現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 国道169号四瀧トンネル開通式

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

国道169号四瀧トンネル開通式

平成20年7月12日 新宮市

 皆さん、こんにちは。お暑いところお集まりいただきまして、ありがとうございます。
 拝見しておりますと、皆さんお暑い中にもかかわらず、ようやくトンネルができて、例えば北山村を目指して走ってくるにしても、ずいぶん便利になったなというような気持ちになっていただけるんじゃないかと思います。
 できるだけ早く、このトンネルはもちろんのことではありますけれども、その後の5.2kmの残された区間、ここは国土交通省に奥瀞道路の第2期ということで、昨年県選出国会議員の方々に応援していただき、国土交通省にご理解いただいて、事業化の採択をしていただいております。それをできるだけ早くつないでいこうというようなことが、今の目標でございます。
 今日、実は、ほんの数時間前、この奥瀞道路の第1期の工事が完成しました。
 瀞峡トンネルというのが大変長い2kmのトンネルでありますが、それがようやく完成いたしました。これでまたずいぶん早くなりました。それでこちら側からもずいぶん短縮でき、運転の負担が減ると思います。
 後の残された区間をできるだけ早く造って、この道路が観光、それから命の道路としての利用、あるいは通学や通勤にも、そういう部分で使えるようになったら、この地域の価値がさらに上がって、皆さんの生活に、いろんなチャンスが出てくるんじゃないか、そんなふうに思います。
 県としても頑張って、これから、さらにその向こうを早く立派な道でつないでいくよう努力していきたい。
 国にもさらにお願いし、先生方にも頑張っていただいて、私も頑張ってまいりたい、そういうことを決意表明いたしまして、私の主催者としての挨拶とさせていただきます。
 本日は、お集まりいただきまして本当にありがとうございました。

このページのトップに戻る