現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 秋津野ガルテン落成披露式

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

秋津野ガルテン落成披露式

平成20年10月19日 上秋津小学校/田辺市

 秋津野ガルテンの竣工式に際しまして、一言お祝いを申し上げます。
 本当におめでとうございます。
 私も就任以来、楠本(農業法人株式会社)代表を始め関係者の方々から、こんな運動を進めているので県からも助けて欲しいとのお話をお伺いしておりまして、その時の資料では校舎が真っ黒に塗りつぶしてありまして、ガルテンとはこういうものなのかと思っていましたが、今日拝見しましたら、古い校舎を活かして、新しい試みとしてそこに青少年達を招いて、いろんな体験を通じて楽しんでいただくということで、こんな良い話は滅多にないなあと思って、私どもも心を込めて応援させていただいた次第です。
 先程、二階大臣から農商工連携と言う話がありましたが、これからはそういう連携のもとみんなの力を借りてやっていくことがどんどんと主流になると思います。特に農業というものをどうやって活かしていくのか、これからの日本の生きていく中で大変重要な要素になってくると思っております。
 また、来賓の方々を拝見しておりますと、大学の先生も沢山いらっしゃるし、近畿農政局長さんや近畿経済産業局長さんもご出席いただいており、単にご出席されているのではなく、皆さん我がことのように語ったり喜んでいただいております。
 秋津野ガルテンの再整備には多額の資金を要しておりますが、その費用の半分ぐらいは農林水産省を始めとする国からの補助金であり、本日、ご列席いただきました二階大臣や県選出の国会議員の方々に応援いただいた賜物と考えております。
 そういう皆さんのご助力や色々な人々の知恵を結集して、秋津野ガルテンができあがったということのすばらしさを、我々は噛みしめてまいらなければならないと考えております。
 同時に、なぜ、ここでそうした取組ができたのかと言うことを、先程の合唱団の方々のすばらしいコーラスをお聞きして、わかったような気がします。
 やっぱり、秋津野の、或いは上秋津の、田辺市の方々が地元の良さを発見されて、企画されて、どうであるかを提案されて、そして皆さん一致団結して取り組まれた尊さを我々は忘れることはできないと思います。
 そういう意味で、今日、地元の方々も多いと思いますが、最後に地元の方々にもう一度心を込めて「本当におめでとうございました」と申し上げまして、私のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

このページのトップに戻る