現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 第2回国際シンポジウム「コメと疾病予防」歓迎パーティ

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

第2回国際シンポジウム「コメと疾病予防」歓迎パーティ

平成20年10月25日 東急イン/和歌山市

 ご紹介にあずかりました、和歌山県知事の仁坂でございます。
 世耕先生(世耕弘成参議院議員)がすばらしい英語のスピーチをされましたが、私はこんな立派な発音は絶対できませんので、私は日本語にこだわります。
 こだわる理由はもう一つありまして、このシンポジウムのテーマは「米」であります。米は我々日本人の心のふるさとであります。その米と、それから米による病気の予防、これが今回のシンポジウムのメインテーマであります。そういう意味で、我々日本人が最も期待していたシンポジウムだと思っております。
 さらに、私は和歌山県知事でありますし、私たちは和歌山県人であります。なぜこの日本人のふるさとの「米」のシンポジウムを和歌山でやりたいと思ったか、それを申し上げたいと思います。
 和歌山県に工業技術センターというところがあって、谷口さん(現:文部科学省 都市エリア産学官連携促進事業 発展型研究統括)という研究者と、築野食品が一生懸命努力をされて、米の脱穀の後の米糠から、さらにできた油から「フェルラ酸」という成分を抽出することに成功しました。そういう経緯のもとに、今回、この「フェルラ酸」やそのほかの米の成分を使ってどうやって健康を守るか、病気から人間を守るか、これを世界に問うてみようというのが今回のシンポジウムの目的であります。
 そのために世界各国、日本各地から、みなさんのような立派な研究者の方が和歌山に来てくださいまして、本当に感謝をしております。和歌山県も応援致しましたけれども、このシンポジウムに最も貢献された人を、私はあえてご紹介申し上げたいと思います。
 まず、和歌山県立医科大学の南條学長です。それから、「フェルラ酸」の抽出に努力いただきました谷口さん、工業技術センター所長の請川さんです。それから、築野食品の社長さんです。今回のシンポジウムには築野食品さんから、多大のご助力をしていただきました。それから、南條学長のもとでこのシンポジウムを仕切ってくださった戸堂さんです。それから、和歌山大学が誇る観光学部の大橋学部長、大橋さんのところで勉強しておられる和歌山大学観光学部の学生さん、この和歌山大学の学生さんたちをプロジェクトマネージャーとして率いている、和歌山県議会議員の片桐さんです。
 紹介できなかった方がたくさんいらっしゃると思いますが、そういう方々の大変なご努力によって、このシンポジウムが成功裏に終了されることを心から願っております。
 これから、和歌山の料理をたっぷりご賞味ください。ありがとうございました。

このページのトップに戻る