現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 自由民主党過疎対策特別委員会主催による和歌山県・過疎関係市町村長との意見交換会

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

自由民主党過疎対策特別委員会主催による和歌山県・過疎関係市町村長との意見交換会

平成20年6月9日 周参見公民館/すさみ町

 山口(衆議員)議員、鶴保(参議員)議員、本日はお越しいただきましてありがとうございます。
 ただいま、自由民主党 過疎対策特別委員会 委員長の山口議員より過疎法の延長に向けた力強いお言葉をいただきました。和歌山県の過疎市町村にとっても過疎法、そして過疎債が非常に重要であります。
 現行の過疎法はあと2年足らずで切れてしまいますが、なんとしても延長していただきたい、また中身についても充実したものにしていただきたい。これが和歌山県の悲願であります。
 延長の中身についてもいろいろと実態を踏まえていただきたいと思っていたところ、今回、特にお忙しい過疎対策特別委員会のお二人にお越しいただき、またこの意見交換会の前には集落の実態を把握するために、すさみ町の大鎌集落へも行っていただききました。バスで通るのがやっとという道でありましたが、そこへも行っていただきまして和歌山の現状を見ていただきました。
 今回はわざわざ和歌山県のすさみ町までお越しいただき、このような意見交換の機会を与えていただきまして本当に感謝しています。
 私ばかり話しますと時間がなくなりますので、今日は出席している市町村長さんに忌憚のない意見を述べていただいて、そしてじっくりと政策を練っていただきたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

このページのトップに戻る