現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 県産桃トップセールス

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

県産桃トップセールス

平成20年7月8日 大阪市中央卸売市場/大阪府

 おはようございます。今日はJA紀の里のハッピを着させていただいています。JA紀の里を中心とする和歌山の桃のプロモーションで大阪市場にまいりました。
 今年の桃はなかなかおいしいんじゃないかなと思います。ちょっと小ぶりであるかもしれないが、甘みがたっぷりで、桃の飽きないおいしさがある。糖度がめちゃくちゃ高くて、あっと驚くようなものではないが、飽きない。いつまでたってもおいしい。私も和歌山県民というだけでなく、この味を愛しています。是非、関西の消費者の方々にお届けくださるように、心よりお願い申し上げます。
 紀の川市にある桃山町を中心として桃を生産しています。お隣のかつらぎ町などもおいしい桃を生産しています。最近、中国の農薬問題などが取り上げられておりますが、安全なものをお届けするのが、果樹王国・和歌山県の務めであります。
 今までも生産者の皆さんが収穫前に検査をしておりましたが、これからは出荷前に農協単位、県においても協力して安全検査を行っていこうと考えているところです。今年から検査済のシールを貼っていこうと考えておりますが、まだシールができていません。しかし、しっかりと検査はしています。
 これからもおいしさだけなく、安全な桃を消費者の皆様にお届けくださるように、市場関係者の方々、よろしくお願い申し上げます。

このページのトップに戻る