現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 行動概要 平成19年度1月の行動

メニューをとばす

平成19年度1月の行動

知事の行動を通し、県政の一部を紹介します。

バックナンバーはこちら

1月4日(金)10:00 仕事始め式(和歌山県民文化会館/和歌山市)

仕事始め式

仕事始めのこの日、参加した約700名の職員を前に訓辞し、元気な和歌山実現のために力を合わせてみんなで頑張ろうということ、役所の中に閉じこもらずに県民の生の声を聞くこと、持続する精神力で悠久の県政を考えていくこと、そして健康に気をつけることの4点を私からのお願いとして職員に話しました。

1月7日(月)13:00 新年名刺交換会(東急イン/和歌山市)

新年名刺交換会

各種団体や企業の皆さんと、県職員が知り合う重要な機会である名刺交換会を開催しました。
経済的な力を和歌山に取り戻し、文化・スポーツ・教育に力を入れ、そして安全・安心を確保する、という3つの目標に向けて、「継続」して和歌山を伸ばしていこうとご挨拶しました。

1月8日(火)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

1月10日(木)14:30 知事を囲む福祉懇談会(和歌山県民文化会館/和歌山市)

福祉懇談会でのご挨拶

身体障害者の方々に直接お話を伺い、今後の障害者福祉の増進と充実を図ることを目的とする福祉懇談会に出席しました。
障害のある方の頑張っておられる姿勢を尊敬し、障害者を大事にできる和歌山を実現しようという思いを新たにしました。

1月11日(金)14:00 和歌山県警察年頭視閲式(紀三井寺陸上競技場前広場/和歌山市)

県警察年頭視閲式

和歌山県警の年頭視閲式に出席し、昨年の交通事故による死者、刑法犯が減少したことに触れ、警察官の皆さんをねぎらうとともに、今後もたゆまず努力してくださいと激励しました。
鶴谷明憲本部長は、「県民の立場に立ち、県民の目に見える形で職務を全うしよう」と訓示しました。

1月15日(火)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

1月20日(日)14:00 わかやま青少年プラン推進フォーラム(和歌山県民文化会館/和歌山市)

フォーラムでのご挨拶

大人と青少年が互いの絆を再構築し、青少年の健やかな育成を図る「わかやま青少年プラン推進フォーラム」に出席し、「県民みんなで一緒に子ども達を育て、立派な和歌山県にしていこう」と、参加された2000名の方々に思いを伝えました。
この後、お笑いコンビ・パックンマックンが「勉強は娯楽だ!」と題した講演を行い、会場を沸かせてくれました。

1月22日(火)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

1月25日(金)15:00 和歌山県国民保護共同訓練(和歌山県庁南別館)

訓練のようす

テロが発生したとの想定のもと、国民保護法(武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律)に基づき、県では初めてとなる図上訓練を実施しました。訓練では、緊急対処事態対策本部の本部長として、被害状況の把握や負傷者の搬送、自衛隊出動要請などを指揮しました。参加した職員たちも、いざというときに自分の役割を果たせるよう、真剣に訓練に臨んでいました。

1月28日(月)10:00 行政改革・基本計画等に関する特別委員会(予算・決算特別委員会室)

特別委員会を開催

県の今後10年間の基本方針を示す新長期総合計画についての特別委員会を開催し、より良いものを作り上げていくために県議会議員の皆さんと話し合いました。
この新長期総合計画では、人材育成や産業振興など6つの分野の取組について、県民の皆さんとともに夢と希望のある和歌山の将来像をつくっていくこととしています。

1月29日(火)9:30 知事記者会見(知事室)

記者会見の様子

知事室において、記者会見を行いました。

このページのトップに戻る