現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 平成23年2月議会閉会に際しての知事お礼のことば

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

平成23年2月議会閉会に際しての知事お礼のことば

平成23年3月9日
県議会本会議場

 平成23年2月議会の閉会にあたり、私から一言ご挨拶を申し上げます。
 議員の皆様方には、平成19年から今日に至る4年間の任期における最終の議会が終わろうとしております。
 これまで、県勢の発展、100万県民の幸せのため、各般にわたりご尽力を賜り、誠に有り難うございました。
 心からお礼申し上げます。
 今議会では、多数の重要案件につきまして、ご審議をお願いしたところでありますが、今般ご賛同を賜りました予算によりまして、「未来を拓く希望の政策」と「命とくらしの現在を守る安心の政策」の2つの柱の実現に向け、誠心誠意全力を尽くして参る所存であります。
 私は、就任以来、元気な和歌山の創造に向け、力を尽くしてまいりました。
 こうした中、皆様には、住民の代表として和歌山県の発展のため、地域の活性化のために、大いにご活躍をいただきましたことは、私を初め県民の皆さん、だれもが認めるところでございます。
 来る4月10日には統一地方選挙が行われます。
 県議会議員選挙に立候補される皆様方には、見事当選を果たされ、「元気な和歌山」の実現に向け、再びお力添えを賜りますように、心からお願い申し上げます。
 また、今議会を最後にご勇退される皆様方には、これまでの歩みを振り返られ感慨ひとしおのことと存じます。
 ひたすら和歌山県の発展という一つの目標に向けて情熱を傾けられ、ご尽力を賜りましたことに対しまして、深く敬意と感謝を表するものであります。
 県議会から離れられましても、今後とも、健康にご留意され、これまで以上に、ご支援ご鞭撻を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。
 また、任期半ばにしてご逝去されました江上柳助議員に対し、改めて哀悼の意を表したいと存じます。
 最後になりましたが、皆様方の益々のご活躍とご健勝を心からお祈り申し上げ、お礼の挨拶といたします。
 どうも有り難うございました。

このページのトップに戻る