現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 第10回国際合気道大会 植芝盛平翁没後40周年記念事業歓迎パーティー

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

第10回国際合気道大会 植芝盛平翁没後40周年記念事業歓迎パーティー

平成20年10月6日 シティプラザホテル/田辺市

 皆さん、和歌山へ来ていただきまして心から歓迎申し上げます。
 私は、来賓、ゲストを代表してご挨拶申し上げるのですけれども、気持ちといたしましては、和歌山県の知事として、この和歌山に日本全国から、そして全世界からこんなに多くの方々がお集まりくださったことに、本当に心から歓迎申し上げたいと思います。
 和歌山は世界に誇る立派な人をこれまで輩出しております。そのお一人がここにいらっしゃる植芝盛平翁であります。我々和歌山県人は、このことを大変誇りにしております。
 植芝盛平翁は合気道を始めるにあたって、合気道は単なる戦いの術ではない、世界を平和にする方向であり、それから人々を親しくさせる方向である、そういうふうな哲学を確立されました。その立派な哲学が世界中に160万人といわれる多くの合気道愛好家を育てることにつながったと思います。
 今日お集まりの日本の全国からお越しになった方、それから世界中からお越しになった方は、植芝盛平翁のお生まれになったこの和歌山の雰囲気をこれから10日の間、たっぷりと味わっていただきたいと思います。同時に、皆さんの合気道が今後発展をして、それから世界中にもっともっと多くの合気道愛好家の方々ができて、それによって世界に平和がもっともっともたらされるということを祈念したいと思います。
 第10回国際合気道大会、植芝盛平翁没後40周年記念大会、本当におめでとうございます。
 ありがとうございました。

このページのトップに戻る