現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > Songbridge in Wakayama ガラコンサート

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

Songbridge in Wakayama ガラコンサート

平成20年8月10日 和歌山県民文化会館・アバローム紀の国/和歌山市

ガラ・コンサート知事挨拶

 皆さんこんにちは。
 このソングブリッジinWakayama2008に呼んでいただきまして大変光栄であります。
 このソングブリッジという名前はとてもいい名前だと思うんです。ブリッジというのは橋ですね。心と心を結ぶ橋、というような意味があるんじゃないのかなと推測しています。そして、歌。歌はいつも人の心を和やかにします。人の心と心をつなぐということですね。
 4カ国の若者たちが相集い、先ほど岩橋大会会長のお話にもありましたが、皆でともに練習して、今日のガラ・コンサートにお越しいただいています。その会場がこの和歌山であります。和歌山は “和み”の“歌”の“山”であります。 人の心と心が一つになるような歌を、じっくり聴かせていただきたいと思います。ありがとうございました。

ザ・パーティー知事挨拶

 和歌山県知事の仁坂でございます。
 本日は岩橋会長をはじめ、ご尽力くださった皆様、素敵な音楽を聴かせてくれてありがとうございました。そして会場にお集まりの方にはお越しいただきありがとうございます。
 太平洋をつなぐ実際の橋はありませんが、皆さんの心と心をつなぐ橋が出来たのではないでしょうか。この経験を大切にし、是非世界市民に育ってください。
 私も今日聞かせていただいた素晴らしい歌声を一生大事にして生きていきたいと思います。ありがとうございました。

このページのトップに戻る