現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 和歌山県立図書館開館100周年記念式典

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

和歌山県立図書館開館100周年記念式典

平成20年7月11日 和歌山県立図書館/和歌山市

 皆さん、おはようございます。
 皆さんとともに、県立図書館百年の歩みをお祝い申し上げたいと思います。
 百年といいますと、ものすごく長い年月で、このきれいで新しい建物も三代目です。二代目の図書館は、私の子ども時代はお城の中にありましたが、あまり中に入って利用した覚えはないのですが、多くの文化人を輩出した初代・二代目と続く百年の歩みが私たちの心の誇りではないかと思っております。
 これまでずっと支えてくださった関係者の方々、すなわち、館長さん以下、司書の方々、多くの方々のご尽力により、百周年を迎えられたと思っています。また、図書館を利用する多くの市民や県民の方々に支えられて、和歌山県立図書館が百年の歩みを全うできたことを嬉しく思います。
 県立図書館は、まだまだこれから未来に向けて、和歌山県みたいに栄えていかないといけないと思います。我々はこれまでの重みを充分に受け止め、新しい時代に対応し、この県立図書館が和歌山県の文化を支えてくれますことを期待いたしまして、祝辞といたします。
 どうもありがとうございました。

このページのトップに戻る