現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 児童福祉週間施設訪問

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

児童福祉週間施設訪問

平成20年5月2日 虎伏学園/和歌山市

 皆さん遅れましてごめんなさい。今日は約束の時間に10分くらい遅れて、皆さんに申し訳ないと思っております。
 実は田辺市という南の方でね、皆さんが通っているような学校、中学校なんですが、校長先生の会があって、そこで和歌山で立派な教育をしてね、と言うような事を申し上げて来ました。
 今日は皆さんにお目にかかれて、それからこんな立派な花束と似顔絵をいただいて、これ似てるね。上手。本当にしあわせです。この学校もみんなの善意で建てられたのですけれども、ちょっと古くなりましたね。来年の一月くらいになったらもうちょっと綺麗なところに引っ越せるので期待して待ってて下さい。
 みんなにお願いがふたつあります。一つは、ちっちゃい子も大きな子もみんないろんな事を口に出して言うようにしたらどうかなと思います。心の中で持ってないで、言っちゃえ、言っちゃえって事です。もちろん先生方もお友達もみんなそうですが、言っている時は聞いてあげて下さい。言っちゃえ、言っちゃえってことが一番大事じゃないかなという事ですね。県庁のおじちゃん、おばちゃん達とも私はそんなふうにしています。
 それから、大きいお姉ちゃん・お兄ちゃんと小さいお子さん達がいるんですが、大きいお姉ちゃんお兄ちゃんは、後輩の面倒も見てあげて下さい。頼りにされていると思いますので、是非よろしくお願いします。お願いばかり申し上げて、いかんなと思っておりますが、おじさんも是非今後も皆さん方と仲良くやっていきたいと思っております。
 よろしくお願いします。有難うございました。

このページのトップに戻る