現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 和歌山県町村会定期総会

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

和歌山県町村会定期総会

平成20年5月15日 自治会館/和歌山市

 皆さん自治功労表彰をお受けになりましておめでとうございます。併せまして和歌山県町村会定期総会に来賓としてお招きいただきまして本当にありがとうございます。お祝いを兼ねてお礼申し上げたいと思います。
 今日表彰を受けた方を始めここにいらっしゃる町村長の方々、あるいは町村長が率いられる精鋭の職員の方、本当にご苦労様です。
 私は、最近テレビを見ていて思うことが多々あるのですが、例えば、いろんな問題がある。そんな時に大事なことですから以後考えたい、深く考えてみたいといって終わってしまう。最近そういったテレビを見ていると影響をされてしまうものですから、立派な政治家の人もそういうふうになっているということが結構あると、そういう意味で和歌山県の町村長の方々、あるいは町村役場の方々は、みんなそういうことではなくて、これはどうしたらよいのか、これはこうするぞというような会議をちゃんとして、それを定義する。そういうふうにやっていると思っています。最近、各地を訪問させていただいて、就任以来ずっといろんな方々とお話をしてきましたけども、和歌山県の置かれている危機感ゆえか、先ほど申し上げた議論をしないといけないということで終わっている人はいないですね。みんなそれぞれ必死に力を出してやっておられると思います。そういう意味で私は心から尊敬申し上げている次第であります。その中で特にそういう方が表彰されているということで私は心からお祝い申し上げたい。
 常に和歌山県は、町村の方々といっしょに連絡を取り合いながら、結合しながら仕事をしていければと思っています。例えば、長計(和歌山県長期総合計画)がございますけども、これは県庁に執筆の責任はちゃんとあります。人まかせではありませんので、県議会も中村議長がいらっしゃいますが、これは、自分のことだから議論をして議決をしようということでして、それから何度か各地に出向きまして市町村長の方々と大いに議論をしながらようやくできあがりまして、これから県民の皆様に変な言い方かもしれませんが、ご説明をしよう。これでみんなで頑張ろうという気持ちにしていく。なっていただくというのがこれからの課題であります。そういう意味でこれから討論会や説明会を大いにやっていこうと思っております。
 また、これの裏腹になっていますけども、行財政改革をしないといけない。県が財政難で破綻してしまうようなことになっては県民に申し訳がない。これも去年一年かけて行財政改革のストーリーをきちんと書くというようなことをやってまいりました。そのことを書いたらすぐに破綻しますので、そうならないようなことを考えて、かつ長計も行財政改革のチェックを受けて実現できる計画にいたしました。そういう意味で我が県は永久に生き続けていくことができるというふうな計画は少なくともできました。あとは実行して個々の計画を当てはめていくということになります。
 大阪府は、知事と市町村長が公衆の面前でバトルのような形になっていますが、我が和歌山県はこれをちゃんとじっくりと議論をしながら、お互いに協力をしながら行財政改革をすすめるということをやっていきたいと思います。まだ、骨格がようやく3月にできたということで毎年毎年これを実現するために色々と相談をしながら、また、新政策プロセスでこういうことをやりたいがどうですかねということも皆さんとよく相談しながら、全県一丸となって進めていきたいと考えています。
 私は県と市町村の関係は、緊張感のある対等な関係でありたいと思っています。決して、県が一方的に指導するという生やさしいものではないということは、市町村長の方々と話をしているとひしひしと判ります。我々が勉強をさせていただかなければならないことがたくさんありまして、そういうことは県の職員も言っておりましたし、それから県の若手を修行に行ってこいと言って、あんまり大きくない規模の町村に預かってもらっています。また、別の面で県の方が勉強をしやすいことがあるかもしれませんので、それは大いに人事交流をしながらお互いに切磋琢磨していきたいと思っている次第でございます。
 日頃考えていることを申し上げましたが、最後のお礼は、先ほど奥田(和歌山県町村会)会長のお言葉にもございましたが、大もめにもめました暫定税率、道路に関する財源の話は、一応、与党に再可決をしていただいたのでできました。財源の未収部分が、12分の1位残っておりまして、これを補てんしてくれという要求をしていくということが残っております。あとは今年度は少なくとも今までの遅れを取り戻すというということに頑張って、そして一般財源化の中でも必要な道路を造っていくということをやっていきます。それには、全国のトップを切って意思表示をしたということは大きいと思います。とりわけ紀伊半島一周の行進については、いろんな意見がありましたが、我々の本当の意見をあれで意思表示できたと、市町村長の方々、役場の方々には大変お世話になりました。改めてお礼を申し上げながらご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

このページのトップに戻る