現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 那智勝浦新宮道路開通式

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

那智勝浦新宮道路開通式

平成20年3月30日 那智勝浦町

 皆さん、おはようございます。皆さんとともに、この那智勝浦新宮道路の竣工を祝いたいと思います。本当におめでとうございます。
 それから、ここまでもってきていただいた、事業化から十数年かかっておりますけれども、国土交通省紀南河川国道事務所の方々、本省の方々、本当にありがとうございました。
 それから、後援していただいた国会議員の先生方、それから、これを支えられた地元の方々、たいへんなご努力をいただいて、ようやくこの那智勝浦新宮道路が完成したと考えております。
 これによりまして、渋滞の解消が図られる、また、越波によって、ひょっとしたら交通が途絶するんじゃないかというような心配も解消され、また、南海・東南海地震が起こったとき、まあ、起こらないほうがよろしゅうございますけれども、そのときに、別の道ができていて、交通が途絶されるようなことがないというようなことにようやくなったと考えています。
 また、私は、目を閉じてこの道路の状況をみておりますと、この道路の東側、あるいは、北側というのかもしれませんが、ずっと、ずっとですね、熊野川に近いところから三重県につながり、東京や名古屋のナンバーの車が、どんどんここへ走ってくる。それから、また、西の方へのずっとつながって大阪ナンバー、京都ナンバー、神戸ナンバーの車がどんどんこちらに向かってくる。そういうような姿を私は脳裏にうかべるわけでございます。
 でも、これもですね、今後、皆さんとともに一生懸命運動していかないと、なかなか、そういうことにはならないかもしれません。というのは、和歌山県の努力にもかかわらず、最近の国における状況を見ておりますと、もう道路はいらない、財源はあげないというような動きもあって、もう、混乱はそこまで来ているというふうに思っています。
 県としては、危機管理モードに入りまして、皆さんに平静な対応をお願いする、あるいは、相談窓口をつくって相談にのるというようなことを始めておりますけども、それにしても、我々のような半島の先にある、そういう人々にチャンスも与えないようなことになり得るというようなことが、どうしてできるんだろうかなあ、と私は思っております。
 今日、天気がいまひとつでございます。こんなおめでたい席なのに、おめでたい日なのに、天気がいまひとつなのは、天の神様もちょっと憂慮しておられるのではないかと思います。ただ、同時に、雨降って地固まるということもございます。
 今日、ここにいらっしゃっている有力な国会議員の先生方、それから、皆さんのような市民の方々の熱意、そういうものがあれば、きっと、この難局が打開されて、財源が確保されて、そして、紀伊半島一周の高速道路、あるいは、その他の生活道路がきちんと整備されて、皆さんの生活にもっともっとサービスがもたらされるというようなことを私は期待したいと思っております。
 それには、皆さんのご協力が引き続きいると思います。国のご協力もいると思います。国会議員の先生方のご支援もお願いしたいと思います。
 これからも、みんなの努力によって和歌山が栄えることを祈念いたしまして、私の挨拶といたします。
 本当に、おめでとうございます。

このページのトップに戻る