現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 第5回親と子のためのきらめき“夢”トーク

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

第5回親と子のためのきらめき“夢”トーク

平成20年10月18日 JAビル/和歌山市

 皆さん、よくいらっしゃいました。と言うよりも皆さん楽しみですね、胸ワクワク、「きらめき“夢”トーク」というよりも「ワクワクトーク」という感じで、みなさんお見えになっておられるんじゃないかと思います。
 今日は、オリンピックで見事銅メダルをおとりになった、湯元選手が、凛々しいユニホーム姿でお見えになっていただいてまして、皆さんにいろいろお話をしてくださいます。それから、その湯元選手を育てられた先生、森下先生にも来ていただきました。それから笠野アナウンサーにも来ていただきました。控室で3人の方とお話をしていたのですが、まるでテレビ番組の「徹子の部屋」を見ているようでした。笠野アナウンサーが、これから始まるトークをうまくリードしてくださいます。この3人のお話をみんなで聴いて、そして、皆さんからもどんどん質問をしてもらって、湯元選手からのメッセージを皆さんのこれからの人生に活かしてもらいたいと、こんなふうに思っています。私もこれからレスリングの選手になるとか、スポーツの選手になるというのはちょっと無理ですが、すべての道は同じです。したがって、立派な知事になるためには、どういうことをこれから頑張ったらいいのかということを、湯元選手のお話の中から引き出したいと思います。そういう意味で、皆さんご静聴を、そして、それから大いに質問をして、一緒に話し合ってもらいたいと思っています。
 それでは、楽しく聴きましょう。

このページのトップに戻る