現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > (株)紀ノ国屋との協定調印式

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

(株)紀ノ国屋との協定調印式

平成20年5月20日 知事室

 本日は、本当にありがとうございます。めでたく調印に至りまして大変喜んでいます。
 先程こちらで開催した定例記者会見で、記者の皆さんに紀ノ国屋さんとの協定調印式があることを事前に予告しておりました。その際「紀ノ国屋の袋を持っていると、東京でもかっこいいんですよ」と申し上げました。名声確たる紀ノ国屋さんに和歌山県産品をもう少し置いていただけるのかなと期待させていただくだけでも大変ありがたいと思います。
 よくご存知だと思いますが、和歌山県には探すと結構色んな物が続々と出てきます。どんどん発見していただくということをお願いしたいと思っています。
 紀ノ国屋さんという日本一のセンスを持っているお店で、県産品に磨きをかけていただきたい。紀ノ国屋さんで通用すれば日本のどこでも通用するはずだと思いますので、和歌山県の生産者を鍛えていただきたいと思います。
 既に多くの県産品を取り扱っていただいていますが、他にも例えば桃など自慢のものがあります。関東ではあまり有名ではないのですが、桃を生産している地域が旧桃山町といいまして、まるで桃太郎の里のようなところでして、ここの桃はおいしいです。
 増井社長のお祖父様であられる増井浅次郎さんが和歌山県のご出身であられる。和歌山県人のDNAを非常に良い形で広めていただいています。御社は、日本で最初のセルフサービス方式のスーパーマーケットという新しい業態のお店を確立されています。立派な先人を誇りにしたいと思います。
 今後ともご指導のほどよろしくお願いします。

このページのトップに戻る