現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 和歌山弁護士会新役員披露パーティー式

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

和歌山弁護士会新役員披露パーティー式

平成20年5月14日 東急イン/和歌山市

 今、皆さんと楽しくお話ししていたら、ちょっと挨拶をと言われて、急いで上がってまいりました。
 弁護士会の皆さんが、県庁というよりも県民のために協力をして下さっていることや、それから弁護士会でやっておられる無料相談、従来だいぶ続けてこられているようですが、そういうことについて、大変感謝しております。
 苦しい問題があり、ひいては、それによって心も変わってくるという様なことを何とかしようというような意味で、画期的なことだなあと思っています。
 皆さんの日頃の活動で、困っておられる人が問題を解決して、それで自分のことを堂々と主張できるようになると、また営業に励んで頑張るようになるんじゃないかと、そんな和歌山になるといいなあと思っています。
 それから、先程、議長と話したのですけれども、未成年者の喫煙に関する条例、これは県の当局というよりも議会の提案ですが、中川前(和歌山弁護士会)会長から大変なお褒めの言葉をいただきました。これは、全国ナンバーワンのものすごく立派なものですよと言われて、そこまで認識していなかったものですから、これはいかん、これからしっかり言っていこうと、こんなふうに思っている次第であります。
 弁護士会の皆さんの活動が人々の正しい光となるように、今後とも期待する次第です。
 皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
 本日はどうもありがとうございました。
 それから、本年の山西会長、また役員の方々、大変お世話になると思いますので、その際よろしくお願いします。

このページのトップに戻る