現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 国道169号奥瀞道路開通式

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

国道169号奥瀞道路開通式

平成20年7月12日 新宮市

 皆さん、こんにちは。皆さんのお顔を拝見しておりますと、瀞峡トンネルができて第一期の工事がほぼ完成するということで本当に嬉しいなあというかほっとしたというか、それからまたこれからだというような、そういうふうな表情が見て取れるような気がします。ここに至るまで大変なご苦労があったと思いますけれども、国土交通省の方々には心からお礼申し上げたいと思っております。
 道路について、もういらないとか言う人が昨年猛烈に急に現れましたけれども、じっと考えておりますと、やはりこの北山村に住んでおられる、あるいは新宮に住んでおられる、あるいは遠くからここに来られる方がどれだけ便利になって嬉しいかということを考えると、そう軽はずみに言えないセリフだったのではないかなと改めて思う次第であります。私も何度も北山村に来させていただきました。その都度山の中の道を通って来たわけでございますけれども、今日もその奥瀞トンネルの西の端のところから、今日はここが通れるんだなと思いながらここまで辿り着きました。その間はやはり大変でした。それがここのトンネルができて、北山の方から新宮の方まで、半分ぐらい(の時間)で行けるようになると思うと、こんなに良いことはない、楽しいことはないというふうに改めて思った次第であります。
 昨年、一生懸命お願いをいたしました結果、また二階先生をはじめ皆さんに助けていただき、二期工事について事業化を認めていただきました。これは何年かかかると思いますけれども、できるだけ早期に開通することで、北山村の価値が日本中にもっともっとアピールできると、そんなふうに私は思っております。皆さんのご声援を得ながら、また国土交通省にもお願いして、また政界の中でも認めていただきながらこのレベルでの、つまり改良されたレベルでの国道が1日も早く開通するということをさらにお願いしながら、私のご挨拶とさせていただきます。
 どうもありがとうございました。おめでとうございます。

このページのトップに戻る