現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 第10回国際合気道大会 植芝盛平翁没後40周年記念事業合気道奉納演武大会

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

第10回国際合気道大会 植芝盛平翁没後40周年記念事業合気道奉納演武大会

平成20年10月11日 熊野本宮大社 大斎原/田辺市

 世界からこんなに多くの方々がお集まりになり、本当に心から歓迎申し上げたいと思います。それからこういう大会を準備されました合気道関係の方々、それから田辺市の方々、本当に心から感謝をしたいと思います。
 本日の第10回国際合気道大会奉納演武大会においては、私は4つの奇跡があると思います。
 第1は、世界中からこんなに多くの方々がここにお集まりになったことであります。それも、合気道の精神が世界中の方々から愛されている故であると思います。
 第2の奇跡は、この大会が熊野古道の最終的な目的地であるこの本宮で行われたことであります。熊野の方々は古来、巡礼者をずっと温かい心で迎えてまいりました。
 第3の奇跡は、この熊野本宮の中でも、この大会が最も神聖な場所である大斎原で行われているというところであります。
 第4の奇跡は、心配されてました天気がこの大会を迎えるこの時間においては、このように美しく晴れ渡って皆さんを祝福してくれているところであります。
 植芝盛平大翁先生が、この大斎原のどこかで皆さんの演武をご覧になっておられるというふうに、私は確信しております。
 ありがとうございました。

このページのトップに戻る