現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 和歌山県産「養殖鮎」のトップセールス

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

和歌山県産「養殖鮎」のトップセールス

平成20年7月2日 築地市場/東京都

 ご紹介にあずかりました仁坂でございます。和歌山県の知事をやっております。
 和歌山には山がありまして、海がありまして、山と海の間には川がいっぱいあります。
 川にはきれいな水がいっぱい流れておりまして、もともとアユやアマゴ、そういうのがいっぱいいました。今でもたくさんいます。釣り人がたくさん押しかけて来ます。だけど生産量はそれだけでは足りないものですから、養殖も一生懸命力を入れてやっております。
 ただ、別にその辺の水で養殖するんじゃなくて、もともと和歌山に流れていた、緑の山から流れ出る水を横の方へぐるっと回しまして、それで、じゃんじゃん水を流しながらアユを太らせているという事でございます。したがって、たっぷりと和歌山の山の味、緑の味が染み込んでいる、そういうアユでございます。
 皆さん、是非これからアユのシーズンでございますから、味わっていただいて、お店でもたくさん売っていると思いますので、「和歌山のアユ」といってお求めいただきたいと思いまして参上しました。
 築地市場にいらっしゃる皆さん、どうぞ和歌山のアユをよろしくお願い申し上げます。
 ありがとうございました。

このページのトップに戻る