現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 企業の森調印式

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

企業の森調印式

平成20年11月21日 知事室

 皆さん、今日は調印をしていただきありがとうございます。今日は2つ企業の森が加わりまして、参画企業の数が44になりました。県の長期総合計画では、10年間で100団体をめざすと書いてありますが、後9年間頑張れば100は行くかなと思います。
 本日は、さわかみ合同会社、和歌山県信用保証協会、この性格の違う2つの法人に企業の森に参加していただき、大変喜ばしいことだと思います。
 さわかみ合同会社は、澤上さんのお顔とともにオールジャパンで大変有名でございまして、日本初のファンドとして、外資とはひと味違うファンドで日本の経済の活性化をしようと思っておられる、時代の最先端を行く会社です。そのような会社に、和歌山の企業の森に参画していただき、大変誇らしく思っております。
 それから和歌山県信用保証協会ですが、信用保証は今大変忙しいときであり、特に政府がセーフティーネットを大拡充してくれたので、中小企業にとっては大変いいと思いますが、信用保証協会の人はものすごく大変であると推察されます。時々は山へ出て、森を愛でてリフレッシュをしていただいて、和歌山のために二重に尽くしていただきたいと考えて、そういう意味で感謝申し上げております。
 また、今回の調印は地元の方のご尽力があって初めてできるものでありますので、地元の方にも感謝を申し上げたいと思います。こうやってみんなで頑張ってしばらくして世界情勢も好転したときに、我が県の森もかなりよくなって、また林業ができるかなと思える、また地球環境にも役に立ったなと思える時が来るのではないかと考えております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

このページのトップに戻る