現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 東京製綱株式会社進出調印式

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

東京製綱株式会社進出調印式

平成20年4月22日 知事室

 東京製綱株式会社は、明治20年創業の歴史ある老舗企業であり、もともとは社名から分かるとおり、ロープを作っておられた。その流れから、いろいろな種類のワイヤ、イヤロープなどを開発されて業績を伸ばしておられる優良企業で、今回、和歌山県へ進出いただいたことを大変嬉しく思います。
 雑賀崎用地では、関西で太陽電池関連の企業集積があることから、シリコンウェハー(半導体でできた薄い基板)のインゴット(単結晶シリコンなど)をスライスするソーワイヤ(極細鋼線)を製造する西日本の拠点工場として進出いただくこととなりました。太陽光発電は今後もますます需要が高まっていく分野であるので、大変期待しております。
 県から御社へのお手伝いは、今日の調印式で終わりではなく、これからスムーズに操業開始できるように、人材の確保なりお困りのことがあれば、担当が飛んでいきますので、何でも仰っていただきたいと思います。安心して和歌山で操業していただき、できましたら更に和歌山で事業拡大をしていただけたらありがたいと思っております。

このページのトップに戻る