどの人権関係団体が一堂に会し、様々なイベントや展示で人権の大切さを訴える「ふれあい人権フェスタ」のオープニングに出席しました。
今年の人権フェスタは法務省等主催の全国大会とも重なり、ゲストには橋下徹さん(弁護士)や藤原紀香さん(女優)を迎えるなど例年以上の盛り上がりの中で、全国に向けた人権メッセージ発信の機会となりました。

11月17日(土)14:00 再チャレンジ支援地方セミナーin和歌山(籠ふるさと塾/那智勝浦町)

再チャレンジ支援地方セミナー

県が推進する移住・交流支援の一環として再チャレンジ支援地方セミナーを開催し、移住者受入に30年の歴史がある那智勝浦町色川の方々と取組の課題などを話し合いました。今後の県の取組に活かすため、このような機会を最大限に利用するとともに、移住・交流の促進のための政策を進めていきたいと思います。

11月18日(日)13:30 りぃぶるフェスタ2007(和歌山ビッグ愛/和歌山市)

男女共同参画いきいき大賞表彰式

ふれあい人権フェスタと同時開催のりぃぶるフェスタは、県男女共生社会推進センターが、男女がともに人権を尊重しあい、対等なパートナーとしてあらゆる分野に参画できる「男女共同参画社会」の実現を目指して開催したもので、今年はメインゲストに阿木燿子さん(作詞家)をお迎えしました。
和歌山で、この男女共同参画という常識が常識として通用するような社会をぜひ作りたいものです。

11月18日(日)18:00 社会福祉法人紀之川寮創立50周年記念式典(橋本商工会館/橋本市)

記念式典でのご挨拶

創立50周年を迎えた社会福祉法人紀之川寮の記念式典に出席しご挨拶しました。紀之川寮は昭和39年に創立し、生活保護法に基づき身体、精神などの障害がある人の自立を支援してきました。現在は、その名称を「悠久の郷」に改称しています。
今後も、紀之川寮の皆さんがますます社会福祉に貢献されることを期待しています。

11月19日(月)~21日(水) 中国山東省訪問

企業商談会

中国は、県内企業にとっても新たな市場として期待されています。今回は、和歌山県と1984年に友好提携した山東省を3日にわたって訪問し、民間企業を中心とした商取引等の経済交流をさらに推進するための商談会を開催しました。日中両国の企業同士が協力し、お互いにさらに発展していくきっかけになったと思います。

11月23日(金)17:00 和歌山マスターズ創立30周年記念式典(東急イン/和歌山市)

記念式典でのご挨拶

和歌山マスターズは、県下の陸上競技の愛好家が生涯スポーツの普及振興を目的として1978年に創立されたもので、今年創立30周年を迎えるにあたり、記念式典に出席しご挨拶しました。
「和歌山マスターズ」が発祥となり、和歌山から生涯スポーツが全国に広がっていったことはまさに「初めは和歌山」を象徴するもので、この試みがこの先もたゆまず続いていくことを願っています。

11月24日(土) 増田総務大臣来県(中辺路町/田辺市)

企業の森を視察

和歌山県の市町村長や地元経済界・農林漁業関係者、地域のみなさんの意見をいただくため増田総務大臣が来県し、特色ある地域活性化について話し合う「総務大臣とくるまざ対話in和歌山」を開催しました。
対話に先立って、県の主要施策の1つである「企業の森」の事業地・田辺市中辺路町を案内し、林業に携わる方々のお話を大臣とともにお伺いしました。

11月26日(月)9:30 新長期総合計画策定本部 第3回本部会議(自治会館/和歌山市)

新長期総合計画策定

和歌山の元気の創造に向けて取り組んでいく施策の基本的方向を明らかにするために、今年度策定する新長期総合計画について、計画素案を作成して内容の検討を進めています。今回は、県庁内の部・局長、及び県内各振興局長からなる策定本部において、総合計画がはっきりとわかりやすいものになるような表記方法を含めた審議を行いました。

11月27日(火)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

11月27日(火)13:30 (財)和歌山社会経済研究所シンポジウム(東急イン/和歌山市)

シンポジウムでの講演

財団法人和歌山社会経済研究所は、地域の活性化に関わる人材の育成を目的として、県内の企業、団体や行政機関及び一般の方を対象とする講演会、パネルディスカッションなどのシンポジウムを開催しています。今回のシンポジウムは、めざましい発展を遂げているアジアとの関わりの中で、日本や和歌山県の現状や今後の方向性について検討するもので、私は「アジアの発展と和歌山のチャンス」と題した講演を行いました。

11月29日(木)14:30 半島振興対策促進大会(全国町村会館/東京都)

半島振興対策促進大会

半島地域は、地理的制約により交通基盤や産業基盤の整備が他地域よりも低位にあることから、半島振興法により財政上、税制上での支援措置が講じられていますが、依然多くの問題を抱えています。
今回の半島振興対策促進大会で行われた、北山村でのブログポータルサイトや、長崎県での「半島地域魅力発見委員会」を活用した半島地域振興のための取組事例の報告を踏まえ、和歌山県の振興に活かしていきます。

このページのトップに戻る