現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 田辺弁慶映画祭2008表彰式

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

田辺弁慶映画祭2008表彰式

平成20年11月3日 紀南文化会館/田辺市

 皆さん、こんばんは。
 今日ここにお集まりの方々と一緒に、こういう弁慶映画祭の表彰式を迎えることができて、本当にありがたいと思っております。
 皆さんはよくご存知だと思いますが、この田辺は、南方熊楠を、彼がどんなに暴れてもどんなに大酒飲みでも、その真価を忘れないで大事にした町であるということを誇っていいと思います。
 それから、その南方熊楠の遺徳を称えるというだけではなくて、ちゃんと顕彰館をつくって残されたたくさんの資料をその中に保存していて、世界中の研究者の方にその資料を提供している。単に一般にお見せする博物館ではなくて、そういう資料館をつくっておられる。田辺はその意味で、本当にすばらしい文化の薫り高い町だと思います。
 その田辺において、ネクストジェネレーションのためのフィルムフェスティバルがこの 3日間開かれて、これは去年もお祭りのときに開かれましたので今回は2回目になろうかと思いますが、次の世代の映画のチャンピオンをみんなで選ぼうと。それがこの田辺で行われることは、たいへん時宜にかない、また場所にかなったものだと私は思っております。
 今日はこれから皆さんと一緒に、どなたが表彰されるのか、じっくりとその瞬間を待ちたいと思います。それでは、あまり長々としゃべりますといけませんので、この場で皆さんに感謝の念を捧げながら、私のお祝いとさせていただきます。どうもありがとうございました。

このページのトップに戻る