現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > キャンドルライトイルミネーションinあらぎ島

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

キャンドルライトイルミネーションinあらぎ島

平成20年9月6日 有田川町

 ご紹介いただきました、仁坂でございます。司会の方が「清水(旧清水町)は遠い所だ」とおっしゃったけれども、もっともっと近くなるように引き続き頑張ります。先ほど織本(紀清の集い)会長のほうからお話がありましたように、今年の春の初めぐらいでしょうか、ここに来させていただいて、お話しした時に「あらぎ島でキャンドルライトイルミネーションをします。ものすごく良いから絶対来てほしい」と言われて、「わかりました」と言って、ずっと楽しみにしてました。こんな立派な所、このあらぎ島を皆さんでもり立ててもらえる、この清水の方々に大いに敬意を表したいと思っております。
 実は今年4月に、園遊会というのがありました。知事も呼ばれるもんですから、行ってまいりました。雨が降っておったんですけれども、ずっと端の方で待っておりますと、天皇陛下御一行がお見えになって、声を掛けてくださるんです。その時に、紀子様に「和歌山でございます。清水の若い人たちがこの間お目にかかって、大変幸せであったと言っておりました」ということを言ったら、よく覚えておられて、「いつもお世話になっているんですよ」と色んなことをお話しくださいました。
 先ほど会長が「いつかは(秋篠宮ご家族に)ここで御覧いただきたい」、こんな風におっしゃってましたけども、それもひょっとしたら叶えられるんじゃないかなと思っております。
 このあらぎ島は私も本当にきれいな所だと思います。全国の私の知り合いに時々ちらちらと和歌山の良いところを見せたりするんですが、他の所で「おお」と言って感心する事がありますが、このあらぎ島を見せると「おお、何とすごいなあ」と言って、本当に感心してくれます。そういう良い所を持っているということを誇りにして、紀清の集いの方々がこうやって立派な催しをしてくださる。それから、さっき中山(有田川)町長からお話がありましたように、日頃も地元の方が一所懸命頑張って、力を合わせてこの立派な景勝地を守ってくださっている。こんなことに本当に心から感謝をしながら、私も今日楽しませていただきたいと思います。
 だんだん暗くなってまいりまして、三日月が照って、天気も良くて、なんかワクワクしてまいりまして、あんまり長く喋ってるとそれこそ始まる時間が遅くなりますのでこのくらいにして、あとは皆さんと一緒に今日は楽しみたいと思います。ありがとうございました。

このページのトップに戻る